June 18, 2005
[Fushigi Boshi no Futago Hime]

たねたね壁紙
いろんな生命が生きているふしぎ星☆で、今日も運ぶ、戦う、増える、そして食べられる。

タネタネプリンセス壁紙:Gallery 

てなわけで、ふしぎ星の☆ふたご姫 第12話です。本日はメラ・名古屋に続き、3国目となるタネタネキングダムです、コピペ姫達の国とは、さていかに!

まずはキャメロットタイムから始まるふしぎ星の☆ふたご姫。これは連チャンネタ化するつもりかな?掴みとしては結構いい感じだ!ていうか黒猫ルルちゃん可愛い顔して結構ダークだ!

ふしぎ星では獣人半獣人が多勢をしめていますが、最も異彩を放つ生命体タネタネ人。どうやらタネタネの国全体のスケールが違うようです。

ていうか!今まで登場してきていたタネタネプリンセスのスケール感と違うぞw
以前はもう少し大きかったハズ。どうも、ここからはバースデイ原作設定準拠になるようです(身長十数センチ設定)さて、巨人になった気分のふたごちゃんずですが、気持ちわかるなぁ。なんか、現実のモノが小さくなった玩具とか、結構見ているだけでわくわくする。ていうかファインはかなり危険だなw

さて、雨乞いするタネタネの住人達。とても雨への渇望が感じられないやる気の無さが彼らの追いつめられている状況をわからせてくれます。そんな姿を見て、逆光状態のカメラのファインさん、空を眺めて雨なんかイラネ発言です・・・

あああ!

かわいーぞソレ!!!いや、めちゃかわえぇ!
ファインさん、お猿になっちゃいました。しかも手乗りプモサイズ。
魅せてくれますふしぎ星の☆ふたご姫、多彩な獣人を既に持ちながら、獣までもその手中に収めるとは。

さて、そのままお猿の逃亡に巻き込まれて猿ファインさんはどこかにいってしまいます。
残されたレインとプモは、住人に怪獣とされてしまいました。ていうかだ、タネタネ住人は他国の状況をしらんのかえ。

そこで登場、タネタネキング!
ふしぎ星の☆ふたご姫オリジナル設定通り身長を2倍にするシークレット王冠がカコイイキングさんです。ていうか、モスラにのっているタネタネプリンセスちゃんずの波打つ表現に非常に好感を持ちました。それに、色が互い違いになるように乗っている!

なるほど、キャメちゃんが言いたかった最後の教えはこの事か!
キング、まったく人の話を聞きません。そらもう、素晴らしいくらいに。

ところでふしぎ星の☆ふたご姫オリジナル設定では11色のレインボーが美しいタネタネプリンセスちゃんずですが、アニメでは手間暇を惜しむべく、 3色団子とその他大勢(2チーム) にされてしまっている点、これは大変悲しいことですが、とりあえずオリジナルカラーを持つ3人に関しては、それぞれ性格が微妙に違うような設定になっているようだ!
とはいえ、今回は微妙な表情変化でしかそれを見る事はできませんでしたが。今後が楽しみです。

さて、助けに行く事になりましたが、そこで登場!

ティオさん

なんだこりゃwいきなり脈略ねーのなw
ティオ、大はりきり。ていうか山崎バニラ声がカッコイイティオ王子ですが、なんかびみょ〜にキャラが固まっていないのではないだろうかwいや、逆にこの空滑り感こそがティオなのか!とにかく、メラメラの国は実に素晴らしい人材を数多く擁しているな!!

さて、猿ファインさんですが、猿山にてめちゃなじんでますな。
微妙に尺が余ったので延ばしてみました感が漂う、ファインたんはじめての木登り(はじきの)シーン、あぁファイッキーかわいいなぁもう。

とりあえず、おさるさん達と王国の軋轢。食べ物の恨みってのは怖いものなのです。
しかしよく考えると、ふしぎ星の食卓を一手に賄うタネタネの国での食糧難、これは相当キているバッドニュースではなかろうか。
ていうか、雨が降らないということは単にしずくの国か風車の国がサボっているのではないか!そうか、ミルロさんにソフィさんが出番がないもんだからストライキしているんだな!!

