2020年05月25日

このエントリーをはてなブックマークに追加

海外映画やドラマを見始めて、改めてネイティブ英語の必要性を感じます。対面で話す時に相手が使う英語と、海外ドラマ等で使われる英語の間に大きな隔たりがあるように思います。

海外ドラマのレベルを日本の英検に例えるならば、海外ドラマを見た時の自分のレベルは英検5級ぐらいだろうかと感じてしまうほど、セリフを字幕で追っても聞いたことがない表現が散見されます。

736921

その時その時代の流行りなど、その国の文化的背景を知らないために理解できないものも多くあります。


The stuff you’re into. Hula Hoop, cramming into telephone booth,
and this time~.

「君がはまっているものを見ろ、フラフープに電話ボックス詰めに、そして今度は~」(本当は、主人公が実際にはまってるわけでもなく、比喩的に用いられたセリフでした。)


“Cramming into telephone booth”の部分については、この事自体がいったい何を示しているのかという背景知識がないために、知っている単語であるはずなのに聞き取れませんでした。

字幕を確認すると、このような英語表現になっていましたが、日本語では訳はされていませんでした。おそらく字数制限のある字幕で訳を載せても、背景知識を知らない人が見ると、意味が不明になるからでしょう。

調べてみると、1960年前後に、色んな国で電話ボックスに何人入れるかという遊びが流行ったそうで、アメリカの大学生でもちょっとした話題となりましたが、ケガをするおそれから、大学側が自粛するように言っていたのだそうです。

そして、それから時を経た2009年に、アメリカでその再現と再挑戦が行われたようです。
(通称:telephone booth stuffingと言う)
その話題についてニュースで見たこともなければ聞いたこともない私には、理解できないのも当然でした。

 

21733a07c9e87c871fa17ce105ecaa05_s

単なる一例ですが、実に背景にある事象を元にセリフが展開されるものも多く、一つひとつ潰していく作業は大変ですが、継続してコツコツと積み上げていくしかないですね。

そして使えそうな表現をメモしたり、スラスラと言えるようになりたい表現も口慣らしに何度も声に出して言うということを同時に行っています。


とにかくこれからも続けていくことで、自分の英語力の変化を見ていきたいと思っています。



(↓現在、発信できる媒体からのみですが、20%Off割引キャンペーンも行っています。ぜひホームページのお問合せより問い合わせてみてください)

「自宅で留学レベルの英会話力を身につけるDVD教材」ホームページはここをクリック


公式ページ



2074652_rgb_tate_color



(23:23)

2020年05月17日

このエントリーをはてなブックマークに追加

子どもが先月で1歳を迎えました。愛称は「こらちゃん」です。

歩くことができるようになり、日に日に成長を感じます。


kazoku


言葉もようやくですが、いくつかの単語を口から発することができています。

これからの時代は、やはり英語は大きなカギとなるので、家では英語で生活をさせ、バイリンガル育児を継続しようと考えています。

現在覚えて、何とか言葉として出せるのは下の単語です。


Hello(こんにちは)

bird(鳥)

baby(赤ちゃん)

No(いや)

Bye(バイバイ)


“Hello!”については、いつも電話を耳にあてるしぐさをしながら言葉に出します。

鳥を見ると”ビードゥ”というように言います。

テレビで赤ちゃんの映像が流れると、「ベイビー」と言います。

“See you.”とこちらから言うと、”Bye”と言いながら手を振ります。

なにかあると、眉をひそめて、頭を軽くたたきながら”No”と言います。
”No”については、あまり意味が分かっていない様子です。


グラフィックス1

今後は、This is~.や、Do you want~?、”Yummy?”(おいしい?)、
”Your tummy!”(お腹!)のような単語や文も徐々に言葉がけをしていく予定です。

それまでに、さらに映画やドラマなどで、数多くのネイティブらしい表現をストックしていこうと考えています。




「自宅で留学レベルの英会話力を身につけるDVD教材」ホームページはここをクリック


公式ページ



2074652_rgb_tate_color


(00:15)

