いえづくり教習所所長のblog

「人は皆、自分のクリエイティブを発揮すべきである」という信念のもと、 開所したいえづくり教習所. 毎年8月、高知の海辺にて開催!

DSCF9239
みなさん
一生懸命つくっております。



つくってるのはこれ。
DSCF4559

材と材の接合部。

ふたつの材が
角度をもって接合するものを
仕口(しくち)

まっすぐに接続するものを
継手(つぎて)

といいます。

実技考査は
この仕口をつくります。

きちんとつくれば
90度になって
差し金をあてても隙間があきません。

しかし
このきちんとつくるのがなかなかたいへん。

30cmはなれたところで
1mmの隙間があいてしまうとアウト!



ひとつつくるのに
早くて1時間

遅くて3時間くらいかかります。

そんだけ時間かけて完成しても
隙間がおおきければアウト!

過酷なテストです。

判定するのは吉田棟梁

DSCF9240


DSCF9241


合格者は長い材へと

不合格者はひたすら短い材と向き合います。


DSCF9225




DSCF9386

材のまがりは
おまんのこころのまがりぜよ!

DSCF9178


2日目から
参加者は
実技にはいっていきます。

いえをつくるのに
必要なのは

もちろん
大工技術

だれが
どんだけできるのかは
最初は
まったくわかりません。



最初は
作業台となる「馬」を
チームにわかれて
つくってもらいます。

uma
チームAの馬と
チームBの馬





この段階で
みんなの実力をチェック。



そのあと

ひとりづつ
角材を
のこぎりで
まっすぐに
切ってもらいます。


角材のサイズは90角
ひとり1mを切り取ります。

DSCF9196

まっすぐ

DSCF9197

ひたすらまっすぐ

DSCF9195

さらにまっすぐ

DSCF9199

そしてまっすぐ

DSCF9193

だけどまっすぐ

DSCF9198

どんだけまっすぐ

DSCF9229





うまれてはじめて
のこぎりを使う人もいて

かなりたいへんそうだったり。

でもたいへんなのは
これから

この角材をつかって
実技考査となる「仕口」
つくります。

つかう手道具は

のこぎり
げんのう


そして


のみ

DSCF9384
さびとるがあ~



この「仕口」づくり

合格した人から

実際の家につかう部材を刻んでいくことができます。




ここに
ドラマがうまれるんですな~。



つづく

全員
これが二期生のみなさんです!


ひとりだけ
一期生おるけども



イケメン男子~

イケメン女子~

イモテン女子~


いっぱいいるやんか~





というわけで



全国から14名

集まりました!


DSCF9166

駐車場たっぷり。




東京

千葉

神奈川

広島

滋賀

岐阜

大阪

静岡

愛知

福岡

香川

京都

東京

高知


DSCF9167



このなにもない田舎町を

BUNTANHOUSEから

YASUDABASEまで

(徒歩10分)




一か月間

ねり歩きます。




DSCF9164

DSCF9164


氏神様にも

ごあいさつ。


DSCF9168

DSCF9169


(ケガしませんように~)



保険かけてるけど。





このイケメンたちが

この夏のドラマを

つくりますぜよ!



でも
顔出しNG
5人もいるし


独身女子ふたりやし


BUNTANHOUSE
いけるのか~!?

↑このページのトップヘ