2018年07月21日

晴れ

DSC_0207
1978年にシーケンシャルサーキット社から発売されたポリフォニックシンセサイザー「プロフェット5」。当時和音が鳴らせるシンセサイザーはレアで音色のメモリーができることもあって日本円で170万円の値がついていた。このシンセサイザーのサウンドは今でも人気があって、ソフトウエア音源としてもモデリングされている。2つのVCOがあり片方にデチューンをかけることでホワ〜ンと奥行を加えることができて、特にシンセブラスは心地よい音だ。なかなかこの音が鳴らせるシンセサイザーは見つからないのだが、1982年発売の国産シンセサイザー ROLAND「JUNO 6」の矩形波を使って付属のコーラスを通せば、それらしく聞こえないことはないかも。「プロフェット5」に比べればコントローラは少ないけれども未だに現役のアナログシンセサイザー。

  
Posted by igaku_to_kenko at 18:55Comments(0)音楽

2018年07月20日

由布市 晴れ

DSC_0205夏でもネクタイをつけて出勤する僕でもやはり汗はかく。還暦が近いこともあり加齢臭も気になるところ。不特定多数の受診者と接する身としてはイヤな臭いを漂わせるわけにはいかないなぁ〜と思っていたところ、高橋一生のテレビCMで見かけたファブリーズMENはいかにも爽やかなアイテムに見えたので試しに使ってみた。臭いについては自分ではなかなか評価をすることが難しいが、サッパリとクールな微香があるようで、使用感として自分としては合格点の範囲。商品のサイトを見ると布がしっとりする程度に噴霧するらしく、ジャケットには15回噴霧するのが標準的な使い方らしいが、これだとかなりビシャビシャになってしまうのではなかろうか?と思ったりもする。  
Posted by igaku_to_kenko at 14:32Comments(0)気になる事

2018年07月19日

国東市 晴れ

akuta159回芥川賞は高橋弘希氏の「送り火」に決まった。都会から離れた町で繰り広げられる若者の行き場のない欲望と狂気が、繰り返される暴力という形になって現れる作品。文学界5月号に発表された短編で既に読了済みだから、あぁ〜なるほど評価が高かったのだなぁ〜という感じ。僕が文学界を購読しはじめてから、村田沙耶香の「コンビ二人間」、沼田真佑の「影裏」に続く受賞作で、自分の読み方とどんな違いがあるのか、作品が掲載される文芸春秋9月号の審査委員の選評を見るのが楽しみだ。  
Posted by igaku_to_kenko at 14:55Comments(0)文学・歴史

2018年07月18日

晴れ

DSC_0204
今朝の日経新聞「日欧EPA署名」。トランプ政権がTTPから脱退を表明して多国間への関税障壁を設けるなどの保護主義が蔓延するなかにおいて、ヨーロッパ諸国との自由貿易の枠組みができたことは歓迎したい。ヨーロッパ諸国と日本は消費の成熟具合でも似通っていて、RCEPよりもさらに自由な経済のやり取りができるものと期待する。大戦後の自由・民主主義・法の支配といった秩序のリーダーだったアメリカの迷走ぶりを見るにつけ、同じ価値観を共有できるヨーロッパ諸国との連帯は重要だ。けれどもアメリカは世界一の経済大国で日本の最大の友好国であり安全保障政策の要だ。EUを敵と呼ぶトランプ氏と表立った喧嘩はせず、なんとか、西側諸国の一員としてつなぎ留めておくようにできるのは、やはり日本しかいないと思うのだが、なんとも難しい課題だ。ドナルド&シンゾーの関係性に期待するしかないのか・・・。  
Posted by igaku_to_kenko at 13:29Comments(0)金融・経済

