家二郎のヘミシンク備忘録

ヘミシンクによる精神世界探求

2009年06月

ヘミシンクCD

本日、ヘミシンクCDが届きました。早速、F10を体験。本日のガイドさんは、インディアンミュージック or ポリネシア風ミュージックでした。聞いたことがない曲です。左の耳から聞こえ出して、一定のペースでベースのような、太鼓のような音でリズムを刻んでいきます。あと、子供の歌声。じっくりあせらず、前に進めて行こうと思います。
本日のシンクロニシティですが、子供の留学ビザがその場で下りました。通常3週間くらいかかるそうですが、その場で下りたそうです(エージェントさんいわく普通ありえない)。留学日までに、ぎりぎり間に合うかと心配していたのですが、ガイドさんに感謝です。これを偶然と考えてしまわないように。この世に偶然ということはないのです。こういう、小さいことを一つ一つ拾っていくと、驚愕の世界が展開されていることを、深く理解することになるのです。

今朝方、不思議な夢を見ました。体外離脱している夢です(笑)。すごくリアルで、例の全身がバイブレーションして、すると、右手がズルっと(ここすごくリアル)ずれて二つに見えました。背中に誰か張り付いて(怖)、見るとうちの奥さん(笑)。でも、朝起きると娘でした(??)。昨晩、娘がネガティブなことを言っていたので、「14歳でネガティブ思考はよくない。人間に不可能なことは無いのだ」と話していたのですが、夢で背中に張り付いていたときに、お父さんの超ポジティブエネルギーを注いでおいたので(注ぐというか、何だかエネルギー交換しているような感覚)、大丈夫でしょう(笑)。

ヘミシンクCD購入

本日、「ゲートウェイ・エクスペリエンス」発注しました。

ヘミシンク初体験!

今日は、朝からヘミシンクのセミナーに行ってきました。ついこの間まで、ヘミシンクとアムウェイの違いも解らなかった私。アクアヴィジョンアカデミー(http://www.aqu-aca.com/)という、モンロー研究所公認トレーナーが社長をしている会社が主催するセミナーで、その「基礎コース」を受けたのです。神楽坂の3LDKほどのマンションを改装した会場で、15名定員のセミナーだった(満席)。男性4名、女性11名の比率。この手のメンタル系のセミナーは、やはり女性が多いのだろうか。妙に納得。オリエンテーションで言っていたのだけれど、このビルのオーナーは、ビル建設の際、四隅に水晶を打ち込んだとの事。その所為か、メンタル系のセミナー等を主催する会社が多く入っているのだとか。ミーティングルームでオリエンテーションを受け、いよいよF10(フォーカス10)を体験する為に、場所を移動。15人分のマットが敷いてあり、カーテンで仕切られているリビングルームだったのだろう部屋で横になってCDを聞く。最近のヘッドフォンは、コードレスなのかと妙に納得。以下は、本日の感想というか、体験談。

<オリエンテーション WAVE? #1>
メンタルツールを作る。頭の中で想像した雑念を入れる箱を作成するのだが、一種の暗示か。そんな箱が何の役に立つのか、とか、馬鹿にしてはいけないそう。あっちの世界では、想像=創造なので、この世よりダイレクトに影響するらしい(この世も、実は想像=創造なのだが、なにぶんタイムラグがある)。このあたりから、拒否反応を起こす(「くだらん」、という条件反射(笑))理系の方もいると思うが、昔おままごとをやっていた頃を思い出して、純な心で取り組んでください。私は一応、厚さ1cmのアルミの板で囲まれた、上部に蓋のある箱、を想像した。
次に、「レゾナントチューニング」を練習するのだが、これは実際に、「あー」とか「うー」とか、母音を声を出して唸る作業。体のアストラル体を共鳴させるのが目的とのことで、ちょっと恥ずかしい。家でこれやると、「お父さんどうしちゃったの?」状態になるでしょう(笑)。家族の理解がいります。現実問題どうしようかなぁ。車の中でやるとか、工夫が要りますね。
最後に、宣言(アフォメーション)。これは、マントラ瞑想でもそうなのだけど、願いを成就させる為に、具体的にどうするのか、宣言するのです。

自分は誰。
こうなりたい、こうする。
なったらどうする。
感謝。

これは、マントラ瞑想なのですが、ヘミシンクだと、

私は肉体を超える存在である
探検・探索がしたい(願望)
奉仕します(願望が叶った結果)
助けてください
ありがとう(感謝)