ていうかティオさんは?

さて、熾烈な戦争が勃発ですよ。コルクと松ぼっくり。
ていうかー、おまいらどうやって決着付ける気だよw

巨大なウキウキ弾が発射されてしまい、王国軍ピンチ!
レインもピンチ、だったのか?実はこの辺りの演出は良く理解できなかったwとりあえず、ファイッキーがキングを助け、レインさんをエクリプスが助けてました。なんていうか、レインさんにも可愛い恋をさせてあげてください・・

さて、そんな中、脈略なく落石! そこでプロミネンスですよ奥さん。でもーファイッキーだしー。そんな事は「願い」の力で叶います。お願いマイメロディでもお願いされれば丸く解決四角い仁鶴。

ノロイが解け、素早く手早くプローミネンスでブルーミッシュ。なんと、水が噴出して石は飛び潤いが戻る!!素晴らしい!トンチではなく目的を果たしつつ真の願いを叶えたふたごちゃんず。今日はレベルアップ間違い無しの快挙ですね。

とおもったら!!
ファインさんドナドナドーナー

さて、来週はふたごちゃんずの愛憎劇です(嘘
なんか、いままでとは気色が違う感じぽいので、楽しみです。


ていうか、ティオさんは?

*****
タネタネプリンセス壁紙:Gallery 
タネタネコピペ姫達です。ふしぎ星の☆ふたご姫オリジナル設定の通り、全員の髪の毛のカラーは虹の如く個別にしてあげました。
さて、これを作りながら確信した事があります。

ふしぎ星の☆ふたご姫のコダワリの「青色」

いままでも、なんどか書いてますが、ホントにふしぎ星の☆ふたご姫は女の子向けアニメか!と思うほどに、寒色系カラーの範囲の広さには驚きを禁じ得ない。逆に暖色系はホントに単純な使い方でおざなりです。
さて、このタネタネコピペ姫においてもそれが感じられます。
11色のうち、色環でいうところの緑色から紫色の間の寒色帯域から、なんと5色も「青色」を抜き出しています。
そういう所が、ふしぎ星の☆ふたご姫の女の子は暖色が好きであるべしという既成概念へのチャレンジを感じられる所です。
ところが、この素晴らしい中間色ブルー姫達が、アニメではその他大勢コピペで同色にされてしまっています。だから悲しいのですよ、ホントもったいないなぁ・・・

そろそろ遊んじゃおうかな、そっと出かけてみようかなんて。あぁ、あの空に恋とかしながら。


June 12, 2005
[Fushigi Boshi no Futago Hime]

キャメロットキャメロットもアイコンセットに含める事決定。でも〜壁紙はいらんよね〜w

てなわけで、ふしぎ星の☆ふたご姫 第11話です。今回はお出かけせずにお日様の国でのドタバタでした。大きな設定の説明や、それぞれのキャラのツカミは今までの話で完了かな?さていかに。

前回の2段階ランクダウン、ふたごちゃんずも真摯に受け止めていたようで、キャメロットも気合い十分といったところな訳ですが、このルルという黒猫ちゃんは今後も出る新キャラかな?
なかなかプリンセス以外のキャラが立たない仕組みになりがちなふたひめ、うまく潜り込ませてグッズ販売をもくろむか?

で、お日様の国から招集したその道の教師達を集める訳ですが、ところでお日様の国ってどれだけのキャパシティがあるんだろう。浮遊した城自体は外郭・内部構造になってるけど、いまいちスケール感がわからんですな。とにかくその教師達をバッタバッタとぶちのめしてゆくふたごちゃんず。

医務室シーンで救急車の音が流れたとたん、ドキっとしてしまうのは条件反射ですな。
メイドさんたち、髪の毛の色が違うだけのコピペメイドかと思いきや、色々違う人もいますなぁ。

さて、今回はプモ無しでのドタバタ。ツッコミなしなためノンブレーキボケカマシ、連チャンノックアウトで教師さんたち全滅してしまいます。
プーモさん、あんたこれまで偉大だったよ。