2018年07月17日

竹田 晴れ

zero
日テレの日曜ドラマ「ゼロ一攫千金ゲーム」をTverで見た。麻雀コミックの「アカギ」を揃えている僕としては、福本伸行原作のドラマということでこれからの展開に期待。吸血麻雀で命と大金を天秤にかけるという「アカギ」の世界観は、このドラマの設定にも生かされている。闇世界の大金持ちを梅沢富美男が演じているのは意外性があってナイス。インバウンドの増加を見越した合法賭博法であるIR法案が国会で議論されるなか、パチンコも競馬・競輪もやらない僕だが、博打というのは何でこれほど人をワクワクさせる魅力があるのか・・・・  
Posted by igaku_to_kenko at 15:08Comments(0)気になる事

2018年07月16日

晴れ

sego3
録画していたNHK大河ドラマ「西郷どん」を見た。流されていた沖永良部から戻った吉之助が京に上り、いよいよ明治維新に向けた動乱の世の中はじまり歴史上の大物が次々と登場する。オープニングも変更が加えられていて、まさに後半章が始まったという新たな展開を予感させる。今回の大河ドラマは登場人物が華やかで、主役を張れるような有名な役者が脇役を演じているのが特徴。これから活躍が楽しみな徳川慶喜役の松田翔太、勝海舟役の遠藤憲一、坂本龍馬役の小栗旬、岩倉具視役の笑福亭鶴瓶らの面々が贅沢に配役されている。登場人物が多い点ではお笑い芸人も多く出演しているのも特徴。西郷家使用人役の塚地武雅、ジョン万次郎役の劇団ひとり、徳川家定役の又吉直樹、桂久武役の井戸田潤、お虎役の近藤春菜など。来週は蛤御門の変。長州藩が絡んできて玉山鉄二演じる桂小五郎も登場するみたいで、今後のダイナミックな展開がとても楽しみ。  
Posted by igaku_to_kenko at 18:59Comments(0)日常・・・

2018年07月15日

羽田 晴れ

DSC_0199
新宿3丁目のホテルをチェックアウトし、とにかく暑いので地下街と地下鉄を使って空港までの移動手段を考える。ホテルから新宿3丁目駅までは徒歩3分、都営新宿線に乗り馬喰横山乗り換えの都営浅草線経由京急で羽田空港まで。丸の内線、赤坂見附乗り換えの銀座線で新橋経由、都営浅草線の経路よりも少し遠回りになったけれども乗り換えも少なく同じ都営線だから少し運賃は安くなったみたいだ。とにかく暑いので屋外は歩きたくないから、この経路の利用で大して汗もかかずに羽田まで到着できた次第。  
Posted by igaku_to_kenko at 12:53Comments(0)故郷・・・

2018年07月14日

南青山 晴れ

DSC_0202昼にホテルをチェックアウトして銀座駅で外苑前まで。墓参が済んで新橋3丁目のホテルに移動する予定だが、とにかく暑いので地下移動をする。銀座駅を渋谷で降り副都心線を使って目的地まで。しばらく休んで、予備校仲間との待ち合わせの代々木へ。去年の飲み会ではホテルからJR新宿駅まで歩いたために物凄い汗をかいて大変だったから、とにかく地下街と地下鉄を乗り継いで代々木まで向かう計画を立てた。新宿3丁目の出口から比較的ホームが近い丸の内線で新宿ま行き都営大江戸線で代々木まで向かうはずだったが、いや、初めて知ったことだが、丸の内線の新宿駅は大江戸線の新宿西口駅と連絡していたのだった。さらに、新宿西口から代々木方面には直接行くことができず、すべての電車が都庁前止まり、つまり終点。あらためて階段を上り下りして都庁前駅から六本木方面行の電車に乗り換える必要があったのだった。新宿から代々木まで1駅で待ち合わせ時間には余裕だと思っていたが、都庁前乗り換えで7−8分の遅刻をしてしまうことになってしまった。わざわざ丸の内線を使わずに都営新宿線を使えば新宿駅で乗り換えができたことに後になって気づいたが後の祭りだった。ふだんから大江戸線の地下鉄路線図を眺めていて、何か妙な路線図だなぁと思っていた疑問がやっと解消した。いや、新宿周辺の大江戸線はなかなか曲者だ。  
Posted by igaku_to_kenko at 23:49Comments(0)故郷・・・

