胃がん名医のいる病院へ〜命の闘病記

胃がんの生存率

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜

治療後の見通しを立てるためにも、胃がん生存率について知っておくことが大切です。ステージ別の生存率を理解しておけば、今後のことについて、おおよその見当がつきます。治療後に患者さんが5年間生きることができた割合を示す5年生存率の目安は、鬼で90%、挟で70%、郡で40%、鹸で10%程度です。病院によっても数字は異なりますので、ある程度の幅はあると考えておいてください。

病院によって胃がんの生存率に差があるのは、難しい症状の患者さんが偶然多かったという事情の場合もあるでしょうが、治療レベルを表しているものでもあります。たとえば、名医がいる病院では手術や抗がん剤治療が適切に行われることになりますので、それだけ予後の経過も良好になるでしょう。したがって、公表している生存率が良好なのであれば、病院選びの際にも参考になります。反対に、あまりにも低い数値の場合には、専門医がいないといった問題がある可能性も考えなくてはなりません。

また、ステージを経過するごとに胃がんの症状は改善が難しくなり、予後の経過も悪くなっていきます。そのため、早期発見を行うことが重要な役割を果たすことになります。症状が進行すれば、それだけ危険が増すのです。30歳代や40歳代の女性に多いスキルス性の場合には、発見が難しいために、末期になってから検査で見つかることも多く、深刻な事態を招く原因にもなっています。一般の胃がんの場合には、スキルス性よりも検診によって早期発見できることが多く、初期のうちに見つけることができれば十分に治癒が望めます。
癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)〜癌克服への挑戦〜