ついにフルボ酸の販売を始めました。フルボ酸?腐植物質という土壌菌の一種で、今注目の有機物質です。生命を育てる大元の菌です。また、重金属を取り込む性質があり、無害化してしまいます。取り込むだけだと、放射性物質などは移動するだけですが、無害化してしまいます。これはあまり深く議論すると、「トンデモ科学」扱いされてしまいますけど、とても重要なことです。原子核転換が起きているとしか思えないわけです。このフルボ酸ですが、培養がとても難しいらしく、アメリカのミヤモンテという会社で、ディック・ミヤヤマ博士によって培養法が開発されました。なんとかミヤモンテ社とコンタクトできないか模索していたのですが、突然ディック・ミヤヤマ博士本人に会うことになってしまいました!今から思っても、なんとも不思議なのですが、とにかく品川で会うことになり、熊本から飛行機に乗って会いに行ってきました。とにかく普通会えるような方ではありません。チャンスを生かすべく、代理店契約をしてまいりました!博士はお医者さんで、専門はガンだそうです。末期患者を100人/年くらい診て生還させているそうです。治療法はもちろんフルボ酸。フルボ酸の力で、カンジタ菌等を駆逐し、NK細胞(免疫力を司る)の活性化を行いガンを駆逐するというのがロジックだということです。また、セシウム等の重金属のキレート(取り込んで排出する)にも有効で、福島原発の汚水処理でも有効な実験データを得られたということです。興味のある方は、

http://kumamoto.sunnyday.jp/

で販売しています。
ヘミシンクブログとは関係ないようですが、今回の出来事はシンクロニシティの最たるものでしょう。野菜の通販もそうですが、放射能フリー関連商品がどんどん引き寄せられています。