さて、キャメロットあきらめずにお日様の国気象観測室へと。
某ドラゴンボールの方のようなオメンドーさん、実はキャメロットと幼なじみだそうで。きゃめちゃんおめっち、なんというか想像画面のおめっち、それでいいのかw
ここで、ファンタジーチックなふしぎ☆のハードSF(すこしふしぎ)設定のおさらいです。
いつみても、この7カ国の相互均衡状態の設定は素晴らしいと思う今日この頃。確かに完全にこの状態であれば、各国にとって争いが起こせないという状態。少し月の国が弱いイメージですが、まあ実態は治安と防衛ということでしょう。
ついでに、ファインがガッチョンと「いかにもレバー」を入れたときに出た浮遊光線、実態は重力操作な感じですが、これによってスコシフシギとして重力がある程度コントロールできることが判明した訳です。実は、これが可能でないとお日様の国は無重力な国になっちまうという所があったわけでして。俺的イメージでは、さらにコンペイトウのトゲ内部にも重力発生装置があ(ry

なんかエクリプスがうろちょろしていますが、とりあえず小さなお友達の為には毎回出しておかないと設定なんぞ忘却の彼方だからなんでしょうなぁ。このあたりは、しっかりとターゲットに意識を持って作られています。

今話は、全体として今までの設定の再説明と、新たな設定の試しって感じですかね。
プモのしっぽは自由自在な上に、恐ろしくのびるという設定が判明。

で、意外なくらい毎話毎話密度は高いふたひめ、もうそろそろ結かなと思いきやグレイスさんのお呼出です。
グレイスさん、前回落ちてしまったランクを再度2ランク一気に戻します。ほほぅ。
なんというかこのレベルアップダウン、ちょいつと王道ではないようです。どうなるんだろう・・

なんか、不思議な事にキャメロットが可愛く見えた回でした。うん。
で、なんとファインが猿化する次回、というか予告映像のスケール感がめちゃくちゃだったのが気になります。レイン巨大化?
とりあえず、3国目となるタネタネの国とあいなるわけですがいかに!
June 09, 2005
[Fushigi Boshi no Futago Hime]

リオーネ空をのぞむ
一度遅れると、見るのも作るのもレビューも溜まって非常に苦しくなる今日この頃。短めで一気更新!

リオーネ空を望む壁紙Download : Gallery
今回はパーツを利用しながら少し趣向を変えてみました。

てなわけで、ふしぎ星の☆ふたご姫 第10話す。前回から、キャラだけでなくハートもおおまかカバーのふたひめ、今回も凄く面白かった訳ですがいかに。

キャメロット婦人のアイコンも作るべきか悩むことになる、キャメロット爆裂ファイトではじまる今話、毎度おなじみのプリンセスパーティーです。今回はスイ〜ツ、お菓子造り選手権とあいなります。
キャメロット、「おしるこ」ときました。あんこ大好きのオイラにとってはベストセレクションな訳ですがふたごちゃんずはイヤイヤなご様子。ていうか、操縦せずに落ちるときます。毎度ですが、プリンセスに「運転・操縦」をさせるというテーマがあるようです。

絆創膏姿のふたごちゃんず、名古屋城にてトヨタ夫妻とアルテッサにご対面。
ていうか王妃さん、凄いキャラです。

お、今回は外出ドレス&エプロンです。なにげに他のプリンセス達もエプロン仕様。そう来なくては!
ていうかー、他のプリンセス達にも普段着を用意してほしいね。ドレスとエプロンというのは、見た目はいいとしてもちょっとねー。

さて、ふたごちゃんずはオシルコから変えてどうするかを検討。冷静なプモがいい感じです。
でも作り方がわからないときた。そりゃそうだよな、お菓子ってレシピ無しで作ろうと思うと結構無理あるもんです。てなわけで、強引ながら城内へ図書館を探しに・・
で、アルテッサとご対面。アルテサちゃん、結構キツい性格ですなぁ。塩を撒きますよ。京都人でも直接ぶっかけることはない感じな行動だ。

結局、できたお菓子は異世界の代物に。うむ、味だけでなく外見も逝った創作です。

さて、待望のリオーネさんの出番です。エプロン仕様のリオーネ、最後のソースで砂糖をぶちこぼします。あーあ。
なんか、めちゃ可愛いんですけど。

さて、そんなこんなでリオーネ、ふたごのキッチンで泣いちゃいます。めちゃ可愛いんですけど。
アルテッサの元へ向かい、砂糖をいただきました。とはならないのがこの番組。
塩ですか。