となります。あっちの世界にいろいろとお願いするときの黄金率なのですね。あと、願望を現在形であらわす必要があるそうです。これは、「神との対話」に出ていましたね。「お金が欲しい」という願望を言うと、この状態が成就されてしまう。「欲しい」という状態は、現在「ない」状態なわけです。なので、「私はいくらいくら稼ぐ」とか言うのです。そして稼いだらどうするのか。一部を寄付するとか、宣言することが重要。「ユニセフに募金する」とか、社会奉仕も目的の一つに入れないと、成就しないようです。

<フォーカス10序章 WAVE? #2>
いよいよ、あちらの世界へ。だいじょうぶか?(笑)。「レゾナントチューニング」
で、アストラル体が共鳴しているのがわかる。次第に、全身がシビレる。この状態は何かに似ている..そう!瞑想が完璧にキマった状態だ。瞑想だと、いろいろ雑念が入るので、この状態の維持が難しいが、ヘミシンクだと強制的に脳波をいじくっている所為か、状態の維持に努める必要は無い。瞑想中にある、「ギャップ」感もあり、アメーバ(ビジョンの残像?)も、うじゃうじゃいる。これはすごい!マントラ瞑想法も、習得までの期間が短く、3週間ほどで結果(シンクロニシティとか)が出るそうだけど(実際私も出た)、ヘミシンクだと一発ですねぇ。これは、期待大です。実は、F10に行く前に、アフォメーションで、「ガイドさん(守護霊)に会わせてください」と入れていたのですが、実際どうなったと思います?...いらっしゃったんですよ、これが。俄かには信じがたいでしょうが、これは体験しないとわからないです。「私を信じろ」では、そりゃ宗教ですよ。でもヘミシンクは、誰でもCD買って聞けば、体験できるんです。坂本社長(主催者)の本にもありましたが、「信じる」のではなく、「知る」のです。
で、ガイドさんをどう知ったか。ビジョンじゃなくて、とても粋な登場のされ方でした。カントリーフォーク系の音楽での登場です。ジョンデンバー風の曲(曲名不明)でした。レースクウィーンとか期待していたのですが(笑)、どうやら私のガイドさんはカントリー系のミュージシャンらしいですね。このお方が、私なんかを49年間も見守っていていただいたのかと思うと、感謝の念がたえませんでした(涙)。ありがとう。もっと上のフォーカスに行ったら、ギターを教えてもらおうっと(笑)。

<リーボール WAVE? #3>
これは、F12より上に行く際のバリアを作るレッスンです。これの意味は、あちらの世界で悪い影響(お化けとか(笑))を受けない為のバリアだそうです。F12は既に物質界ではないのです。怖〜。全身を廻るエネルギーをイメージして、バリア作成。おままごと、おままごと(笑)。このあと、F10->C1(地上)->F10->C1のレッスン。また、ガイドさんがカントリーフォークで登場。が、隣のおじさん(私もおじさんですけど)のイビキがすさまじく(笑)、聞き取れない(悲)。何だかお隣さんはほとんど昼寝に来ている状態(笑)。

<フォーカス12への入門 WAVE? #1>
いよいよ未知の領域に突入です。F10までは、マントラ瞑想で体験していました(ガイドさんには会っていませんが、ビジョンまで見ています)。箱とかリーボールとか準備して、F10経由でF12に突入!確かに、F10とは違うかも(ビミョー)。もっと領域が広がった感じで、皮膚の境目がなくなったというか、不思議な感覚です。でも、体外離脱を期待していたのですが、できなさそう。以前、瞑想中というかお祈り中(笑)に、全身バイブレーションに覆われ、額のチャクラが震えだして、怖くなってやめたことがあるのですが、体外離脱一歩手前の状態がこのような状態であると、モンローさんの本に書いてありました。なので、あのときの感覚とは少し違うかな、と。何故か、ドンドンと荒々しく人が歩く音が...で、出た〜(怖)!ひ、ひえ〜。後でわかったのですが、上の階の人が本当にドンドンしていたそうです(笑)。お化けかと思ったじゃねーか!
で、F10<->F12を繰り返してC1に帰還。

