2017年12月07日

 こんにちは、tomoです。

 英会話の練習を始めて、ある程度よく使うフレーズを覚えた後には、様々な壁にぶつかることがあります。
 その一つとして挙げることができるのは、英語には主語と目的語がほぼ毎回しっかりと表されている反面、日本語の場合はかなりの頻度で、主語や目的語、時には動詞さえ抜け落ちているところです。
 

e0e4b2a2fb11e0ba670758d38920b20f_s

 日本語は本当にたくさんの言葉が抜け落ちますね。そのために意味も曖昧になりますが、日本人同士はそれで十分なことがよくあります。でもそれを「英語に訳して!」と言われると、難しく感じる時もあります。少し例をあげます。

①「もし何かありましたらスタッフまで。」


②「買うか買わないかはあなた次第ですよ。」


 上の2つの文章ですが、みなさんならどのように訳しますか?
 
 ①「もし/何かありましたら/スタッフまで。」←この文章を単語だけで変換すると、
「if /
something happens/to our staff member」になります。


 また、
②「買うか買わないかは/あなた次第ですよ。」←この文章だと、

if / buy or not / depends on you.」になります。

 
でも実際には、
if something happens,
inform our staff member of it.」
また、
It depends on you if you buy it or not.」となります。


 赤色で示した部分が、日本語では抜けているため、正しく伝えようとすると、話者が自分で判断して、単語を補う必要がありますね。

446211

 これはまだ簡単な例ですが、「英語に訳して!」と尋ねられた時には、「もっと単語を補う必要があるもの」や、「前後関係まで補足説明をする必要があるもの」などがでてきます。これが、「第三者の言葉を訳すときに苦労する点」だと思います。なぜなら、話す時には、瞬時に言葉に出していく必要があるので、瞬時の判断力を要するからです。

 英語に慣れるまでは、「ひとり言英会話」や「口頭英作文」の際に、示されていない言葉をしっかりと考えて英語に訳すのに大変苦労します。

2afee5ab2ebc5ab4c93b763d700a272f_s

 言語が違うということは、「単純な単語の変換作業」だけではおさまりません。そこで「あ~、も~っ!!」と言いたくなるかもしれませんが、地道に継続していくしかありません。その壁をひと越えすると、また新たな世界が待っているはずです。英語学習にストレスはつきものですが、とにかく頑張っていきましょう。

 

 ではみなさん、また次回に!

 
にほんブログ村 英語ブログへチッ!(^^)   ポチッ!(^^)  
↑↑この記事が「ん~、まずまずかな!」と思った方は
是非応援クリックをお願いします!!
(^^)

ありがとう 英語


【twitter ツイッター】
https://twitter.com/iecafe_english


【合わせて読みたい記事】
誰も教えてくれない「英語フレーズを暗記しただけでは話せるようにならない(>_<)」事実! (覚えた英語表現を「使える」ようにする練習方法)~必見~
http://blog.livedoor.jp/iecafe_english/archives/2181058.html
どっちを取る? 「会話力を身につける」or「英語の資格をとる」
http://blog.livedoor.jp/iecafe_english/archives/2241103.html 
「教材なしで英語を鍛錬する」とは?
http://blog.livedoor.jp/iecafe_english/archives/4909080.html

 

 

 



(19:29)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字