小金井市の古井戸も大詰めです

今日は手押しポンプを据付け仕上げていきます(^-^)/

写真は手押しサンタイガーと深井戸用シリンダー(ピストン部)

DSC_0050


揚水管を繋げ井戸底付近でシリンダーをセットし配管作業していきます。

実際の作業は地上でパイプを繋げながら下ろしていってます😄

井戸の中は暗く狭く孤独ーな世界…

DSC_0052


肥えた体にはキツい作業になります😱

とっとと仕上げ光のある世界へ戻りんちょ(^3^)/

そして…

DSC_0055


完成です~✨


70年くらい昔の掘り井戸に、これまた古い日立の電動ポンプ。

まだ残ってるんですね~

DSC_0006

ポンプを撤去していきます。

DSC_0018

この日立の5号ポンプは60年も昔に作られた深井戸用のポンプです。

揚水量1時間あたり750L
地下揚程 18m
全揚程 26m

60年も前に作られたと思えない高スペックで❗

DSC_0008

驚きちゃんです🍒

DSC_0032

そして、地道な作業を繰返し12mある揚水管を引き上げます。

えっさほらさっさ~(*゜д゜*)さ

DSC_0026

井戸の中へ~

DSC_0029

DSC_0030

地上からではわからない地下の世界。

直径5mほどの空間がそこにありました💡

DSC_0034

一番上の側を退けて準備完了です✨

東京都小平市にて打ち抜き井戸工事をおこないました。

DSC_1930


井戸の直径1200mm、200キロ位ありそうなコンクリート製の蓋をどかし中へ入ります

DSC_1935


元々はもっと大きな井戸だったようですが鉄板にて補強されています。
安心して中に入れますね😄

DSC_1932



DSC_1938



鋼管を打ち込んでいきます~

DSC_1943


そして、地下水発見~✨


DSC_1945


地下水発見したところで時間となりました。
後日仕上げていきます😁


千葉県内での井戸掘りは残念なかたちで終了してしまいました。


通常掘削するために先ずコンダクターパイプをセットするのですが、今回の現場ではそれがセットできませんでした。

DSC_1723


DSC_1724


原因はごみやガラ、産廃等の投棄物です。

少し分かりにくいかもしれませんが、地中はゴミとガラで埋め尽くされています。

何ヵ所か試掘してみましたが、場所により投棄されたものが違うだけで確認した3m近くまで廃棄物で埋もれていました。

残念ではありますがこのような状況では掘削機械を仮設し掘り進むことはできませんので、作業はここまでとなりました。

掘れれば地下水を存分に利用できる地域ですので無念であります(。>д<)

↑このページのトップヘ