2018年07月13日

新橋愛宕山 晴れ

DSC_0196
















お盆の展墓目的で上京。東京の気温は32℃、いつもならば羽田から京急経由で新橋で下車後、ホテルまで10分強歩くのだが、まぁ、夏以外の季節なら爽やかな歩行距離だが、さすがに辛そうなのでモノレールで浜松町で下車し貿易センターからタクシーを使うことにした。増上寺の前を通って慈恵医大前経由の1000円以内で到着する範囲なので暑い時にはこれからは躊躇なく使おうと思う。今夜は行きつけの寿司屋で一杯。さて明日は猛暑の中青山で墓参後、夜は代々木で1年ぶりに会う予備校仲間と飲み会の予定。  
Posted by igaku_to_kenko at 16:10Comments(0)故郷・・・

2018年07月12日

国東市 晴れ

yosino3


























業績不振が報じられて優待権利確定前にもかかわらず大幅に売られた「吉野家ホールディングス (9861) 」を1864円で拾って、1800円のラインはサポートされるだろうと踏んでいたところ、あっさり割り込んでしまい今日の終値は1775円。どこまで下げるのだろうと思いつつ、8月末の3000円分の優待権利ゲットを待つことにするが何だか割が合わない気が大変するのは投資家としては正常な感覚。  
Posted by igaku_to_kenko at 21:10Comments(0)金融・経済

2018年07月11日

晴れ



暑い夏にスカッとする破壊的な音楽が聴きたくなるときにはコレ。和製テクノの真髄でもあり世界的にも有名な「電気グルーブ」のアルバムを僕は複数コレクションしている。日韓ワールドカップサッカーのテーマ曲を公式アレンジしている「電気グルーブ」のシンセテクニックは折り紙付き。アタックが遅いパッドのこもった音はまさに石野卓球の音だ。この動画のピエール瀧はまだ若いねぇ〜。  
Posted by igaku_to_kenko at 20:39Comments(0)音楽

2018年07月10日

竹田 晴れ

DSC_0195














今朝の日経新聞、国際面。「サムライ躍進 中国でも称賛」。北京の六本木といわれる三里屯のスポーツバーでは、3日に行われたサッカーワールドカップの日本対ベルギー戦の観戦で日本を称える観客ばかりだったという記事。サッカー好きな習近平国家主席の意向を反映してか中国共産党も日本チームを称賛したという。この記事のなかで、逆に日本人が中国チームを「アジアの光」として応援することがあるだろうかと提起している。中国は魏志倭人伝が伝えている通り日本に比べると遥かに歴史が古く、人類の貴重な文化を醸造した地域で文化的にも優れた民族だ。開国間もない明治の為政者が渡航した西洋列国の中で紳士として一目置かれていたのは四書五経で身を固めていたからだとも言われている。日本国民が、歴史上色々とあっても天皇を象徴として一つにまとまろうとしているのに対して、現在の中国人が帰依する基本的姿勢として、地域とか親族といった絆を大切にする一方で、大戦後に発生した中国政府に対しての信頼は薄いらしい。昨今の起業家にみられる勤勉で努力を惜しまない中国の民間人としてはリスペクトの対象となるが、やはり国家として見たときに現中国共産党の独裁政権と覇権主義、人権意識の欠如といった負のイメージを払拭しなければ同じアジアの誇れる一員として日本人から喜んで迎えられることはないのだろうと思ったりもする。  
Posted by igaku_to_kenko at 15:38Comments(0)日常・・・

