2018年05月13日

 みなさん、こんにちは。

 
ここ最近は、新たな仕事の準備に追われ、起きてから寝るまで、その仕事にかかりきりで、英語に触れる時間が激減しています。この生活があと2ヶ月ちょっと続きそうな気配です。

c23ed4d16b2362053ebcfd8a6db6552e_s

 
さて、話は変わりますが、みなさんは、色々な人の英語学習法などを本やネットで、見たり読んだりされるでしょうか。


 私は学生時代、時間があると、図書館の英語の書籍コーナーに行き、しっかりとした英語力を身につけた著者の本をよく読んでいました。単語を少し覚えたらそれらの本を読み、英字新聞を読んだらそれらの本を読み、リスニングをしたらそれらの本を読み、という感じで、英語の学習時間よりも、英語で大成した人の本を読んでいる時間の方が長いときが多かったです。

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

 
それだけ、モチベーションを維持しようとしていたのか、成し遂げられていない自分の英語の実力を、その著者の実力と照らし合わせて、自分の英語力もいつかその域に達したいという夢を見ていたのでしょう。

いずれにしても、気合いばかりで、実質的な学習量は多くなかったのかもしれません。

 
それから、それらの本を読んでいると、著者によって重点を置いている箇所がさまざまです。

「音読」に重点を置いている著者、「会話本の丸暗記派」の著者、「TIME読破派」の著者、「とにかく英語で一人でしゃべり倒す派」の著者等々、いろんなスタイルの方々がおられました。そのたびに、自分も真似をしてみたのですが、なかなかうまくいくものがありませんでした。

 

eacc8b222015ede0905591f161cbc3c8_s

 著者の方々が皆、自己分析が上手いとは限りません。

 実体験をもとに、おそらく真実だと思って書いているのでしょうが、実際には重点を置いたもの以外の作業も、英語力アップにつながるものを何かしらされていたのではないかと思います。

 読む側としては、何か一つに特化したような書き方を見ると、「音読がカギなんだ!」とか、「会話の丸暗記がカギなんだ!」と思いがちですが、本当に力をつけている人は、やはり、大量に英語を聞いて、大量に英語を使って、大量に英語を読んでいるということは言えると思います。

 その「大量に○○をやる」という部分を軽視してしまうと、何事も大成しないかもしれませんね。

 

676611

 一人で学習を進めていると、見えない壁に何度もぶつかり、そして忙しさを言い訳に、サボっていることもあったりしました。ですが、「あー、もっと勉強していればよかったなぁ。」と、きまって、後のちに後悔するものです。

 その後悔をしなくてすむように、忙しい中にも、勉強する隙間時間を作っていきたいなぁとも考えているところです。

 

 なかなかblog更新もままならなくなって来ました。この忙しい時期を乗り切るまでは、なかなか更新できないかもしれませんが、ぼちぼち書いていきたいと思っていますので、時々訪れていただくと幸いです。

 

 では皆さん、また英語学習がんばられてください。

 

 では今日も読んでいただき、ありがとうございました!

 


にほんブログ村 英語ブログへチッ!(^^)   ポチッ!(^^)  
↑↑この記事が「ん~、まずまずかな!」と思った方は
是非応援クリックをお願いします!!
(^^)

ありがとう 英語

【合わせて読みたい記事】
英会話表現集」で勉強する際のコツ ★音声付き★
http://blog.livedoor.jp/iecafe_english/archives/2017-09-23.html
覚えた単語や表現がスラスラと出てこない一番大きな理由!
http://blog.livedoor.jp/iecafe_english/archives/2017-08-01.html

「資格試験の勉強をすればするほど、会話力が落ちてしまう落とし穴!」&「資格試験と上手に付き合う方法 」
http://blog.livedoor.jp/iecafe_english/archives/2315452.html
「あなたの英語が流暢になる」最善の方法はこれ!(ペラペラになりたい人は必見です!)
http://blog.livedoor.jp/iecafe_english/archives/2017-07-13.html

英会話力アップに効果的な4つの学習法
http://blog.livedoor.jp/iecafe_english/archives/4099436.html

「独り英会話」の成果が発揮された出来事
http://blog.livedoor.jp/iecafe_english/archives/6421921.html




(17:02)

この記事へのコメント

1. Posted by Tatsuo   2018年05月20日 08:54
何かに特化しただけでは、英語がマスター出来るとは思えません。
特出したものがあって、それを支える基盤が必要なことは納得です。
英会話入門から5年間、その時、その時の自分のレベルによって練習法が変わってきています。
現在、「とにかく話すことがレベルアップにつながる」と考え、その機会を十分用意しています。
1週間にスカイプで話す相手が10人出来ています。
ですが、もたもたした英語で話していて、話も途切れ途切れです。
これに負けないで、継続して行きたいと思っています。
2. Posted by tomo   2018年05月20日 23:53
その時々のレベルに応じて学習法は変わってきますね。
仰られるとおり、話すことに関しては、「とにかく話すこと」が、一番重要ですね。
話す練習が少ないのに話せるようになるとは、やはり思えませんね。
自分も、時間に追われて、英語でのひとり言が少なくなると、英語を話す調子悪さを感じます。

1週間で、スカイプで話す相手が10人もいるんですね。極端な話でいくと、10人に同じ話題をしたら、同じ練習が10回できますね。
3. Posted by Tatsuo   2018年05月21日 06:45
そうなんです。
comfortableが覚えられなくて、何人もの人に使いました。
"I feel comfortable."
それで、この文をしっかりおぼえました。
4. Posted by tomo   2018年05月21日 17:49
回数をこなしていくと、それが経験を積んだことになり、
どんどんと表現が定着しますね。
難しい単語や表現には、回数を重ねることがカギとなりますね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字