いやー、素晴らしい!
てなわけで、きわめて真剣なアルテッサさん、これはこれで素敵。
で、ぷろ〜みねんすっ、で土を出すふたご。そこに「実に素晴らしい偶然」で通りすがる相撲取りの一座。ていうかこの一座のキャラ、それぞれちゃんと立ってるねぇ。今後も出るのかな。うまい事砂糖も手に入るリオーネ、妙に動きのよいやりやりダンスもありつつ・・・

プリンセスパーティー、ファインはそこまでブライト氏を避けるかw
それぞれの姫様、一枚絵で登場。でも毎度ながら2姫の台詞はなし。彼女らがまともに登場するのはいつなのか、じつに放置プレイです。

で、アルテサのお菓子、おっきなクッキーキャッスルの登場、なのだが・・

崩壊!
名古屋もっと立派だったのよ!それなのに急に政治が揺れて、
作り直そうとしたけど、間に合わなかったの・・・


謝ろうとするふたご、でも売り言葉に買い言葉でやっちゃいます。
あーあぁ。ていうかアルテッサ、本気で真正直な子なんですな。

はにほ!

レベルダウンですが、やっぱプロミネンス時にちょこっとそういう邪気があったのでしょうかねぇ。
ということで、しょぼっとに逆戻り。しんみり・・

***
リオーネ空を望む壁紙Download : Gallery

イラレで引いた素材は、ちょっと手を加えて色々編集・変更できたりします。なんで今回はパーツを利用しながら少し趣向を変えて、1話のリオーネ飛行バイクをイメージして・・・
構図は某ベスパアニメのオマージュということで。。

ん、全然短くねーなぁ
May 28, 2005
[Fushigi Boshi no Futago Hime]

ファイン・レイン壁紙
はい、主役のふたごちゃんず壁紙でっす。どぞー

ファイン・レイン壁紙Download:Gallery

☆Welcome to iDolls Town !!  (ぉぃ

てなわけで、ふしぎ星の☆ふたご姫、ふたひめの第9話です。なんにせよ俺的キャラクター性(Not萌え)今期No1の本作、実に楽しみにしている訳でありますがいかに。今回のお話は他のプリンセスが関わらないお話の予定。

ということで早朝に叩き起こされるプーモ。えらくキャラが立っています。ていうか寝間着ですよプーモ。表情がとても良い感じ。コショバされてテレプーモーション。

うはは、着地成功したとおもたらそう来るかっ

シンプルな面白さは良いね。てなわけで、目的地のドールズタウンです。ていうかiDollsとしては、ドールズ達がいい感じですw エクリプスがフランス人形をけしかけているようです。ゲストキャラなのにこの人形、なかなかにいい感じのキャラオーラが出ています。

で、プモの小言を言わしとけ状態で遊ぶ姫達。
ていうか、ジェットコースターはやっ!
てか、プーモ。お前さん、最高w
あぁぁほっとかれるは投げられるは伸びさせられるはで、弄られキャラ全開。まぁた、表情がいいんだプモ。まさにボヤキキャラという実は新境地なのかもという立場を強固にしはじめているような。
んで、8連アイスw のファインとレインの前に現れるときの「3D地面滑り」が最高に異様で新感覚だよプモ。なんか視覚の笑いの新境地なのかしら。

で、先述の人形と古ぽい所に行く訳ですが、このお人形さんいいねぇ。仕草や反応が可愛いの、これが。突っ走り系のふたごと引き摺られる周辺の人々、この滑稽な構図がふたひめのポイントなんでしょうけど、リオーネもそうだったように、心地よい引き摺られをしてくれますこのお人形ちゃん。

というか、今話は全体的に心地よかった。特にプモ。自虐的なホレをするなど、多岐にわたる芸を魅せてくれる。

ダンスも新作「へとへとダンス」ですよ。なんか覚えが有ると思えばアレだ、パタリロだ。クックロビン音頭的なんだ、ふたごちゃんずのダンスネタは。あんにゅいにステキな感じ。さらに周辺キャラもダンス参加です。今後、プリンセス達も画面上で踊らされる日が来ることを願っていたりします。

