特許とは、法令の定める手続により、
国が発明者またはその承継人に対し、
特許権を付与する行政行為である。

最も一般的な公開代償説によれば、
特許は、有用な発明をなした発明者またはその承継人に対し、
その発明の公開の代償として、一定期間、その発明を
独占的に使用しうる権利を国が付与するものである。

そこで各国の特許法では法定の特許存続期間を設け、
その期間をすぎると発明の実施が自由開放される仕組みとなっている。