2017年06月19日

 こんにちは、tomoです。

 みなさんは、夢をよく見ますか?私はよく見ますし、けっこう鮮明に覚えています。

 なんか仕事に追われている時期は悪夢
(a nightmare / a bad dream)を見ることもあります。そして、英語の勉強を寝る前までしていると、たまに英語の夢を見ます。みなさんも、英語が出てくる夢を見たことがあると思います。今日は、その「英語の夢」についての小話です。

英語の夢

1.大学時代の英語の夢


818110
 私が最初に英語の夢を見た記憶は、大学生のときです。その頃の私の会話力はまだまだだったこともあり、英語の夢を見て起きた時にそのことを思い出すと、ちょっとストレスを感じていました。

 なぜかと言うと、夢の中では、自分の口から英語が全く出てこないからです。おまけに外国人も夢に登場していますが、その外国人が言っている英語らしき言葉も、実際に何と言っているのかわからないことが多かったです。だから、夢から覚めると、なんともフラストレーションのたまる思いがしたものでした。そんな夢を見た覚えが5~6回はあります。


2.英語中級レベルの時の英語の夢

816574
 それから、英語がまあまあ話せるようになったとき、英検でいうと準1級レベルぐらいのときですが、そんな時の英語の夢では、外国人が実際に少し理解できる英語で登場していました。そしてその中で話しかけられている私はと言えば、ほんと~に、かろ~じて、英語でしゃべっていました。

 でもあまりにも、起きている時ほどには話せなさ過ぎて、これまた目覚めた時に、「ん~、なんか冴えない英語だったなぁ。なんか嫌なかんじだなー」と思っていました。そんな時は、英語がもっと話せれば、夢の中でももっと話せるのかなぁなんてよく思ったものです。

3.英会話にかなり慣れた頃の英語の夢

かなり慣れてきた英語
 
 そして今現在は、あまり会話に苦労しなくなり、英語をずっとやってそのまま寝た時は、やっぱりたまに英語の夢を見ます。現在はどう変わったかといいますと、夢の中で、相手が話している英語が、ある程度きちんとした英語になっています。そして自分が話す英語も、けっこうすらすらと言っています。

 しかし、なんかいつも出だしが少し悪い気がしてますが、まあそれなりに意図したことを英語で話しています。そして夢から覚めると、「ん~。久しぶりの英語の夢だったなぁ。でも、自分が言ったあのセリフは、起きていたらこんな風な言い回しで言ってただろうになぁ。なんか夢の中の英語は、ちょっとレベルが下がる気がするなぁ」といった感じです。

 実際に満足するにはまだまだです。「もっとうまくなれば、さらにペラペラと、夢の中でも難なく話せるんだろうなー」と思いながら、そのレベルが、私の夢に関する次の目標です。けれど、達成するにはまだ長い道のりのような気がしています。

 でもこの変化については、面白いなと思います。英語の勉強を継続し、少しずつ実力が上がると、やっぱりそれに比例して、寝ているのに脳が文を組み立てる作業をしてるんだなぁと感心します。

 よく、夢は「記憶を整理している」ということを聞きます。特に英語をやって寝ると、夢の中で脳が英語の記憶をどこかに蓄積しているのでしょうか。ちょっと面白いなと思いつつ、起きていても寝ていても、会話力を上げていきたいと思っている私です。

 みなさんも、英語学習を継続しつつ、次に英語の夢を見た時にはこの話を思い出して、夢の中の変化をお楽しみください。

 ではみなさん、他愛もないお話でしたが、今日も読んでいただき、ありがとうございました!

にほんブログ村 英語ブログへチッ!(^^)   ポチッ!(^^)  
↑↑この記事が「ん~、まずまずかな!」と思った方は
是非応援クリックをお願いします!!
(^^)

「ん~、まだまだだな。」と思った方は押されなくても大丈夫です!(/_;)
また頑張ります✊(._.)  

ありがとう





(19:13)

この記事へのコメント

1. Posted by Tatsuo   2017年06月20日 08:35
いつの疑問に思っていることがあります。
日本で、現在の中学1年生の英語レベルを完全にマスターした場合、イギリス人やアメリカ人の平均的な子どもの何歳レベルなんでしょうか。
なた、東南アジアの若者の英語レベルはかなり高いと感じていますが、どう思われますか?
フィリピンは特別高いですが、マレーシアやベトナムも高いですね。
2. Posted by tomo   2017年06月20日 20:08
 Tatsuoさん、こんにちは。コメントありがとうございます!
 コメントに対する回答ですが、けっこう長くなりそうですので、是非、ブログ記事の中でお話したいと思います。今日は、東南アジアの英語について記事を挙げます。
 中学校1年生の英語レベルを完全マスターした場合については、その次のブログ記事で取り扱いたいと思います。これについても、ちょっと一言では語れない内容になると思いますので。
では、是非アップした記事をご覧ください。
今後も気軽に当ブログを訪れてください!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字