そんなこんなで帰るふたご姫に、さきほどまでのノホホンぶりがウソのように人形達は帰るなと迫ります。うん、なんかいい感じの展開す。そこで、エクリプスやら何やらもあってーのでプロミネンス。そう来るかw しまった、全くココロの準備してへん!ツボやツボ入った、いいやんソレw
急に関西弁&ボケツッコミをする人形。ていうか、普通に漫才としていい感じのシャベクリをしとるのが素晴らしい。こういうのって、アニメだと普通は「サムイ」のだが、人形ちゃんの表情の変化が素晴らしく可愛い漫才師顔になっているのね、だからまったくもって面白い。

なるほど、プロミネンスの力ってのはトンチかと思いきや、かなり高度な活用ができるようです。
そしてプーモ、おまいさんオチ担当としても輝いてます。てか酷い言われようだなw

***

ところで、実は前回まではちょっと物足りなかったのですよ。キャラの魅力だけで大まかカバーして見ていたのですが、正直、永く楽しめるアニメネタなのかどうか、と。
でもあれですな、今まではキャラ紹介や動かし方実験みたいなもんで、今話で掴めたって感じですか。まさに、そんな感じで、各キャラのノリやネタ、設定が奇麗に一本の糸でつながった感覚。てかめちゃ充実してた気がする。こういうニュートラルなあんにゅいさと楽しさを満喫できる雰囲気は大好きだ。これに他国のプリンセスが絡んできてどうなるか、楽しみです。

次回予告でリオーネがすんげカワイかったのは当然として、外付けパーツながら「エプロン」という衣装が他国プリンセスにも用意される事がわかって少々嬉しいところ。予告だけでもかいま見れる多彩な表情に期待も高まるという所ですか。

***

ファイン・レイン壁紙Download:Gallery
これで4人目の公開です。こうやってコツコツ創っていって、いずれはプリンセスアイコン集になると思うと、我ながら楽しみだったりして。というか、ミルロ他2名はいつ登場するんだろう・・・
ファインとレインのドレスは、オリジナルとアニメで大きく違うので困りましたが、大まかにアニメ準拠。
気づいた点としては、ふたごなのでコピペで衣装はいけるんだけど、顔・表情は非常に細やかな所で区別がなされている事。単に色違いだけじゃないんですねぇ。お互い似ているようにバランスとるのは大変。

ていうか、プリンセス全体を見てみると使われている「青」の種類の多さに驚きました。ここまで細やかに「青色」を使い分けている女の子向けアニメもそうないでしょう。プリンセスが自分で運転したり、お日様の国が傾いて夕方になるというSF設定の繊細な表現、そういった点を見ても、一般化されすぎた女の子像への快い挑戦を感じられます。そういうところも、ふたひめの面白さかもしれません。

TB・コメントご自由にっす。ぜひどーぞ。
May 21, 2005
[Fushigi Boshi no Futago Hime]

アルテッサ壁紙サムネイル

今日はアルテッサの回だったので大急ぎで作ってみた。まあ、それっぽくなったかな・・・
ミルロは登場回に・・・いつだ? 
アルテッサ壁紙Download
毎度ながら、アイコン用データを壁紙にしてますので少しふしぎな感じに。これ、リオーネの時と同じくウェルカムカード風、シリーズ化するか・・・

使う人がイルカどうかは、この際問わないのがここでの嗜み(ぉ

というわけで、第8話ですよ。さぁ前回の次回予告通りの販促イベント、マーケティングの鬼、かと思いきや、違いましたねぇ。無論、最初に出てきましたが・・・
なかなかやってくれます。普通お子達の為に最後あたりに持ってくるのがマケチング的に良さげなのに。

まあ、簡単に言っちゃうと宝石の国ですよ。
旅情派としては、今後もこういう展開なのかなと少し残念ですが、テレプーで一直線。

おい、おもちゃの販促回で、販促してるよw

監督さん、ねらった?狙ったでしょ?
違うか。まあ、そんな訳で2人のデコールデザイナさんの戦いと相成る訳だ。ていうか、お前らの販促方法からみて、宝石の国は名古屋人だな(偏見スマソ