2020年05月10日

このエントリーをはてなブックマークに追加

英会話のレッスンを行っていて、「会話には慣れてきたけど、相手が話しかけてくるときに、言っていることがなかなか理解できない。」という相談を受けることがあります。

英語 音読


これにはいくつかの原因があります。

①聞いた英文を目で見て確認しても理解できない。

②英語をあまり聞いたことが無いので、そもそも英語に慣れていない。

③英語の単語の正しい発音を知らないため、聞いても知らない単語だと認識してしまう。

④相手が話す速さについていけない。

 

①、②、③については、単純にインプット不足ですので、これからたくさん英語を聞いたり読んだりしていきましょうというアドバイスになります。

 

そして④番の「相手が話す速さについていけない。」についてですが、これは実は、聞こえた語句を頭の中で処理するのに時間がかかり、その処理が追いついていないことに起因することが多いです。

 

820961

これを解決する一つの方法は「日頃からなるべく英語を速く読む練習を積む」ことです。

仮に英語を読むときに1分間に100語しか読めないとします。

その人がネイティブの人と会話しようとした時、相手が普通のスピードで話をしてくるとすると、1分間に120語前後の速さで話してくるでしょうし、もっと早く150語ぐらいで話してくる人もいます。

 

そうなると、聞く場合には文字でも確認できない上に、日頃自分が理解している速度(100語/分)よりも早い英語を聞いて、果たして脳が理解できるかということになります。

1文1文区切りを入れた感じで話してくれれば大丈夫かもしれませんが、通常は次から次に矢継ぎ早に語ってくるので、やはり処理が追いつかないということが出てきます。

 

ですので、リスニングの練習は絶対に必須ですが、早く読む練習にも励むと、効果が期待できることでしょう。

 

510898

あまり読む習慣がない方も、相手の言葉をもっと理解したいという場合には、是非読むことにも時間をかけてはいかがでしょうか。

 

私も今後も継続していきたいと考えています。

「自宅で留学レベルの英会話力を身につけるDVD教材」ホームページはここをクリック


公式ページ



2074652_rgb_tate_color



(10:05)

2020年04月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加

 最近は外出の機会も減り、家にいることが多くなったため、映画のDVDを借りて英語のリスニングの時間が増えてきました。

 
映画の英語は日常会話に出てくる表現の宝庫ですが、何度聞いても難しく感じます。前置詞や副詞が立て続けに続くと全て音が連結(リンキング)しているため、聞き慣れない表現だと本当に聞き取れません。

14b808f7a2fa97680f8fdce5f63b0c17_s

例えば、
「オーアウ」と聞こえたと思ったら、「All out?(すっかり疲れてる?)」であったり、「エイフォ effort, but I’m not gonna pay for you. 」か何か言ったと思って確認すると、「A for effort(努力は認めるけど),
but you are not gonna get paid for it.(君は支払われないよ=お金は払わないからね。)」というセリフを言っていました。

A for effortは、A~Fまでの評価のAだから、最高評価を意味し、「努力としてはA評価」=「努力は認める」という表現です。

 また私の場合は、それらのセリフを確認前に何度も聞いたのにもかかわらず、youがあまりにも短くてIと言ったと思っていましたし、get paidの箇所は、payにしか聞こえませんでした。

そして「you」や「get paid」と言っていると分かった後でも、そのセリフがとても速いため、やはりyouやgetの部分が聞き取りづらく感じます。

そういう短い音が雑に言われる場合、例えばyou areだったら「ァア」としか聞き取れないので、Iと言ったのかyouと言ったのかが識別困難になります。そうして聞き取れなかったと思った箇所の多くが、そういった誰もが知っている単語であることがほとんどです。

 
これらを解消するにはそういう本当にネイティブが使っている表現や言い回しに何百回も何千回も遭遇して、考えずとも、場面状況でだいたい言っていることがわかるようにしていく作業を続けるしかありません。

d9d59f414894d989b873b90dbc4a6ee6_s

例えば今回の私の場合は、同じ
DVDを10回以上見ましたし、全て文字で確認していきましたので、「ながら勉強」で遠く離れたところからテレビから色んなセリフが小さい音で聞こえてきても、初見の頃とは全く違い、耳にすんなりとセリフが入ってきます。

