プログラミング初心者のためのUnityで脱出ゲームを作る方法

Unityで脱出ゲームを作っていきます。備忘録・メモを兼ねて。 世界一初心者に優しいUnity講座を目指します。

まずはじめに、Assetストアの使い方について説明します。


①Asset Storeとは

Assetとは、「資産」という意味です。

ゲームを制作するにあたって、必要な素材をすべて自作するのはとても大変…。

それらを売っているのが、 Asset Storeです。
Unityの公式サイトに付属しているので、安心して利用できます。

Asset Storeの魅力を説明したページはこちら↓
アセットストアが選ばれる5つの特徴

脱出ゲームで使用する、家具などの3Dモデルはもちろん、
Materialと呼ばれる、表面修飾用の素材もたくさん置いてあります。

有料のものが多いですが、無料のものも結構あるので、
どんどん活用していきましょう。


Asset Store以外にも、3Dモデル等をダウンロードできるサイトはいくつかあります。

いずれも便利で、紹介記事も沢山ありますが、利用に制限があるサイトもあるので、
最新の利用規約をチェックして正しく使うようにしましょう。


UnityからAssetをダウンロード・インポートする

手始めに、脱出ゲームでよく使うと思われる、
家具の3DモデルをUnityにダウンロードしてみましょう。

(1)左上メニューのWindow > Asset Storeをクリックする。
Asset Storeの開き方

(2) カテゴリ選択
「カテゴリ」ボタンを押すことで、カテゴリを選択できます。
今回は、3Dモデル > 小道具 > 家具を選択します。
Asset Store_カテゴリ選択

(3)検索条件の設定
Filterボタンを押すと、その他の検索条件が設定できます。
今回は、無料のAssetのみを検索します。
Asset Store_フィルター選択

(3)Assetの選択
もう一度「Filter」を押すか、下にスクロールすると、
検索条件に該当するAssetのサムネイルリストが出てきます。
Asset Store_サムネ

窓が小さいので、いろんなAssetを見比べたいときは、
右上のメニューから「Maximize」を選んでAsset Storeウィンドウを最大化しましょう。
Asset Store_最大化



この中から、好きなものを選んで選択するのですが…
ここで一つ注意点。

キャビネットや机など、引き出しやドアのついている家具を選ぶときは、
ドアがちゃんと開閉するかどうかチェックしましょう。


Assetの中には、外観のみで中身が動かせないものもあります。
インテリアのモデルではそれで充分ですが、脱出ゲームでは、引き出しを開閉する必要がありますよね。

Asset詳細を見たときに、ドアが開閉している画像があるものは、開閉可能と考えて良いでしょう。
(最悪、インポートして見たらわかりますw)

テーブルや椅子等、家具の内部を特に動かす必要がないものは見た目で選んで大丈夫です。


好きなAssetを選んだら、ダウンロードボタンをクリック!
Asset Store_ダウンロード

少し待つと、「ダウンロード」ボタンが「インポート」ボタンに変わるので、
続けてインポートボタンをクリック。

こんな感じ↓のポップアップが出るので、
全選択のまま、「Import」ボタンをクリックしてOKです。
(不要なものは後から消すことが出来ます。)
Asset Store_インポート


最後に、Projectタブの[Assets]にインポートしたAssetが追加されていることを確認してください。

これで、インポートは完了です。
自分のプロジェクトに、ダウンロードした家具を使用することが出来ます。

①Unityをインストールする

「Unityで脱出ゲームを作ろう」と思い立った時、
まずはじめにやらなければいけないのは、
Unityをインストールすることです。

基本的に、特に難しい操作はないので問題ないと思いますが、
わからない人は「Unity インストール 方法」でググって下さい。

このページがわかりやすいかも↓
【Unity入門】Unityをインストールする方法

途中でコースを選択する必要がありますが、
このブログを読んでいる方は「Personal」で十分でしょう。

Unityは、無料で使えるモデルやツールが沢山あるので、
はじめはそれらを活用して、とりあえず一作作ることが重要です。
細かいところは後から調整していきましょう。


②Unity公式のチュートリアルをやってみる(省略可)

個人的には、一番最初はUnity公式の
「はじめてのUnity」玉転がしゲームを作成することをお勧めします。

脱出ゲームは、構造が簡単なので、Unityの基本を押さえるために作る方も多いでしょう。
その場合は、公式で玉転がし以外にもチュートリアルがあるので、ぜひ活用してください。

ただ、Playerに当たる玉の操作等、脱出ゲームではひとまず必要ない要素もありますので、
「私は脱出ゲームが作れればそれでいいんだ!!」という方は、
このまま次に進んでもらっても構いません。

私は、最初は玉転がしゲームを作った後に、
閃光絵巻ラボ様のページをベースに、色々調べながら進めていきました。

以降の記事は、上記ページのスクリプトを多大に参考にさせていただきつつ、
初心者向けに順番や方法をわかりやすく調整したものとなります。


③エディターのUI設定をする

まず、画面のレイアウトについてです。
UIの位置をわかりやすく説明するために、エディターのUI表示を統一します。

(※上記「はじめてのUnity」で玉転がしゲームを作成した方は同じ設定になっているはずです。)

(1)右上のLayoutを選択し、2 by 3 を選択する。
(2)Gameタブを選択し、 4:3 を選択する。
(3)Projectブラウザの下のバーを一番左へずらす。


設定後のレイアウトはこんな感じ↓(クリックで拡大)
初期レイアウト設定


これで準備完了です。

さあ、ゲーム作成に取り掛かりましょう。

はじめまして。靴下と申します。

このブログは、Unity初心者である私が、
「Unityで脱出ゲームを作ろう!」と思い立ち、

色んなページを参考にしながら作成したのですが、
やっぱりプログラミングに関する知識が乏しすぎて難しいのと、
自分の頭の中を整理するために、内容をまとめたものです。

ちなみに、私のプログラミング知識というのは、
大学生の頃に授業(2コマ分ぐらい)でC言語を少し勉強したのと、
卒業研究で画像処理のプログラム(C++)を少し書いた(ほとんど流用)ぐらいです。


for文とか、if文すらわからないという方は、
初心者用の教本を片手に呼んだほうがいいかもなー、ぐらいのレベルで書いていきたいと思います。

最初は別のブログでログ的に書いてたんですが、
日常の話が混ざってややこしいので、技術的なことは一つにまとめようと思って、
このブログを新しく作りました。(投稿者は同じです。)

Twitterもやってるのでよかったらフォローお願いします。
@idle_survival

それでは、よろしくお願いします。

↑このページのトップヘ