杉並区善福寺で揚水ポンプの配管工事を行いました。

DSC_0808


このような状況で井戸の上には噴水台!?らしきものが乗っかっており、揚水管の隙間からなんとか内部が確認できる状態でした。


先ずはこの噴水台!?を移動させます。


DSC_0850


防水処理が施されて一体となっており、裏側にもコンクリート基礎がくっついていてるのでかなり重量がありました。


土を退かし井戸蓋が見えてきました。

DSC_0851



開口部が大きく蓋もずれていますね、危険な状態です。

そして、井戸孔内へ進入していきます。

DSC_0854


井戸は10m以上の深さがありさらに底部より鋼管が打ち込まれています。

現在は1m程の水位がありましたが、時期による水位変動があるのでしょう。


実はこの現場、設備やさんがポンプ交換をしています。

既設配管がなかなか抜けず、回しながら引き抜いたところ上がったそうです。

ジェット下のパイプを残して…


そこでイドヨコの出番となった訳です(о´∀`о)ノ


DSC_0856



今回は鋼管の劣化状況を踏まえ鋼管内のパイプはそのまま利用する選択をしました。

無理に引き抜くと鋼管もろとも破損する恐れがありますので、新しいジェットを繋ぎ地上まで配管をしていきます。

地上部の配管には保温を施し難なく作業は完了です。







井戸のご相談は何時でもお気軽にお尋ねください。

イドヨコ⏩http://idoyoko.jp/
連 絡⏩090-3210-1196

Facebook⏩https://www.facebook.com/idoyayoko/
ブログ水のみち⏩http://blog.livedoor.jp/idoyoko/
Twitter⏩https://twitter.com/idoya_idoyoko?s=09