<5つのメッセージ WAVE? #2>
F12で、ガイドさんから「今自分にとって重要なメッセージ」を5つもらうセッションだそうです。例によってF10経由でF12へ。ビジョンとか、お告げとか(笑)期待していたのですけど、何も無い。心に思い浮かんだことでも良いとの事だったので、順位の低い順からメモメモ。

5.犬
4.サッカー
3.FX
2.家族
1.ハートチャクラ

1.以外は、思い浮かんだことです。1は丁度心臓の上に重い本が乗っている状態というか、本当に乗っているのではないかと確認したのですが、何も乗っていなかったのです。この状態がF10に戻るまで続きました。3の意味はよくわからないのですが、それ以外は家族に対して愛情が足りないのかな、と。思い当たるふしどころか、まさにその通りかも。一つ一つ解決していきます(反省)。ダメなお父さんだなぁ。

ヘミシンク体験前日

 もともと理系の左脳人間だった私。人生の半分を過ぎたところで、一度自分の人生を振り返ろうと、山に篭り、反省と懺悔の念で新約聖書を初めて読んだ。大いに感銘し、感動した箇所もあったが、興味をもてない箇所(使徒行伝以降)があったのも事実。その中で、とりわけ心に引っかかり、「知りたい」と強く感じた文節がある。

マルコによる福音書4章
33 イエスはこのような多くの譬で、人々の聞く力にしたがって、御言を語られた。
34 譬によらないでは語られなかったが、自分の弟子たちには、ひそかにすべてのことを解き明かされた。

「密かに全てのことを解き明かされた」とは、何を伝えたのか?新約聖書に納得のいく答えはない。牧師に聞いても、納得いく答えはない。そもそもナザレのイエスは、そのことを伝えるために宣教活動に入ったのではなかろうか?私の知的好奇心は、その1点に集約された。するとどうだろう。「求めよ、さらば与えられん」は真理である事がわかった。以下の順で、読むべき本がとりなされた。

[トマスによる福音書]
これは所謂聖書外伝である。異端の書としてキリスト教では排除されている。その書の中に、

「イエスが言った、「もしあなたがたを導く者があなたがたに「見よ、御国は天にある」」と言うならば、天の鳥があなたがたよりも先に(御国へ)来るであろう。彼らがあなたがたに、「それは海にある」と言うならば、魚があなたがたよりも先に(御国へ)来るであろう。そうではなくて、御国はあなたがたの只中にある。そして、それはあなたがたの外にある。あなたがたがあなたがた自身を知るときに、そのときにあなたがたは知られるであろう。そして、あなたがたは知るであろう。あなたがたが生ける父の子らであることを。しかし、あなたがたがあなたがた自身を知らないなら、あなたがたは貧困にあり、そしてあなたがたは貧困である」」

「御国はあなたがたの只中にある」「あなた方は生ける父の子」ということだと、教会の存在価値、キリストの三位一体は否定される。そもそも、西洋のキリスト教と称するものは、ローマ帝国が作り出した物語で、壮大なビジネスモデルなのではないか?真理は、トマス書のイエスがいっていることにあるのではないか?という、疑惑の念に駆られた。

[ワープする宇宙/リサ・ランドール]
とうとう、5次元世界が天才物理学者、リサ・ランドール博士により数学で証明された。「あの世」の存在が証明されたのである。これは、オカルトではなくサイエンスである。

[神との対話/神との友情]
神とチャネリングしたという衝撃の書。

[チョプラ博士関連の本5冊ほど]
理屈が「神との対話」に書かれている内容に等しい。

[チャクラ関連の本数冊]

[モンロー研究所関連の本数冊]
科学的に体外離脱を実現し、その先にある非物質世界を探求する。

チョプラ博士関連で、瞑想を学び、シンクロディステニーの実現に驚愕した。さらに、チャクラを開くすべを探求中に、モンロー研究所のヘミシンクテクノロジーに出会う。上記のプロセスの一つでも入れ替わっていたら、私はここまで来なかったろう。6月27日(土)にヘミシンクセミナーを受講する予定。宇宙の大いなる力に感謝。

昨日の瞑想で、初めて「ビジョン」を見た!イギリスのマナーハウスのような家で、家の隅に馬車の車輪のようなものが立てかけてあった。鮮明な画像で驚き!瞑想中にチョロチョロ出てくる、アメーバ状の光の正体がわかった。ビジョンの残像なのだ。

今後、瞑想、ヘミシンク等、備忘録として記述していく予定。

livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