2012年02月01日

[お知らせ]ホームページのリニューアル


この度、IESE日本語非公式ホームページをリニューアルさせて頂くことになりました。
今後は、授業や就職活動の情報はもちろんのこと、学生生活や課外活動に関してもコンテンツを増やしていきたいと思っております。

★新HP URL 
http://iesejapan.jimdo.com/

本HPをこれまでご覧頂きましたことに御礼を申し上げますと共に、今後も上記の新HPをどうぞよろしくお願いいたします。




iese 2012年02月01日 12:010. What's new この記事をクリップ!

2012年01月04日

Class of 2013学生プロフィール 8

1. MBA志望理由

仝機考系のバックグラウンドであり、仕事の質を高め、自身の価値を向上させるために、経営やビジネスについて集中してきちんと学びたかった。
⊆卞發妊哀蹇璽丱覯修稜箸魎兇犬襪箸箸發法実際に外国籍の同僚とも協働する中で、彼らとうまく協働する術を体得する必要性を感じていた。
1儻譴任離灰潺絅縫院璽轡腑麥呂鮓上させたかった。

2. IESEを選んだ理由

“鷯錣紡人佑粉超に身を置くことができるため、将来多国籍の人々と共に働く機会に備えて、彼らを理解し、彼らと協働する方法を訓練する良い場になると思われた。
▲院璽好瓮愁奪秒羶瓦任△蝓単に知識を得るだけでなく、それらを使いこなす力も同時に養うことができると期待した。
2胆ダ萓犬簑感叛犬諒々からお話を伺い、またOpen DayやAssessment Dayへの参加も通じて、その校風に惹かれた。

3. バックグラウンド

学部〜修士: 生命化学専攻
職歴: 証券会社の投資銀行部門(コーポレートファイナンス)で4年半勤務


4. 社費/私費

社費

5. その他コメント

・想像以上にディマンディングなカリキュラムであり、毎日必死に食らいついている状況にはあるが、今苦労している点は自身が身に付けたい、向上させたいと思っていた力に直結する点ばかりであるため、ここで学ぶ意義を感じることができている。
・日々様々な考え方や文化に触れ、刺激を受けると同時に、自身の強み・価値とは何かを考えさせられる。この答えを見出すことは今後のキャリア形成を考える上でも有益であろうと思う。
このようなカリキュラムの下ではいずれの学生も相当な努力を要する日々を送っていると思われるが、それでも他者を思いやり、素直に称え合う姿勢が見える。この校風は互いに高め合っていくには最適と感じる。

iese 2012年01月04日 07:437. 日本人学生プロフィール この記事をクリップ!

Class of 2013学生プロフィール 5

性別 年齢(入学時)

男 37

 

1.    MBA志望理由:
社費にて留学。MBAを志望した理由は、ロンドンにて5年勤務した経験から将来マネジメントとして活躍するために必須と考えたため。

2.    IESEを選んだ理由:

合格したLBSIESEからIESEを選択。IESEを選択した理由は、欧州での知名度が高く、実際のケースで授業を進めながら授業へのパーティシペーションを重視するスタイル、ひとつひとつのケースを深く考えていくスタイルが自分自身の将来のマネジメント力向上に寄与すると考えたため。

3.   
バックグランド:    (職歴、勤務年数/学部の専攻)
商業銀行業務3年、投資銀行5年(M&A証券化)、海外企画業務5年(ロンドンにて欧州地域担当)。

慶應義塾大学商学部にて専攻は規制緩和。


4.   
社費or私費
社費。


5.   
その他コメント:
IESE
2011FTのグローバルランキングで9位にランクした名門MBA。世界70カ国から同期が集まり、チームワークを大切にしながら参加型の授業がケーススタディを中心に進んで行きます。事前の準備量も多く、英語力に劣る多くの日本人には厳しい環境ですが、2年間でしっかりと自分自身を磨くことができる環境をプロフェッショナルに準備している学校で、また、日本での知名度はまだ高くありませんが欧州でIESEを知らない人はいないくらい名門の学校です。実際のケーススタディを通じてコンサルティング的なものごとの考え方を強化でき、授業で発言をしていくことで自分自身の英語力の強化を現在図っております。



iese 2012年01月04日 07:417. 日本人学生プロフィール この記事をクリップ!
Archives
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)