ととと、名古屋県の方々を敵に回す発言は撤回して・・・(ぉぃ
ジュエリーじゃなくて「デコール」なんですな。自分的にあまり聞き慣れない単語なんで、ふしぎな感じ。
若い母上様というか、全く変化なしじゃね?
と思いつつ、セリアスさん。宝飾デザイナーというのは男性あまりおらんそうですが、彼は立派にプレゼンテイナー。にしては地味な工房だ。

ところで、ちょびっとだけど工業立国設定らしい画面が出ましたね。ギアに宝石。
良い時計のギミックにはめ込まれた宝石には、男としてもホレボレするものがあります。
そうこうしているうちに、姫たちの力作黄金のシャチホコの完成です。

名古屋

やっぱり、名古屋だ!!!!!!!絶対!!!愛地球!


はい、撤回します。名古屋人の方々は地元ネタに対してノッてくれなくて怖いっす・・・アルテッサのように(経験談
ぷもの意見に同意しつつ、セリアスさん失意。

売るために、派手にしなければならないことに悩む。うん、販促マーケティングの基本的な葛藤ですな。
ちなみに、日本で宝石を売る方々の「基本販促」は有名人なんだな。有名人に付けてもらう→テレビでる→全国巡回行脚で言う→奥様に売れる。これ、非常に強力な販促だそうでして。
アルテッサに売れるかどうかを競う二人、確かに現実の理にかなった脚本です。

で、魔法はほうき。魔法グッズの基本ですが、ことふたひめに関してはそのまま使うのが基本。でないと、一休さん並の苦労が必要なはずだ。
割烹着です。できれば、他の姫たちのバリエーションもお願いしたい所だが、変わりそうにない予感・・・
ま、この辺りは今後ノリが整ってくるにつれて面白い「アタリ」も出てくる事になる予感。

名古y(ry アルテッサは派手なもん好き、お蝶婦人に。
セリさんはこもったまま。イヤイヤダンスですよ、アルテッサ水平移動ですよ。でも、ちょっとうらやましそうな感じに見えたのは今後踊ってくれる複線か?(違うな

ブライトが話を丸くおさめて四角い仁鶴。

で、次は人形だそうで。とりあえず、あやしげ〜な話になりそうです。
ていうか、今話は販促回じゃなかったのか?w ゆるゆる〜〜っとした販促でしたっと。
名古屋の人、ネタにしてごめんねっ

今回TBを送ってみた、ふたひめ第8話レビューをつけてるbLogの方々〜

朦朦たる日記
パズライズ日記
さるなログOnline
アニメな日々
LUNE BLOG
日々の記録
異常感想注意報
アニメ批評空間
杉の木工房
日々平穏
吠刀光

こちらへのTrackBack・コメントは、リンクなしでもお気軽にどぞー
May 21, 2005
[Fushigi Boshi no Futago Hime]

人が自然と集まるよう仕向ける魅力、人気アニメにはそれが備わっているのだろう。

connection(ふたひめ)てなわけで、リオーネの記事にコメントにて、双恋ならぬふたひめさんという「ふしぎ星の☆ふたご姫ファンアライアンス」といった趣向のサイトさんの you-kei さんからお誘いがあったりして。

ぜひ。

こんなサイトでよろしければっ
ん、略称「ふたひめ」いいね! ていうか困ってたんだ、タイトル長くてw
しかし、今の俺は始めたばかりのbLogにばかり目がいっていてつい忘れていたけど、bLogができる前からこういうファンアライアンスがWeb上のサイトをまとめているんだ、ということを思い出させてくれる出来事。たとえば、この間に再会を果たしたw、Mac系サイトアライアンスなんてのは、 いぬLink(いぬ日記)という「アンテナ」サイトなどを中心に、10年以上(大袈裟か?w)前から莫大な数(数百?)の「mac系日記サイト」が連携していた記憶がある。bLogってのは、こと日本においてはぶっちゃけ後釜なのよね。

などと、のすたるじぃに浸るのは置いといてっと・・・
いぬ日記を見習いつつ、今回の you-kei さんの所からたどれる「ふたひめ専門」っぽいWebサイト、bLogサイトをこちらでもご紹介してリンケージをはかろー

双恋ならぬふたひめ
you-kei さん:ふしぎ星の☆ふたご姫のファンアライアンスを始められてます。
投票もあるよです〜

らくがきなかよしのーと
juna_1717さん:ふしぎ星の☆ふたご姫とおねがいマイメロディ中心の絵日記ブログだそうで、かわいいイラスト有り。セレクト(フタヒメ&マイメロ)から見て、なんかウチと似たオコノミ波長をお持ちのようだ!