色んなタイプの人の発音に慣れることも大切ですし、特にモゴモゴと口をあまり開けずにセリフを言う俳優さんたちの英語は、本当に何千時間も聞いていかないとだめです。そしてCNNなどのきれいな発音で報道される英語だけでは太刀打ちできません。

ただもう一つの視点は、さきほど述べましたような、「聞き慣れない表現」をなるべく少なくすることですね。

 
そして今回改めて感じているのが、テレビで視聴すると、その場面に適切な表現がたくさん出てくるので、何度もそれらのシーンを見ることで、セリフが丸ごと頭にスーッと入ってきて、自分が使える表現としてストックされていくのを感じました。

もちろん、気がついたら映画を見ていなくても、自分で見た映画の色んなセリフを口慣らしで言ってみるということが重要な要素にもなります。小さい子供が新しい表現を覚えたら、その言葉をずっと口ずさんでいるような感じですね。

今後もこれを機に、改めてリスニング&表現のストックを目的に、たくさん映画で英語学習を継続していきたいと思います。

 

f5c53f383a3bee3c1cd5e696109e3968_s


「自宅で留学レベルの英会話力を身につけるDVD教材」ホームページはここをクリック


公式ページ



2074652_rgb_tate_color




(09:43)

2020年03月29日

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ここ最近も、相変わらず平穏な日々を送っていますが、少しいい事がありました。

 
運営している英語教室についてですが、昨年暮れに、ある中学1年生の生徒さんが入会しました。その生徒さんは英語がとても苦手で、前回の定期考査では、受けた教科の中で英語の点数が一番低く、とにかく英語が嫌いということでした。

英語 音読

 
入会時に保護者の方には、「定期考査ですぐに結果は出にくいですし、1年生の最初の方から復習をして、入試に向けて勉強した方がいいので、そういう方針でもよろしいでしょうか。」ということをお話しました。保護者の方はそれで大丈夫とのことでした。

 
レッスンを始めてみると、いろんなところでつまずいているのが分かり、一つひとつ丁寧に指導していきました。

 
そしてほんのわずかですが、本人もやる気が出てきたようで嬉しく思っていました。ところが冬休み開けの県版のテストでは、これまで以上に点数が低く、本人もかなりショックを受けていた様子でした。
険しい道

 そこで、「入試に向けて」という方針でしたが、やはり少しぐらいは定期考査でも良い点を取らせることで、もっと自信をつけさせたいと思い、今回ばかりは定期考査向けのレッスンを開始しました。テストに間に合わせるためには、少しばかり家庭でも復習をしてもらったり、暗唱すべきところを暗唱してきてもらったりもしました。そして英語のスペリングも含め、結構ハードに特訓をしました。

 
このころに英語について改めて本人に尋ねると、「嫌いだったのが、普通ぐらいになった」ということを言っていたので、苦手意識がなくなっただけよかったなと思いました。

 
そしてテスト3日前には、これだけやれば十分じゃないかなぁというレベルになりましたが、実力問題のようなものが出ると、今まで苦手だった生徒には難しくて解けないことも多いので、目標としては、まずは平均点超えの65点~70点ぐらい取れれば御の字ということで試験に臨んでもらいました。

 
そして1週間ほどが経ち、本人がレッスンにやってきました。本人の表情からは何点だったのか読み取れず、微妙な顔をしていましたが、恐る恐る点数を聞いてみると、

「81点でした。」とのことでした。
547458

 私としては、目標は平均点超えと思っていましたが、やはりなるべく高い点数を期待していたので、それはそれは嬉しい気持ちになりました。前回からの点数の伸びは約50点。全科目中1番点数が良かったのです。

 本人は、「英語が得意な人の点数を一気に抜いた。」とも話してくれて、「これで今週はいい気分で過ごせるよ。」と私が言うと、本人は、「これで春休みはいい気持ちで過ごせます。」と嬉しそうに答えてくれました。