2018年07月09日

中津 晴れ

yoshino2優待権利日が近い銘柄を物色していたところ8月末に権利確定する「吉野家ホールディングズ(9861)」の大幅な下げに出くわす。今季3−5月期が大幅赤字だったのは日経新聞で知っていたがここまで嫌気されての売られているのには少しビックリ。この株は食事割引券が半期で3000円分もらえる優待利回りが良い会社で、2月にゲットした3000円分の食事券を東京の娘にやって喜ばれた株。過去1年のチャートをみると1800円ラインが底値になっているようで、いつでも買いを入れられるように証券口座に資金を入金しておくことにする。  
Posted by igaku_to_kenko at 14:14Comments(0)金融・経済

2018年07月08日

曇り

tizu西日本を中心とした今回の記録的豪雨。豪雨災害としては多くの死者、行方不明者を出し、去年の九州北部豪雨を上回る災害規模となっている。行方不明になっていた子供の訃報を聞くとその子と親の気持ちを察するに本当に悲しさがこみあげる。これだけテクノロジーが急速に進歩した世の中なのに自然災害に対する対策が後手に回るのは、投入した資金が何倍にもなるビジネスモデルとちがって、それが短期的には「儲からない」からなのだろうか・・・最近でこそ「ESG投資」といった環境や社会という企業活動に投資が向けられ始めたようだが、人権や公共性といった人類共通の価値といった「儲からない」事案に十分にカネが回るのが本当の成熟した世界だと思うのだが・・・  
Posted by igaku_to_kenko at 20:15Comments(0)気になる事

2018年07月06日

boeki午後1時過ぎにトランプ政権が中国のハイテク製品に対して25%の追加関税を発動、直ちに中国も米の大豆などに対して25%の報復関税を発動、米中間の貿易摩擦が本格的になってきた。サプライチェーンがグローバル化するなかで米中以外の国にも影響がおよび、世界の景気の先行きが見えなくなってきた。国内株式市場も軟調で売買代金も低調。保護主義によって米経済が悪くなれば中間選挙を気にしているトランプ大統領が関税の掛け合いの緩和の落としどころを探る動きになるのか、さらに関税の掛け合いの応酬になるのか?ディール外交のトランプのことだから、僕は落としどころを探る動きになるのではないかと思っているが・・・  
Posted by igaku_to_kenko at 20:14Comments(0)金融・経済

2018年07月05日

三重町 曇り

neimalサッカーワールドカップでのネイマールの芝居がかった態度が気に入らない。コスタリカ戦をリアルタイムで見たが、PKを得るための終盤のヘラヘラ笑いながら倒される風の見せかけの転倒は主審の判断がVARによって覆った。VARがなかったら試合そのものが、嘘の演技によって全く違う方向にもっていかれたかもしれない。試合終了時にピッチで涙するネイマールの、その涙に如何ほどの価値があるのだろうか。その後の戦いでも嘘つきのような異常なほどの痛がり方を演じたりしていて、ネイマール本人は全く気にしていないといった風だ。ビートたけしも言っていたが、いくら高額をもらっているスーパースターだか知らないが、ネイマールは嘘つき野郎のペテン師だ。フェアプレーを真髄とするスポーツにおいてこんなのは子供にも悪影響を及ぼす許すべからざる行為だ。小賢しい振る舞いなどせずにスーパープレーヤーらしく何故正々堂々とフェアにプレーできないのか。こんなにも節度や品位に欠けるプレーとその後の開き直りは精神的荒廃を疑う。大っ嫌いだ!はやくピッチから消えてくれ!  
Posted by igaku_to_kenko at 13:30Comments(0)気になる事