『ふしぎ星の☆ふたご姫』情報箱 ひとりプロミネンス
夜霧さん:ふたひめに関する膨大な情報、イベント情報、その他情報を
なんと1Pageにまとめ切っている!w  いわゆるまとめサイトさんですな。

ふしぎ星よいとこ一度はおいで
FusigiHimeさん:旅情派には心に響くタイトルのふたひめ中心暴走日記bLog、
いってみて〜Yo!ふしぎ☆。Welcome to MERAMERA!ってか。

t-takase'sふたご姫なぺ〜じ
t-takaseさん:キャラクターショー、つまり着ぐるみというジャンルのファンサイトさん、
おぉぉ、新ジャンルとの遭遇おもしれーっす。世間は広し。

他にも探せば多く見つかるんだろうなぁ・・・
こういうサイトが出る事こそヒットアニメの証拠でしょう(願望)
もしサイトをお持ちで、こんな形でよろしければ、Commentで教えてくださいな。

問題は、bLogサイトさんにリンクを通知する手段である。勝手にTB打ちまくっている手前アレだが、流石に無関係記事にはTB送ることはなんか気が引けます。でも幸いにも明日(今日だorz)はふたひめの放送日、各サイトさんは更新するであろう、無論ウチも更新する、らっき〜TBおくればい〜じゃん、みたいな。いいのか?それで・・・

げに、bLog&TBとは、難解だーね。
May 14, 2005
[Fushigi Boshi no Futago Hime]

リオーネ壁紙


さっそくふしぎ星の☆ふたご姫壁紙第一弾。アイコン化は次の暇時に・・・


Download リオーネ壁紙
ちょっと趣向を凝らしてウェルカムカード?な感じで(?
行ってみたいです、こーいうお国へ。情熱と炎の国ですよ、雪降ってたけど。

ところで今日のふたご姫はやっとこさ漫遊記っぽくなってきましたねぇ。
なにが重要って両親公認のお泊まり旅行許可ですよ。前々からいちいち戻っては出向くをテレプーモーションするのかと思って、少々残念に思っていたので。元々が旅行好きといいますか、知らぬ土地へ出向くのが大好きな性分なので、こういうアニメや映画でも旅情を感じられるストーリーは大好きです。なかなか行けないからね。このためだけに、しばらく前にはFF11にはまっていたりしてますし。

そういう意味では、今回のお話はすこーしアレでした。月の国の町は人すんでるのかといった感じ&暴走突っ走りだしw、せっかくの観光スポット、設定上相当に楽しめそうだった星の穴ぼこが、単なる占い穴になっちゃったってところか。オリジナル公式の遺跡はもっと神秘的にしてほしいなぁ、と贅沢を言ってみたりする。でもまぁ、今期アニメの流行なのか「黒」な感じで3年間強制労働など、とてもプリンセスよっ★な話に出てくるようなキーワードでない言葉がじゃんじゃんでるわで十分楽しめる。

いい歳こいて楽しんでいる俺って、と思ったら負けか。

とにかく、なんやかんやで恋愛系伏線などもあるようですが、それもいいけど旅情に期待しつつ、楽しみ方を探しましょうといった感じ。楽しんだ者勝ちでしょう、キッズアニメは。