 
その後コロナウイルスの猛威により、全校が休校となったため、テスト以降のところを、また地道にやっていくこととなりましたが、この1年間の学校の復習ということで毎週レッスンを行っていますが、本人が自宅学習を頑張っているおかげか、どう見ても英語が得意な生徒にしか見えないほど、実力がついているのが見てとれました。

 これはすごいなぁと思いつつ、改めて本人に英語について尋ねると、「今は英語しか好きじゃない」と言うではありませんか。
603193


 英語を教えていて、これほどうれしい気持ちはありません。本当にその生徒さんには、当教室に入校してくれてよかったと思っています。これからも、せっかく来てくれる生徒さんには、どんどんと英語の実力を身につけさせたいと思います。

「自宅で留学レベルの英会話力を身につけるDVD教材」ホームページはここをクリック


公式ページ



2074652_rgb_tate_color



(22:25)

2020年03月08日

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近、本棚から昔購入した映画のスクリプトを取り出し、それを読み進めています。映画は本当にネイティブが使う英語表現の宝庫です。何度も何度も同じものを読んでいくことで、場面とセリフが頭に刻み込まれます。

6c7d6a374c79cf7970727517b89d95e1_s


例えば中学英語で比較級を学習します。よくある例文は次のようなものです。

Tom is as tall as I.

He is as old as Nancy.


私たちがよく見かけるのは、このように比較的簡単な構図の”as~as”の使い方です。


それに比べて、ある映画のスクリプトにはこんなセリフが載っていました。

For the rest of my life, I could never be as sorry about anything

as I am for what I did to you.

(訳:これからずっと、あなたにしてしまったことほど後悔することはないだろう。)

 

ネイティブなら、このような比較級はいとも簡単に口から出てきます。私たちが日本語で一度聞くと、すんなりと復唱できるのと同じです。

言葉を操る能力は本当にすごいなと感じます。子供の頃から慣れ親しんでいる言葉は、誰もがここまで操れるようになるわけですね。

 

さて、この後もしっかりと読み進めて、一つひとつ表現をストックしていきたいと思います。

f53c0038d070f912b37219451b32b38d_s

「自宅で留学レベルの英会話力を身につけるDVD教材」ホームページはここをクリック


公式ページ



2074652_rgb_tate_color





(21:45)

2020年03月01日

このエントリーをはてなブックマークに追加
 先日ネイティブの友人と話していると、「ネイティブらしい英語」の話題になりました。その友人が、ネイティブが使う英語を日本人はあまり知らないという話をしてきました。

 特にスラングを含めてです。
それはもちろんその通りで、日本人の英語学習者でも相当鍛錬しない限りは、ネイティブの語彙力に追いつくのは至難の業であります。そして例を出されましたが、「おう吐する(吐く)」に関する英単語をいくつ知っているか?ということを尋ねられました。

611a2410258f334a9b83e8698cf76cc0_s

 この単語についてはある程度は知っていたので、さすがにこれはクリアできるんじゃないかと思っていました。そして自分が知っている「嘔吐する」に関する単語を挙げてみました。


t
hrow up」
「 vomit」
「 puke」
「 barf」

の4つです。

 
スラングかは分かりませんが、「 puke」、「 barf」に関しては、海外ドラマあたりでよく耳にしていたので、まあこういう単語を期待しているのかなぁと思いましたが、その友人は「ふむふむ」と聞きながら私が言った単語を紙に書きました。そして、「こういう表現はどうか?」と言ってさらに紙につけ足して書いていったのが次の表現でした。

hurl」
「Ralph」
「b
ow to the porcelain

 あと一つぐらい書いていたような気がしますが、すでに忘れてしまいました。まあ、どれもスラングのようなもので、最後の「Bow to the porcelain」に関しては、porcelainというのは、「磁器」の意味で、トイレの便器が昔は磁器でできていたので、「磁器(製のトイレ)におじぎする」という直訳になり、トイレで吐いている人のイメージになるので、婉曲的な表現だということでした。