2018年07月04日

臼杵 曇りのち晴れ

nhk2




























今夜の7時のNHKニュース。「文科省局長を受託収賄容疑で逮捕」。文部官僚が東京医大に便宜を図った見返りに入試での点数水増しで息子を入学させた事件。東京医大の在校生もショックだろうし不正で入学した文部官僚の子供も不本意だろう。これが事実だとすれば文部官僚の行為はアウトだが、それ以上に僕が思うのは、東京医大では未だに裏口入学を黙認しているのか!という驚きだ。その昔、裏口入学が噂された私立医大が週刊誌を賑わせたが、3500万円の補助金の許認可の見返りで点数の操作が行われているとすれば、金を積んでも点数の水増しが可能な入試慣行なのではないかと勘繰りたくなるのも無理はない。僕が受験した思い入れのある大学だけに残念だ。  
Posted by igaku_to_kenko at 21:31Comments(0)気になる事

2018年07月03日

竹田 雨

DSC_0194今朝の日経新聞3面。「メキシコ大統領選、新興左派勝利」との見出しで、自国第一主義を掲げるロペスオブラドール氏が勝利した。トランプ米政権がメキシコ批判をすればするほど、反トランプ色の強い強硬なポピュリズム政権の誕生に手を貸すことになる典型例である。昭和史のノンフィクション作家の保阪さんが指摘していたように、やみくもに反中国を訴えれば訴えるほど、相手国の強硬なナショナリストが台頭してくるという現象を日本の側から起こさせてはならないと思わせる今回のメキシコ大統領選の結果だ。  
Posted by igaku_to_kenko at 15:42Comments(0)気になる事

2018年07月02日

別府 曇り

SUKAIRAKU2権利落ちの下げを狙っていた「すかいらーく(3197)」。週足で見てみると、1600円はサポートラインとして意識されているみたいで、週初めのローソク足でMA5がMA25を上抜けしているように見える。まだまだ高いなぁ〜と思いながら、今日買えなくて仕方ないかぁ〜とダメ元で昼休みに1620円で指値買いの注文を出していたところ、勤務が終わってスマホを見てみると約定していたので一安心。年末には11000円分の食事券がゲットできるので得した気分に浸る。  
Posted by igaku_to_kenko at 20:28Comments(0)金融・経済

2018年07月01日

晴れ

akiyama


















毒も得も中途半端な地上波のバラエティー番組を見る代わりにダラっと時間を過ごすのに今ハマっているのがYOUTUBEの【ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル】。友近扮する「水谷千重子」とコラボしている演歌歌手「倉たけし」を演じているロバート秋山だが、こちらの動画では様々な分野で活躍する仮想のクリエーターや成功者になりきりインタビューを受けるという内容。対象者に過剰に憑依して特徴をオーバーに表現すると同時に、それ、あるよなぁ〜的な、お笑いのオチもきちんと入っていて思わず笑ってしまう作品だらけだ。もう本当にフザケた内容を、もう本当に真面目にやっている秋山にエールを送りたい。  
Posted by igaku_to_kenko at 21:43Comments(0)気になる事

2018年06月30日

湯布院 雨

DSC_0193














昨日仕事の終業後に久しぶりに訪れた湯布院の朝。朝風呂に入った後、由布岳をみると低い雲がかかっていた。昼の大分市は大雨警報が発令されていた。途次本屋で数学特集の週刊ダイアモンドを、コンビニで日経新聞を買い帰宅。  
Posted by igaku_to_kenko at 19:51Comments(0)日常・・・

2018年06月29日

曇り

sukaira今日1615円で買注文を入れていた「すかいらーく(3197)」だが昼休みの後場になっても約定されていないようなので、ちょっとチャートを見てみると、な〜んだ、大きな陽線が出ているじゃないか〜。権利確定後も結構買いが入っているみたいで、低いところでなかなか拾えない印象だ。1623円の買い注文を出しなおしたが今の株価は1634円。今週の買いはあきらめて来週の動きに注目することにする。  
Posted by igaku_to_kenko at 13:32Comments(0)金融・経済

