楓のblog

パソコン初心者のメモブログ

Windows7に標準で登録されていない漢字があった場合、外字エディターを開いて登録することになるのですが、その外字をWindows10に移行する際にどうやって移行すればいいのかがわかりません。 そもそもWindows10のアクセサリの中に「外字エディター」自体が見つかりませんですし…

で、同僚の子に聞いてみると「Cortanaに外字と入れてみて」と言われ試してみると外字エディターが現れました(汗)。 なんともわかりにくい…

しかし肝心の移行方法はわからないとのことだったので、Webで調べてみると「外字コピー屋さん」と言うフリーソフトで移行ができるという情報を見つけました。 元々「外字コピー屋さん」はWindowsXPまで対応を謳っていましたが、実際はWindows10でも動作が可能とのこと。 早速ダウンロードして試してみました。



①ベクターより「外字コピー屋さん」をダウンロードします。

②ダウンロードしたファイルを解凍すると、同じ場所に「cpeudc」フォルダーが作成されます。 Windows7 の任意の場所に「cpeudc」フォルダーを設置して「cpeudc.exe」を実行します。

20190313a


③「このマシンの外字ファイルを取得する」と「*.EUFファイルもコピーする」にチェックを入れて実行します。

20190313b


④コピーに成功すると下記のメッセージが表示され、同じフォルダ内に2ファイルが格納されます。

20190313c


20190313dc


⑤「cpeudc」フォルダーをコピーしてWindows10の任意の場所に設置して「cpeudc.exe」を実行します。


⑥「外字ファイルをこのマシンにインストールする」を選択して実行します。

20190313e


⑦現在登録されている外字を上書きしますがよろしいですか?と確認がくるので、全く外字を登録していないのでであれば「はい」をクリックします。

20190313f


⑧外字の移行が完了すると下記のメッセージが表示されます。

20190313g


⑨「Cortana」で「外字」と入力して「外字エディター」を起動して、外字が移行できているかを確認してください。

20190313h


本当はコマンドプロンプトから外字をコピー貼り付けができるようですが、コマンドを打つのがちょっと苦手なので今回はソフトに頼りました(汗)。

これは私の会社で販売しているシステムも例外ではなく、朝一でPCの電源を入れるとOSにアップデートプログラムが適用されることが優先されるため、Microsoft SQL Serverの起動がタイムアウトで正常に起動できないことが原因です。 通常はMicrosoft SQL Serverが入っている親のPCを再起動することでも改善できますが、頻繁に起動が上手くいかない場合は下記の方法でMicrosoft SQL Serverの起動の問題を改善できる場合があります。



私の会社で販売しているシステムを例として設定をしてみます。


①「スタート」‐「Windows システム ツール」よりコントロールパネルを開きます。

②「システムとセキュリティ」-「管理ツール」-「サービス」の中にある「SQL Server(XXXX)」を開きます。

20190307a


③「全般」タブの「スタートアップの種類」を「自動」に変更、「回復」タブの各「エラー」を「サービスを再起動する」に切り替えて「OK」ボタンで画面を閉じます。

20190307b


④同じ手順で「SQL Server Browser」も「全般」タブと「回復」タブを変更してからPCを再起動してください。 

20190307d

20190307f



これで次回のWindowsのアップデートが適用された翌日に同じ現象が出なければ改善出来ていると思います。 マイクロソフトさんもこのような障害が出ているのことはわかっているので要からWindowsのアップデートが適用された場合は強制的に再起動をかけるべきでは?と思うのは私だけでしょうかね(汗)。

Office2016が発売開始された頃の話なのですが、旧製品となるOffice2013と共存することができないと言う情報がマイクロソフトから報告されていました。 私の会社で販売しているソフトもこのバージョンの違うOfficeの共存や、他社の互換Officeでの運用はできない仕様だったのでこのことはよく覚えていました。 今回お客様よりOffice home & business 2016が入っているPCにAccess2019をインストールすることができる?と言う問い合わせがあり、念のためマイクロソフトの相談センターに問い合わせたところ「可能」との回答が! ちなみに「Office home & business 2016」のインストールは「Office Personal 2016」と異なりマイクロソフトのアカウント登録が必須だったりします。 なので今回の場合Access2019をインストールする際には登録済みのマイクロソフトアカウントでログインしてAccess2019をインストールする必要があります。


https://setup.office.com/ より「サインイン」をクリックして、登録済みのMicrosoft アカウントでログインしてします。

20190306d

プロダクトキーの入力画面よりAccess2019のプロダクトキーを入力します。

20190306c


登録が完了すると下記のページが表示されます。
後は「インストールする」をクリックしてインストールを進めます。

20190306b


※一つのアカウント内にoffice2016が2本とAccess2019が登録されていることがわかります。




■補足

登録済みの製品を再インストールする場合は「Microsoftアカウントからインストールする」よりインストールを行います。

20190306e


私のノートPCでアプリやWeb内で日本語入力を行っていると、突然日本語の入力ができなくなることがたまにあります。 恐らくですがPCにインストールされている常駐ソフトの中に邪魔をしているものがあるのか、はたまたWindowsのバグなのかはよくわかりませんが、これを調べるだけのスキルを持ち合わせていないのでいつもPCを再起動しています。 しかし同じようなことで悩んでいた同僚の子からのアドバイスにより、ここ1週間はIMEが言うことを聞いてくれるようになりました(笑)。 私のPCで設定したことは下の動画にある「高速スタートアップの無効」と「言語バーの表示」です。 




