2018年01月06日

このエントリーをはてなブックマークに追加

 こんにちは、tomoです。
 どの言語においても、
表現は何十万と存在します。ほんとに気が遠くなるほど多いです。だから英語学習をしていると困るんです。

こんなに覚えてもまだまだ言えない表現がたくさんある。もういやだ~(>_<)

1dd8581a2c6a92fa7bcf29d93b08acce_s

 
これまでも色々と書いてきましたが、「日常会話程度」と言っても、とても範囲が広すぎて、いつまで経っても自分の英語が上達していないように感じたりすることがあると思います。ほんとに辛いですよね。そして私たちは「大人」なので、「英語表現を学ぶ」と言った時には、ついつい「大人の表現」を探しがちになります。

「大人の表現」=「教養のある表現」=「単語も含めて小難しい表現」

 でもネイティブの英語を聞いていると、ホントに簡単な単語や表現が並んでいますよね。これには本当に驚かされます。ずっと聞いていると、「こんなに簡単な単語なら、自分も同じぐらい流暢に言えそうだ。」と思いますが、なかなかネイティブのようには言えないものです。

 
なぜ言えないのか。それはいかに簡単な表現でも、それらの表現に慣れていないからです。その英単語の「組み合わせ方」を知らないし、一度も言ったことがないので、どんなに簡単な表現でもスラスラとは出てこないのです。

簡単な表現こそネイティブは使っている!
 
a9ea92e3f0166745c6fb852753cb69f3_s

 
今日の記事で言いたいこと、お薦めなことは、是非「ネイティブが使う簡単な単語による表現」をたくさんインプットしましょう!ということです。そうです、「大人が使う小難しい表現」ではなく、「大人も子どもも関係なく使える簡単な言葉の組み合わせ」こそ優先してインプットしていきましょうということです。

そのためにやることは、
①難しい表現を、あえて簡単な言い回しで言う練習をする。
②簡単に言い表された表現を発見したら即インプットする。

この2点です。
①については、難しい表現に出会う度に、「小学生の子どもに伝えるとしたらどう説明するだろうか?」という視点を持っておくとわかりやすいと思います。

e02e53e7660e6cb8eed98ec319b7e628_s

 
例えば、以前、「縦と横」って英語で何て言うんだろう?と思ったことがあります。辞書で調べると、「vertical」や「horizontal」のような単語が出てきました。

 
「う~ん。日本語ではタテとヨコなんて簡単なのに、英語はやたらと難しいなぁ。」と思いつつも、
「幼稚園や小学校1年生にも、外国では
vertical horizontalなんて言うのかなぁ。いや絶対言わないだろう。」と思いました。そしてふと思い出す度に、疑問に思っていたので、一度ネイティブの人に尋ねたことがあります。

私:“Does it sound funny if I use the word  vertical or horizontal
 to describe a vertical line and such.
(「横の線」とか言いたい時って、 verticalとか horizontalなんて言っても変には聞こえないの?)

ネイティブ: Nope. It is correct.(いや、正しいよ。)

私:(う~ん、ホントに~?)そこで、
Even a kindergartener uses that kind of difficult word?
幼稚園の子でもそんな難しい単語使うの?)と言うと、

ネイティブ: Um, no, maybe they say longways and  sideways.
(うーん、いや、longways とかsidewaysって言うね。)

私:Wow! Thats what I was talking about!
(それそれ!それを言ってたんだよー。)

 
ということで、longways やsideways という、とっても簡単な言葉が使えることが分かりました。ほんとうに簡単ですよね。でも辞書では探せなかった。聞かないとわからない、または、出会わないとわからない。

「店に持って行って取り替えてもらおう」は英語で何て言う?

 

982391

 では、先ほどの②番についてですが。
 簡単に言い表された表現を発見したら即インプットしましょう。自分で考えた英文も正しければ意味は通りますが、なるべくネイティブ表現の方がいいですよね。
ではみなさんに質問です。次の表現は、どのように英語で言いますか。

 
店に持って行って取り替えてもらおう」

 
普通に学校で習ってきたような英語で表すと、
Ill bring it to the store and exchange it.
または使役動詞が思いついたら、
Ill take it to the store and have it replaced.です。
すが、ネイティブの人の中には次のような表現を使う人もいます。

Take it back to the store
and
have them give you another one.


 
こんな表現を見ると私は目が輝きます。単純に「すごい!こんな表現が言いたい!」と思ってしまいます。赤で示した単語backがあると、「店に戻る」イメージがわいてきますね。そして同じ使役動詞でも、have them give you themは、「店員さん」を表しています。

07c47fd8d6cc0a893a5082c477c785e8_s

 直訳すると、「店員さんにもう一つ別のやつをあなたに渡すようにする」ということになります。日本語では「自分が取り替えてもらう」というイメージなのに、英語ではきちんと、「
them彼ら」=「店員さん」が単語として登場するわけです。しかも「取り替える」が簡単に「give you」になっています。

 
「そんな発想できない!(>_<)」と言いたくなりますが、出会った表現をた~くさんインプットし、そして使っていくことで、あなたの頭の中にも「簡単に表すネイティブ表現」=「ネイティブの発想」が身についてきます。


982592

 
私も以前は、「難しい単語と硬い表現を途切れとぎれ」で話す感じでした。しかし今は、「簡単で小学生でもわかる英語表現をよどみなく話すこと」に憧れているので、なるべく平易な単語を好んで使うように心がけてきました。みなさんはどうですか?「大人なのに小学生が使うような簡単な表現」は嫌いですか?

 
でも毎回スピーチをしているわけではないので、普段は簡単な単語で、気負わずに話す方がいいのかなと、私は思います。

 
ということで今日は、「ネイティブの発想はインプットから始まる!」(やわらかい表現をインプットしてペラペラを目指そう!)について書いてみました。私もこのあと、またインプット&アウトプットをやっていきます。

 
では今日もここまで読んでいただき、ありがとうございました!

f5c53f383a3bee3c1cd5e696109e3968_s

にほんブログ村 英語ブログへチッ!(^^)   ポチッ!(^^)  
↑↑この記事が「ん~、まずまずかな!」と思った方は
是非応援クリックをお願いします!!
(^^)


【twitter ツイッター】
https://twitter.com/iecafe_english


【合わせて読みたい記事】

「あなたの英語が流暢になる」最善の方法はこれ!(ペラペラになりたい人は必見です!)
http://blog.livedoor.jp/iecafe_english/archives/2017-07-13.html

日本語を英語にするときに苦労すること(他人の言葉を通訳する時に苦労すること) 

http://blog.livedoor.jp/iecafe_english/archives/5558099.html

英会話力アップに効果的な4つの学習法
http://blog.livedoor.jp/iecafe_english/archives/4099436.html










(20:59)

この記事へのコメント

1. Posted by tatsuo   2018年01月09日 18:49
私の場合、文法的に正しくない文であったり、検定では×の英語であっても、かまわないと考えています。
コミュニケーションがとれればいいと思って練習しています。
日本語でいえば、何処の方言がまじっても、話せればいいという感じです。
英語の指導者でもなく、リーダーでもないからです。
まだまだ、初歩のレベルですから、難しい単語は知りませんし、使いません。
2. Posted by tomo   2018年01月09日 22:12
多少の文法の間違い等はあまり気にする必要はありませんね。
(間違いが多々あるけどペラペラ英語)>(間違いがないけどたどたどしい英語)
相手に意味が伝わらないほどの間違いは困りますが、多少間違っても、通じるときの方が多いと思います。スラスラと言う練習をずっと行っていくだけですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字