笏谷石(しゃくだにいし)雑記帳

 『笏谷石を訪ねて』の HPを管理する
  稲葉デザインルームの笏谷石(しゃくだにいし)雑記帳です。
  笏谷石を通して見えてくる歴史や文化、
  そして福井市の“まちづくり”についていろいろ書いてます。

2011年05月

城東橋の馬

福井の町中を車で走っていると
笏谷石(しゃくだにいし)が使われている橋を発見しました。
110525
「城東橋」です。
笏谷石(しゃくだにいし)の上にあった街灯に馬の模様があり、
この馬の意味は何なのかと少し調べてみました( -д-)ノ
詳しくは、こちら↓
地区の紹介「福井市旭公民館HP」


「笏谷石を訪ねて」
〜1500年の歴史と文化を再発見〜

ホームページはこちら↓
link_syaku02

越前名物「笏谷餅」

突然ですが、越前名物「笏谷餅」という和菓子を見つけたので
さっそく、買いに行って来ました(*・ω・)ノ

越前名物「笏谷餅」は福井市加茂河原にある
越前菓子処「梅月堂」というお店のお菓子で、銘菓三選の一つです。
銘菓三選には、他に「足羽山」と「朝倉の里」があります。
「足羽山」は、笏谷石(しゃくだにいし)のふるさとで、
「朝倉」は、笏谷石(しゃくだにいし)の石仏などに出会える場所です。
どちらも、笏谷石(しゃくだにいし)と関わりのある場所の
名前のお菓子でした(笑)
越前菓子処「梅月堂」「梅月堂ホームページ」

越前名物「笏谷餅」
110511

箱の中に入っていた説明に
笏谷石(しゃくだにいし)と笏谷餅の関わりが書かれていました。

※説明文
「越前ゆかりの継体天皇は、その昔、笏谷山の石材採掘を勧め、
住民の生活を支えました。作業に精を出す人夫の家族は、
毎年お盆になるときなこ餅を作って、その労をねぎらったと
言われています。」

笏谷石(しゃくだにいし)の採掘をしていた地域では、
こんな習慣があったことを、はじめて知りましたΣ(=゚ω゚=;)

ちなみに、冷蔵庫で冷やして食べるとおいしくなるそうです。
更に、凍らせて食べる方法もあると女将さんもおっしゃっていたそうです。

「笏谷石を訪ねて」
〜1500年の歴史と文化を再発見〜

ホームページはこちら↓
link_syaku02
記事検索
プロフィール

ふくい笏谷石の会・...

  • ライブドアブログ