英語教室「以学館」 〜教室便り〜 

以学館はお陰様で20年目を迎えることができました。
これもひとえに多くの皆様方のご指導ご鞭撻の賜です。衷心より感謝申し上げます。

本欄では教室内外でのエピソードを語っております。

個を生かす

  
本欄はブログです。
英語の以学館のトップページはこちらです。


当教室を開館して20年目を迎えることができました。
御入校希望者様の累計は800名様を超えております。
衷心より感謝申し上げます。

当館では全くの初心者の方から英検1級2次対策までを行なっております。
全て1:1の個別指導です。


事例(実績)は以下のページを御覧ください。

 小学生:  https://air.ap.teacup.com/applet/igakukan/msgcate21/archive
 中学生:  https://air.ap.teacup.com/applet/igakukan/msgcate22/archive
 高校/浪人生: https://air.ap.teacup.com/applet/igakukan/msgcate23/archive
 社会人:   http://air.ap.teacup.com/applet/igakukan/msgcate11/archive



北日本新聞の「マイベストプロ」 に掲載されております
当館の紹介

   
   

頂点

  
業務多忙に付き外食不能であります。
過去記事の再掲であります。




昨日の本欄に記した蕎麦の「市川」殿であります。

美味しいそばは随所にありまする。
美味しいにも「昔ながらに」美味しい御品や「お袋の味」的に美味しい御品、「お洒落に美味しい」御品など様々
ござりまする。
お洒落に美味しい蕎麦の最右翼といえば富山市民病院前の「市川」殿であります。


食文化の頂点、此処に極まれりって感じでありまする〜













圧巻の逸品
b74b7404




細身でありながらシコシコの食感
996ef8b3




食の芸術
4de86377




完全禁煙なる「市川」殿
7cda18c4

   

U-571

    
自室100インチホームシアターシリーズであります。
先般アマゾンしたUボート3部作の中の「U-571」を観たであります。

高名なる暗号機「エニグマ」の奪取を目指す息詰まるサスペンスタッチの映画であります。
さすがの名作でありました〜














緊迫する軍港
1




次々と下令される指示
2




リアルな描写
3




いざ出陣
4

 

手繰る(たぐる)・・

 
時代劇を読んでいると蕎麦を食べるシーンがよく出てきまする。
2×8=16文で食えるから二八蕎麦ってのは有名でありますが、当時の江戸っ子言葉では蕎麦は「食べる」
ではなく「手繰る(たぐる)」だったりしまする。
つまり2本の箸で蕎麦を手前へかき寄せながら、つまり引っ張りながら食う様を言っているようであります。



本日は8100歩ほどのウォーキングでありました。
太郎丸まで歩いたので蕎麦の「大八」殿を訪れたであります。

これが垂涎の美味であります。


蕎麦も「お上品な蕎麦」と「庶民の蕎麦」に2分されるような気がしまする。
前者の最右翼は市民病院前の「市川」殿であります。
後者の極めつけが本日の「大吉」殿でありますね・。

濃い目のツユに太い田舎風の麺、小ぶりな海老天・・

庶民の夢を極限まで具現化した至福の逸品であります。
なんのせかんのせ死ぬほど旨いがでありますちゃ(爆)



この至福の蕎麦を「手繰って」いると、ふと、時代劇の場面を思い付いたであります。
以下は、ペンネーム「以学信夫」による小説であります〜


時は江戸時代の夕暮れ、大工の棟梁である捨八が娘婿の甚吉と歩いておりまする。
仕事を終えての帰路であります。

「甚吉、今日も一日ご苦労だったな・。どうでえ、蕎麦でも食ってくか?」
「へい、お供しやす」

連れだって蕎麦屋の暖簾をくぐりまする。

「おやじ、花巻を2つくんねぇ」 ※海苔を散らした蕎麦、江戸時代の人気蕎麦
「へい」
「どうでえ、所帯は。おめえもすっかりいい親父になりやがったな。
 初めて丁稚に来たぁ時は、いってえどうなることかと気をもんだもんだがなぁ・」

「棟梁、それを言わねえでくだせえ。あっしもいつまでもガキじゃあるめいし・・」
「はっはっは それもそうだな。俺ぁ感謝してるんだぜ、甚吉。うちのおてんば娘に
 おめえみてーな腕のいい大工が付いてくれて。これで俺も安心してお迎えを待てる
 ってもんだ、はっはっは」

「棟梁、まだ早ぇーですよ。こんな元気な棟梁を見たら、お迎えのほうが縮み上がって
 しめえますよ」

「違ぇねえ」
「はっはっはっ」
「はっはっはは」

「お、旨そうな蕎麦が来やがったぜ。さあ、熱いうちに食いねぇ」
「いただきやす」

ズル ズルズルズル
ズズズ ズルズル

「あー 旨ぇなー・・・」


こんな場面がぴったりの幸せ溢れる「大吉」殿の逸品でありました〜














太郎丸の名店「大吉」殿
1




完全禁煙であります
2




至福の逸品
3




天丼小鉢添え
5

   
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