2018年06月28日

宮崎市 晴れ

sukaira3000円の食事券をもらえる権利を得るやいなや織り込み済みの下げをみせた「すかいらーく(3197)」。想像していたよりも下げは強くなく今日は1617円で引けている。3000円分の商品券をゲットした「フジオフードシステム(2752)」を売却した資金で「すかいらーく」を指値1615円、200株追加買いの注文を入れる。「すかいらーく」は300株の保有で年間20000円分の食事券がもらえるので楽しみ。2月に権利確定した「吉野家」の3000円分の食事券をやって喜んでいた就活中の東京の次女に、この6月末に得た「すかいらーく」の食事券3000円分と「フジオフードシステム」の3000円分の商品券も送ってやろう。  
Posted by igaku_to_kenko at 20:56Comments(0)金融・経済

2018年06月27日

宮崎市 晴れ

DSC_0188














今朝からの南宮崎でのJR九州の健診のために昨夜、日豊本線を南下して宮崎入り。20時18分大分発の南宮崎行きのにちりんに乗ってビール片手に過ごすこと約3時間、夜遅くに宮崎駅に到着。大分以南は単線の日豊本線では上り列車との待ち合わせのために人のいない真っ暗な駅での停車を繰り返しながら、まばらに見える町の明かりのなか左右上下の揺れで決して乗り心地がよくない夜汽車の雰囲気はなかなか趣がある。写真は南宮崎駅に停車している九州の観光列車。  
Posted by igaku_to_kenko at 17:23Comments(0)日常・・・

2018年06月26日

竹田 曇り

DSC_0187今朝の日経新聞社説。トルコ大統領選は現職のエルドアン氏続投と決まった。中東と欧州のつなぎ目に位置するトルコはNATO加盟ながらロシアやイランと接近して外交・安全保障の軸足はよくわからず政治的に不安定だ。通貨リラの今後の行方もさっぱりわからない。ここのところ日足のMA21は下げから水平へとなってきているが、週足はまだベア領域だ。資金を遊ばせておくのはもったいないが安易な飛び乗りは危険だ。  
Posted by igaku_to_kenko at 15:05Comments(0)金融・経済

2018年06月25日

中津 晴れ

bp普段は医療ドラマは見ないのだけれども、ついつい見続けてしまって最終回まで見てしまったTBSのブラックペアンを今日TVerで見た。嵐の二宮和也が悪魔のような天才外科医を演じていて毎回ドキドキする術中の緊迫する場面が見どころの番組。最終回は、まぁ、実際の医療現場ではあり得ない展開(普通はどんな手術での手術所見を記載して医療情報をスタッフに共有する義務が行われていなかったり・・・)だがドラマとして見れば医療エンターテイメントとしては十分に楽しめたドラマだった。  
Posted by igaku_to_kenko at 21:34Comments(0)日常・・・

2018年06月24日

晴れ

toruko











ワールドカップサッカーのセネガル戦も深夜に勝敗が決まるけれども、それよりも気になるのがトルコの大統領選。大統領の権限強化がもたらされる今回の選挙では、現職のエルドアン大統領の得票は過半数に届かない可能性もあり2位の候補との決選投票も噂されている。債務の外貨依存と財政の足元の弱さが懸念されるなか米の利上げで大幅な通貨安を招いているトルコの経済を立て直してくれるのは誰なのか?ファンダメンタルズが弱くても魅力的な高金利通貨のトルコリラの行方を全世界が注目しているはずだ。明朝には趨勢が判明する。  
Posted by igaku_to_kenko at 21:17Comments(0)金融・経済

