先日、ミヤヤマ博士の博多でのセミナーに行ってまいりました。美容室さん向けのセミナーで、ヘアケア製品が主体のセミナーだったのですが、「キレート」の説明もありました。広告を打てない件、率直に相談したのですが、今ミヤヤマ博士のほうで、

・4月28日頃本を出版する
・5月より、福島で臨床テストを開始する
・福島県民300万人分のキレートを準備する

ので、これから流れが変わるよ、とのことでした(上記以外にも政治的に動かれていて、まだ公表できませんが期待できそうです(なにしろ博士は共和党のボードメンバーです))。博士は6月まで日本に滞在するとのことでした。
日本の政治家も現地の医師もキレートを服用しているそうです。現地の医師などは、自分は服用しているのに患者には処方していないそうです。患者がガンになったほうが儲かるから?ミヤヤマ博士はあきれていました。もう社会が壊れているのですね...

ところで、妻が花粉症なのですが、拙宅でキレートを純水で希釈して点眼したところ、一度でかゆみが取れたと喜んでいます。しみない程度に希釈、というアバウトな指示なのですが効きました。鼻はまだ試していませんが、鼻用のスプレーを買ってきて今度やってみます。今年の花粉は、セシウム含有の可能性が高いので、キレートを希釈した溶液で目・鼻の洗浄をお勧めします。

「チリアカンジェル」というミヤモンテの商品があるのですが、最初何だかわからなかったのですが、これはニキビ・歯周病用とのことで、自身で人体実験してみたところとても有効でした。近々商品構成に入れますのでお試しください。

九州も、新幹線のホーム・空港・周辺のホテルが軒並み線量があがってきています。博多のホテルの会議室は、0.23μSv/hでした!そもそも、立ち入り禁止区域にしなければならないところに人を入れているわけです。その人たちが移動するたびに、靴底についた放射性物質を運んでいるのです。田舎のほうはまだ大丈夫ですが、これで瓦礫処理とかされると農産物は全滅でしょう。
瓦礫処理に関して、「利権」が原因と思われているかもしれませんが、「利権」は結果であって原因ではありません。日本政府に命令している輩がいるのです。いくつか目的があるのですが、

・日本の農作物を汚染させ、TPPを飲ませる
・日本人の健康を損なわせガンマーケットを拡大する
・人口削減

日本人からすると、まさか..と思うのですが、これらを命令している連中は人間の心をもっていません。お金のために戦争を捏造するような方々です。日本政府は、既に彼らに乗っ取られているのです。アメリカ政府の代弁者に過ぎません。ですから、このような決定に対してまともな受け答えができないのです。小泉政権の前までは、まだ今よりましな政治家が運営していたことがありました。「死んだふり戦略」で、のらりくらりとサボタージュしつつ、辞職や選挙で時間をつぶすという高等戦術です(福田内閣はおみごとでした)。植民地の行政府として、ささやかな抵抗があったのですが、いまや全く無抵抗です。次の選挙でマスコミが期待している橋下某ですが、彼も既にCIAに取り込まれています(マニュフェストを読めばわかります)。
ミヤヤマ先生がおっしゃってましたが、「ガンにかかったら、それは僕ら医者の仕事だけど、それ以前に予防しましょう。重金属(放射性物質)を排出してミネラルのバランスを整え、免疫力を上げるのです」ということです。もう、国のいうことを聞いていたら殺されます。自身のことは自身で守るしかありません。