もしかすると一時的な改善かもしれませんが、またIMEが言うこと聞いてくれなくなったら「ctfmon.exe」のショートカットを作成して障害を解除するか、セキュリティソフト以外の常駐ソフトを止めて犯人を探してみるのも…やっぱ無理かな(汗)。

ネットワーク上にあるPCやNASの共有フォルダを、あたかも自分のPC環境内にあるかのように設定をすることができる「ネットワークドライブの割り当て」と言う機能があります。 このネットワークドライブを割り当てた際に、その参照先が起動していなければ当然アクセスすることができません。 もし参照先の機器が起動していてネットワークドライブのアイコンに「×」がついていたりエラーが表示される場合は2018年12月に公開されたパッチファイル「KB4469342」を適用することで改善することができるようです。


①下記の場所より「KB4469342」と入力して「検索」ボタンをクリックします。
他の「KBXXXXXXXX」ファイルもここからダウンロードすることができます。


20190301c


②ダンロードファイルの一覧が表示されるのでWindows10の64ビット版を使用している場合は「X64ベースシステム用」をダウンロードします。
※ARM64ベースとはスマホ用のCPUで動作するOS用のことです。

20190301d


③ダウンロードファイル名が表示されるのでクリックしてダウンロードします。

20190301e


④ダウンロードしたファイルを実行して、インストールが完了したらPCを再起動してください。


これでネットワークドライブの障害は改善できたと思いますが、もしこれでも改善できない場合は社内のネットワーク環境を見直す必要があるかと思います…

新規のPCをネットワークに参加させる際にいつも迷うことなのですが、「パブリック ネットワーク」「プライベート ネットワーク」のどちらを選べばいいのか? 社内で特定のフォルダを共有させたい場合は「プライベート ネットワーク」で、こちらへのアクセスは一切許可しない場合(出先など)は「パブリック ネットワーク」を選べばいいのです。


例えばルーターの入れ替え時や別のネットワーク環境にPCを接続する場合、エクスプローラーからネットワークをクリックすると社内のネットワークに接続されている機器が表示されずに「ネットワーク検索が無効になっています。」と画面上段に表示されます。

20190304e


このメッセージをクリックして「ネットワーク検索とファイルの有効化」をクリックします。

20190304f


「プライベート ネットワーク」と「パブリック ネットワーク」の選択画面が表示されます。 ここで必ず「プライベート ネットワーク」を選択するようにしてください。

20190304g





もし間違って「パブリック ネットワーク」を選択してしまった場合…

参照先のPCが「パブリック ネットワーク」に設定していると、そのPCを参照時にネットワークエラーが表示されます。

20190304h


セキュリティソフトやWindows環境等の問題でなければ以下の方法で「プライベート ネットワーク」に切り替えて改善することができます。



①「設定」‐「ネットワークとインターネット」を選択します。

20190228a


②「状態」‐「接続プロパティの変更」を選択します。

20190228b


③自分の共有フォルダを利用許可する場合は必ず「プライベート」に変更します。

20190228c


他のPCから自分のPCへのアクセスが上手くいかない場合は必ずここを見逃さないようにしましょう! 

Windows7のサポート期間が来年の初旬までだったので勝手にWindows8.1も同じだと思いこんでいたのですが、最近2023年初旬までサポートされることを知りました(汗)。 そんな中あるお客様からWindows7のダウングレードモデルに付属していたWindows8でアップグレードして2023年のサポートが切れるまで現在のPCを使いたいと言う相談を受けたのでその作業に挑戦してみました。

しかし単純に付属のCDを使ってアップグレードするわけではなく、事前にPCのBIOS画面より起動設定を調整する必要があるようです。

ちなみに今回Windows8.1(64ビット)にアップグレードしたのは富士通の「LIFEBOOK A573/GX」です。


FMV



①LIFEBOOKの電源を入れて、「FUJITSU」のロゴが表示されたらすぐに「F2」キーを連打します。

富士通


②BIOSの画面が表示されたらカーソルキーを使い「セキュリティ」タブの中にある「管理者用パスワード設定」を選択してエンターキーを押します。

Bios001


③任意で管理者用のパスワードを登録します。 入力例:admin
 今後BIOSを起動する際に使用するパスワードなので忘れないようにしてください!

Bios000


④セキュアブート設定を選択してエンターキーを押します。

Bios005


⑤セキュアブート機能を「使用する」に変更します。

Bios002


⑥「詳細」タブより「起動設定」を押します。

Bios003


⑦「高速起動」を「使用する」に、「互換性サポートモジュール」を「使用しない」に変更します。

Bios004


⑩「終了」タブより「変更を保存して終了する」を選択してBIOSを終了させます。

Bios006


⑪PCに「」をセットして電源を入れます。

リカバリCD


⑫「FUJITSU」のロゴが表示されたらすぐに「F12」キーを連打します。

富士通


⑬起動メニューが表示されたら「CD/DVD」を選択してエンターキーを押します。

Bios007


⑭後は画面の指示に従ってWindows8のリカバリーを実行します。 ちなみに「Cドライブのみリカバリ」は実行できません。 また、Windows8にリカバリ完了後、Windows8.1にアップグレードするには「Windows Update」では無く「ストア」より行う必要があります。

ストア


時期的にWindows10へ移行する人が大半だとは思いますが、PCを購入してから5年以内であればまだ今のPCを使いたいと思う気持ちはわかるような気がします。 ただ自分は新しいもの好きなので我慢できないかも(笑)。

このページのトップヘ