前回のガジェットレビュー、自分でやっておいて(あ、需要間違えたな…!)感はあったんですが、ブログ何個も作るのもあれなんで気にせず好き勝手書いていこうと思います。

今回は、ペンタブのペンについてのレビュー記事です。
私は今WacomのCintiq13HDを使用しているのですが…。

ペンがめちゃ太い!(´・_・`)

intuosとかも大体同じような太さだと思うんですが、デフォルトで付いてくるペンは結構太いです。ペンの持ち方が正しい人はまだしも、自分はペンの持ち方が変なので余計にキツイです。

そこで細いペンはないのかなーとWacomのオフィシャルストアを眺めて見ると
 

 見つけたのがこのクラシックペン(リンクはAmazonです

いい感じに細いんですけどいかんせん高い。
と思っていたある日。グリップがポロッと取れることに気づいき、どうせサイドスイッチも使わないし、これならグリップを自作してしまえばと思い今回の大改造に取り掛かりました! 

最初はこんな感じにマスキングテープでぐるぐるとやって、これならある程度細さを保てるしまあこれでいいかと思っていたんですが
P3310092
 
手汗でボロボロになるので、さすがに耐水性に難がありましたね…。

そこで一度周囲にぐるっと巻いてある分を外し、サイドスイッチにホコリ等が入らないように一枚だけテープをしておいて
P3310095
 
スポーツ用品店で買って来たこのテニスラケットのグリップを、テニスラケットと同じ要領でグッと巻き
P3310098

完成!!

P3310100

ラケットのグリップって色々種類があって、いぼいぼしてたり滑りにくさ優先だったりと色々あるので、ぜひとも店頭に行って触って確かめてみてください。グリップだけのラケット(よくわからない日本語)がサンプルとして置いてあるので参考になります。
自分が選んだこれはほどよくサラサラしており、それでいて滑りにくいという感じです。あまりにも滑りにくいのも嫌なので非常にグッドъ( ゚ー^)

他にもグリップの素材として耐水粘土や紐などがあるようですので、皆さん試してみてください。ペンタブグリップ自作とかで検索すると色々出てきて、人の改造を見てるのも結構面白いです。

言うほど大改造ではないのは許して