2018年06月23日

syogai
















相模原の障害者施設で46人の障害者を殺害した事件の被告が書いた手記の出版に対して出版停止を求める署名を提出したとの報道があった。出版停止の動きには僕は同意できない。出版に対する被害者の家族の複雑な気持ちは承知している。手記を書いた被告に対する怒りが蘇るのも想像できる。しかし出版停止の方向に動かないほうがいい。障害者はいなくなればよいといった被告の考えは明らかに誤りだ。優れた種だけを残すことが社会をよくするといった優性思想を思わせる政治家や有名人の発言に接することがあるが、現代につながる歴史は人権尊重の方向に向かって明らかに進歩しているし、人間は人間であることのみが尊重されるのであって、障害の有無や性別・人種、宗教さらには性的少数者であっても差別を受けることは不適切な時代に進歩したのだ。先進国首脳のなかでトランプ大統領だけが異質に映るのはこの差別的態度のためだ。しかし人間がその進歩に追いついてはいないのも事実だ。こんな殺人事件が起こってしまうように人間はまだ完全には進歩しきっていないのだ。この差別的内容が拡散し同調されることへの危惧が出版差し止め要求の理由だが、臭い物に蓋をするだけでは、その過りを正す方向には向かないと思う。この被告の忌まわしい手記を反面教師として、人類はまだまだ未熟であることを自覚しつつも、同調傾向を示す人々、特に人格の成長過程にある青少年に対して、優性思想は現代ではすでに誤りであるという人権思想の世界的な進歩の歴史を理解させる導きが大切なのではないかと僕は思う。  
Posted by igaku_to_kenko at 23:45Comments(0)気になる事

2018年06月22日

晴れ

anami肺がん患者の参考人の受動喫煙対策の発言に対して「いい加減にしろ」というヤジを飛ばした大分1区自民党衆議院議員、穴見陽一。自身が関係する九州一円に展開する全面禁煙ではない(喫煙席はあるが完全に仕切られているわけではなく煙は禁煙席に流れてくる)ファミレス「ジョイフル」の経営者一族で自身も喫煙者。文書で謝罪はしたものの公の会見はなく、病弱者に対するいたわりの気持ちや倫理観、理性といったものを全く感じさせない発言だ。大分選出の参議院議員、磯崎陽輔は集団的自衛権について「法的安定性は関係ない」と立憲主義の全面否定を講演で述べている。その他の県選出自民党議員も右翼団体「日本会議」のメンバーとして名を連ねていている歴史修正主義者だ。全国を眺めても最近の自民党には軽佻浮薄な言動をする議員が目につく。戦後直後の石橋湛山をはじめ、後藤田さん、野中さんといった昔の自民党議員はもっと謙虚で誠実で倫理的だった。労働組合が強く社会党や民社党が強かった大分特有の反動現象かも知れないが、特に大分の自民党議員の質はすごく悪い。大分県民としてとっても恥ずかしい。  
Posted by igaku_to_kenko at 10:16Comments(0)気になる事

2018年06月21日

晴れ

try5



















スワップ目的で買いポジションのタイミングを狙っているトルコリラ。26円を割ったところでポジションを全て決済して損切した後、ず〜っと買えるタイミングを待っていたが、FOMCの利上げ発表と利上げ回数の増加報道で新興国通貨が売られる展開が続いていて最安値が更新されつづけ底が見えないトルコリラ。いくらスワップが良いからと言ったって、新車が裕に買える程の大損失を一発で食らった後で、これじゃ〜ぁ、買いを入れることなんて恐ろしくてできない。2年間の損失通算が出来る確定申告では何とかトントンに持っていきたいものだが焦りは禁物。中央銀行による利上げを抑え込んでいるエルドアン大統領の政策の大転換がはかられるのかどうか、今後のトルコの経済政策は、今月26日に実施される大統領選挙の結果以降だが、ファンダメンタルズが芳しくないトルコにとって利上げをすれば国内景気を冷やすことも考えられ、どちらにしても新大統領は経済政策の難しい舵取りを迫られそうだ・・・なんて、「お前、医者だろ?儲けることばっか考えないで、もっと普段から、患者や医学のことを考えろよ!」って言われそうな気がする・・・  
Posted by igaku_to_kenko at 20:25Comments(0)金融・経済