※もしご意見ご感想ありましたら↓一言コメントやトラバいただければ・・・
 もしくは→のWeb拍手をポチッとよろしゅぅ〜(いあ、やっぱ反応が気になるっす;)ところで、なぜに壁紙化するかというと、深い意味はありませんが、カコイイ2次絵をかける訳でもないので絵のパワーで魅せることができないので、せめてでも実用性(あるか?)というか、レイアウトとかのデザイン性でちょっとでもそれっぽく魅せたいという足掻きだったりします。実際、MacOSXの別アカウントにアニメアカウント作って、それのデスクトップやアイコンをこれらにして自己満足に浸ってたりして(結構ハズイ行為かw
でもアイコンとかの素材ってけっこう雰囲気が固めなのでデスクトップに映えると思いませんか?思いませんか・・・んー

あ、トラックバックってどう使うものなんですかね?w
んーいまいちわからんち。勉強しなきゃ

といってるうちに親切にもトラバが!!!わーどないせなあかんにゃ?

と、とりあえず、投稿後にもトラバが送れるのかちぇっく・・・これでいいのか?

概要を入れていなかったので、白紙・・・ああ・・・皆さん、すません・・・

以後、気をつけます。
May 12, 2005
[Fushigi Boshi no Futago Hime]

ミルロmini連休も寝て終わり、なーんもせずに放置されるブログってか。。。
日々の更新をされている方々はすごいねぇ。俺にはネタがない...のか?よくわからんです。
リオーネアイコン作るといって、素材はできてるけど実はアイコン化の手間が鬱陶しかったりするので気分を変えて別のプリンセスに手を出してみる。

主役の双子さんもよいのですが、どうにも脇役が魅力的。てなわけで、初っぱなから飛ばしたリオーネと違い本編ではいままでしゃべりもカラミもしていないミルロ姫の素材作り。
素材はこんな感じでできあがり。リオーネと同じくアイコン化前提なので3等身化したら、頭のかぶり物のせいでバランスが難しい・・・てか、顔が似ないヨ
自己満足なので作っている時はとても楽しい・・・あー非生産性orz
あ、ミルロにもミミがある。これはビーバー耳Mode?

次の回でやっとこ何か出てくるみたいですが、今のところ公式サイト以外は全くアンノウンなミルロ姫ですが、どういう立ち回りをするか楽しみ。

面倒なアイコン化はほっぽって壁紙にするか。
May 02, 2005
[Fushigi Boshi no Futago Hime]

リオーネmini説明過去の作品紹介ばかりではどうにもアレなので、最近の話題からやってみましょうか・・・
bLogってのは、どうにもコッパズかしくていかん。制作途中のリオーネ添付っと。

ふしぎ星のふたご姫、これいいですねー
歳なのか、重い話は途中で面倒くさくなる中、ふしぎ星の☆ふたご姫はゆったりとした気分で見れます。番組中にゆるゆるーっと見てね、という通りだわ。
なにが気に入ったって、姫たちが自分で乗り物を操縦するところが気に入った。特にリオーネ。リオーネは最初からそのキュートさを振りまいてますなぁ。お子様向けアニメの絵で空飛ぶバイクや蒸気自動車?やらを乗りこなす姫って画像、結構インパクトあるっすよ。年寄りには。
あと、キバ。そしてミミ。あーもうかわいいなぁ。

気になるのは、リオーネやその他の姫たちの私服ってあるのか。というか、いまリオーネアイコン作ってみようとしているんだけど、主役の双子とそれ以外の姫の衣装ってあまりに差がありやせんか?w
いあ、変身後の2人を目立たせる営業上の必要性はわかるが、なんかなー
もっとこう、さ、愛のある素敵なベベを着せてあげようや。コピペ姫もそうだが、各姫のドレスも結構コピペ風味。んー、その点だけは気に入らん。私服でもって着飾ってあげて欲しいもんです・・・
なんでそのまんまの設定でベジェ引いてても面白くもなんともねーっす。なんで、ちょっと俺設定でふりふり追加したりして。旧公式サイトの設定とアニメの設定って結構違うな。やっぱりアニメとなると作業効率上のシンプライズが必要なんだなぁ。

ところでアイコン、投身低めのキャラだけど、いわゆる「ふくらみドレス」なので、座らせ方がわからないので正方形に収まらない・・・
困った。ただでさえ虚立体が満載になってレイヤーがわけわからんくなってきた。
でも、OSX用にちょっといいアイデアを思いついたので3頭身化程度でいいや。
あとは、この元データで何を作ろうか・・・