2017年09月03日

 こんにちは、tomoです。

 今日は前回に引き続き、発音についてお話します。

 今日は、「機能語と内容語」についてです。これは主に英語を読むときの強弱のつけ方になります。
 

1.機能語・内容語とは

040de38b0422b5044b0cdf082ff9a124_s

 英語の「機能語は、おおまかに言うと、言葉の中で重要な情報ではない語のことを指します。

 主に、
代名詞(he / she / them)、助動詞(may / can / does)、冠詞(a / the )、前置詞(in / on)などがこれにあたります。

 この機能語は、重要な情報ではないため、英語の強弱でいうと、「弱」にあたり、弱く読むことになります。

 
そしてこれとは反対に、「内容語」というのは、聞き手が必要とする情報であり、名詞、形容詞、動詞などがこれにあたります。そしてこれが英語の強弱でいう、「強」になり、強く読まれる部分になります。 

 

2.機能語は弱く、内容語は強く読もう!

 

c4aa4ed8497109ad26132a02daf45a6d_s

 今説明しましたように、
センテンス内の強弱(リズム)では、機能語を弱く、内容語を強く発音していくことになります。

 
ではみなさん、次の文を、いつも言っている感じで、一度声に出して読んでみてください。

 
He came to the park with his sister.

 
いかがでしょうか。

 
では、このの機能語と内容語を区別してみます。次の下線を引いた部分が内容語であり、何も引いてない語が機能語」になります。

 
He came to the park with his sister.
  ★音声→http://blog.livedoor.jp/iecafe_english/録音1.mp3

 
ということで、下線を引いた太字の部分(came, park, sister)が強く読まれ、下線を引いていない残りの単語は、弱く読まれます。少し意識をして言ってみてください。


3.to」と「two」,「for」と「four」の発音の違い

831073
 
 では次の語句を声に出して言ってみましょう。

He went to two different buildings.(二つの建物に行きました。)

She cooked it for four people. (4人の人にそれを作りました。)

 さて、うまく言えましたでしょうか。

 
1つ目の文章の「to」と、2つ目の文章の「for」は、どちらも前置詞ですので当然弱く読まれます。

 ですが、「to two~」の部分と、「for four~」の部分は
日本語のカタカナで表すと、それぞれ「トゥー トゥー ~」や「フォー フォー~」のように、同じ長さで読まれがちですが、そうではありません。

 
読まれ方としては、「トゥ トゥー 」、「フォ フォー」というように、
to」と「for」は大変短く、なおかつ弱く読まないといけません。


4.今日のまとめ

690567

 機能語と内容語についてお話しましたが、「これは機能語だ、これは内容語だ」と、一語一語考えていると、スムーズに読めません。

 ですので、そこまで「区分け」を気にするのではなく、とにかく、
he,
she, in, on, atなどの「代名詞と前置詞」あたりを弱く読むように言っていると、なんとなく強弱のコツがつかめてくると思います。

 
そして、前回の「リエゾン、脱落音」、そして今回の「機能語、内容語」を意識すると、次のセンテンスはこんな感じで読むことができます。

 
He sent it to New York.

 
ヒ センティッ トゥ・ニュヨー
  音声→http://blog.livedoor.jp/iecafe_english/音声②.mp3

 
とにかく、こんな感じに読めますね。こう見ると、英語は「リエゾン、脱落音、強弱音」のオンパレードですね。

 
言葉で説明すると長くなり、ちょっとややこしく見えますが、とにかく少し慣れてくれば案外大丈夫だと思います。

 
ということで今日は、「機能語と内容語」についてでした。

 

では、今日もここまで読んでいただき、ありがとうございました!

にほんブログ村 英語ブログへチッ!(^^)   ポチッ!(^^)  
↑↑この記事が「ん~、まずまずかな!」と思った方は
是非応援クリックをお願いします!!
(^^)

ありがとう 英語



【合わせて読みたい記事】

「発音が悪いと通じない」はホント(>_<)、「パスタを食べた。」が「牧師さんを食べた!」に聞こえちゃう!(通じる発音はこれ!!)

http://blog.livedoor.jp/iecafe_english/archives/2017-05-31.html
音読がスピーキング力アップにつながると思ってしまう落とし穴
http://blog.livedoor.jp/iecafe_english/archives/2017-05-27.html
「音読」の最も効果的なやり方(会話力につなげる正しいやり方)
http://blog.livedoor.jp/iecafe_english/archives/2017-05-28.html

【英語学習お悩み相談】
 日頃の英語学習で、うまくいかないことも多いと思います。そんな時は、お気軽にメッセージ欄からご質問下さい(PCは画面左側のメッセージ欄に、スマホは画面一番下のメッセージ欄に)。ご質問内容は公開されませんので、お気軽にどうぞ。こちらから返信する際には、ご質問者様のお名前とメールアドレスが必要となりますので、ご注意下さい!時間の許す限り、お答えしたいと思います。



(17:53)

この記事へのコメント

1. Posted by Tatsuo   2017年09月04日 07:41
音声付きとは、なかなかいいですね。
2. Posted by tomo   2017年09月04日 13:08
iPhoneに声を録音して、それをuploadする方法がどうにか分かったので、試しにやってみました!
3. Posted by Tatsuo   2017年09月04日 14:08
この手は、使えそうですね。
4. Posted by sara2sara22   2017年09月04日 14:08
tomoさん、こんにちは。

こんな風に音声が聞けるとすごく参考になります。
それにしても、tomoさんの声はステキですね。
ネイティブみたいに聞こえます。

前回のリエゾンについてですが、以前何回か聞いて、そのまましまいこんでいた良い教材がありました。
映画英語のリスニングCD付きで、スクリプトも付いているものです。
これでしたら、スクリプトを見ながら聞いて、慣れれば、いろいろ使えるので勉強になります。
いろいろありがとうございます。
5. Posted by tomo   2017年09月04日 20:46
saraさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
自分のネイティブ英語への道はまだまだこれからです。

CD付きで、スクリプトがある教材は復習がしやすく、継続すると効果がありますね。前に買った教材や本で、自分の中での掘り出し物がたまに見つかることがあります。

学習のお話、また聞かせてください。
是非頑張られてください!
6. Posted by tomo   2017年09月04日 20:48
Tatsuoさんへ。
また後日、必要な音声はアップしたいと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字