78456f795b3d1f38d8bb2c2d2b69124f_s
 それにしても3つとも聞いたことがなかったので、やっぱりネイティブならみんな知ってるよね?と尋ねたら、もちろんそうだという返答が返ってきました。本人は何度もそのすべての表現を実際に使ったことがあるし、年配の人はその言葉は使わないけど、絶対に耳にしたことはあるから言われれば当然理解できるということでした。

 日本人英語学習者の私としては、「嘔吐する」という単語だけでも7つも8つもあるという事実や、これだけ英語をやってきた自分でも、全くネイティブの表現の幅にはかなわないことを改めて思い知り、多少落胆した気持ちになりました(まあ「これだけやってきた」というレベルがまだまだ甘いというだけですが…)。

 とにかくその差をまざまざと見せつけられた自分は、「とりあえず、もっともっと海外ドラマ等を見て、片っ端からネイティブが使っている表現を拾い上げて、自分のものにしていこう!」という決意を固めました。

5707d879a140e7ee8ab199f09eb8a219_s

 読み物にしても、やはりフォーマルな表現のものに偏りすぎていたとも思いますので、もっとネイティブが日頃使うような表現を求めて、そういったジャンルの読み物にも挑戦していきたいと考えています。

「千里の道も一歩から」ですね。また地道に頑張っていきます。

「自宅で留学レベルの英会話力を身につけるDVD教材」ホームページはここをクリック


公式ページ



2074652_rgb_tate_color



(23:24)

2020年02月23日

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ホームページの検索も上位になってきたせいか、昨年末より英語教室の問い合わせが徐々に増えてきました。特に幼児・小学生の生徒が数ヶ月で目に見える成果を見せてくれたことで、ホームページにもその成果を掲示することができ、少しは説得力が増すようです。
 

529492

 そして、ある小学校就学前のお子さんが、新たに先月入会をしました。それはそれはとても意欲のある子で、例えば小学生用の問題集を、1週間後までの宿題として2ページぐらい出そうとすると、「もっとできます。あと残り全部でも大丈夫です。」と言ってきます。

 その残りというのが20ページぐらい量があるので、そこまではと思い、「まぁ、じゃあ、2ページよりもあと少しだけやって来ようか。」と、こちらが多少おさえようとするぐらいです。

 そしてその生徒さんがどのくらいの単語を習得したかと言いますと、この1ヶ月半でなんと450個もの単語を自宅で覚えてきました。

 ですので、レッスン中は、覚えてきたという単語の確認作業に追われ、そして予定していたレッスンもすでに自分で予習として終えてきてしまい、「これも自分で言えます」「そこももう覚えたと思います」の連続で、終始確認作業でレッスンが終了するというような状況になっています。

 聞くと興味の幅は英語だけにとどまらず、ほかの塾に行っているわけでもないのに、自宅で自分一人で小学校6年生までの漢字は読めるようになったとも言っていました。


690567

 ここまで意欲のあるお子さんは、とても鍛え甲斐があります。まだ小学校にも上がっていないので、今後の数年間でどこまで伸びていくかがとても楽しみです!

 ちなみにこの生徒さんの成果(1ヶ月半で450語)についてはホームページに正確には載せていません。そこまでの成果を知ると、新規で入校される保護者の期待がものすごいものになりそうだからです(笑)。



「自宅で留学レベルの英会話力を身につけるDVD教材」ホームページはここをクリック


公式ページ



2074652_rgb_tate_color





(23:06)

2020年02月10日

このエントリーをはてなブックマークに追加

「今日は何を食べようか?」を英訳すると、どんな英語表現を思いつくでしょうか?

736921

 先日、アメリカ人の知人と会って話をする機会がありました。色々と話しましたが、時間が経って少し食事をとることになりました。

 

そこでどんなものを食べようかという話になり、私がふと、

 
What are we gonna eat?(何を食べようかなぁ。)とつぶやいていると、その知人が、


What are you in the mood for?

と尋ねてきました。

大変久しぶりにその言葉を聞いたので、一瞬「ん?何だっけ?」と思い、少し頭の中を巡らせていると、以前に聞いたことがある表現であったので思い出しました。

831073

一見すると、「What mood(どんな気分)」がセットの表現のような感じがしますが、もともとは、

You are in the mood for 〇〇.
(直訳:あなたは〇〇の気分の中にいる=今日は〇〇な気分だ)
ということで、食べ物の話題なら、
「今日はあなたは〇〇が食べたい気分だ」といった感じになります。

 

その「〇〇」が何なのかということでwhatになり
→You are in the mood for what?何のための気分だい?=何を食べたい気分だい?)、
その
whatが文頭に来た形です。

 日頃からよく話したり、ドラマや映画でも頻繁に見てると出会う表現は多いので、な
るべくたくさん英語を見聞きする必要がありますね。

ということで、今日はちょっとした小話でした。
ではみなさん、また次回に!


「自宅で留学レベルの英会話力を身につけるDVD教材」ホームページはここをクリック


公式ページ



2074652_rgb_tate_color



(21:29)

2020年01月30日

このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨年度から、週に1~2回ほど、通信制の高校で非常勤として英語を教える機会があります。そこには、10年以上、学校で働いていた元ALTの方がいます。ですので、毎週会った時にはいろいろな話をしています。

 

 先日は、スポーツの話題になりました。生徒とバドミントンをしたのですが、遊び半分でやるグループと、試合形式でするグループとに分けました。

 

1592043

 そして、バドミントンはどうだったかということをそのアメリカ人講師に聞かれました。聞かれた表現はHow many games did you have?「何試合したの?」だったので、

I didn’t have games. I just played it for fun.と答えました。

(試合はしなくて、ただ楽しくやっただけだよ。)


そのあとも英語でのやり取りが続きましたが、要約としては次のようなことでした。

 

He: ?? You didn’t have games. So you just watched playing.

ゲーム(試合)はやらなかったの?じゃあ、ただ見てたんだね。

Me: No. I played it with the students.

いや、生徒と一緒にプレーしたよ。

He: But you said you didn’t play the game!
でも試合はしてないって言ったでしょ?


Me: No, but I played.

試合はしてないけど、バドミントンはしたよ。

 

そのやりとりのあと、どうも話が伝わらないので、つらつらと言いたいことを説明すると、その講師が、

Aha, cultural difference!(あー、わかった。文化の違いだね!)

と言いました。

320cce7780627c8fd4f6f1b499dfff87_s


 結局どういうことだったかというと、何グループかに分かれて試合形式でしたグループもいれば、遊び半分でしたグループもいた状況で、私は実際にバドミントンをしましたしたが、遊び半分でやったので、点数をつけたりはしませんでした。
 

 ですが、アメリカ人の彼からすると、そういう状況でも「何試合した」というふうに表すとのこでした。私としては試合形式ではないので、何試合と聞かれても、それはやってないと答えるしかなく、と思っていましたが、「試合をしなかったよ」と答えると、イコール、バドミントンはしなかったと解釈されるようです。


 だから
cultural differenceと言って、そんなところにも、英米と日本との認識の違いがあるようで、そう聞いた時にはとても驚きでした。


 そして、
practiceとかwarm upを使えばいいと言われましたが、practiceでは「練習」になるのでニュアンスが違いますし、2時間もwarm upしたというのも変な感じでしたので、またそれを言ったところ、結局は、
I played around.と言えばいいと言われました。

 そういえば、数カ月前にバスケットボールをした時にも、遊び半分でやったことを伝えた時も、理解してもらうのに時間がかかったことを思い出し、その時も今回と同様のことだったのだと後から理解しました。

 そのバスケについては、I just shot around.と言えばいいと言っていたので、どうもaroundという単語がカギのような気がします。

e02e53e7660e6cb8eed98ec319b7e628_s

 それにしても、いまだに、
I played it just for fun.では、「遊び半分でやっただけ」というニュアンスが伝わらないんだなぁと、不思議に思いますが、とにもかくにも、cultural differenceだそうです。また一つ勉強になりました。



「自宅で留学レベルの英会話力を身につけるDVD教材」ホームページはここをクリック


公式ページ



2074652_rgb_tate_color




(19:54)