2016年2月26日

〖プロロ-グ〗

・著者はDr.肥沼信次のことを知ったのは、2016年2月10日付「東京新聞」での2記事が最初である。同月14日で行われた講演会(主催<Dr.肥沼の偉業を後世に伝える会>於:八王子労政会館)に参加し、同氏の賞賛すべき生涯を知ることになった。

・人にはいろいろな生き方があるが、Dr.肥沼信次(八王子市出身)ほど波乱万丈の人生を送った人は稀有である。1937年(昭和12年)ベルリン大学放射線研究室(現フンボルト大学)に入り、世界最先端の放射線技術を学び、将来、嘱望をされていた。しかし、運命のいたずらか1939年9月、ドイツ軍はポ-ランドへ侵攻し、第二次世界大戦は勃発した。この戦火は肥沼信次の前途を暗示していた。ドイツ人以上に正確なドイツ語を話し、ベルリン大学研究者、同大学正教授資格取得者、臨床医として優秀であったが故に戦後のドイツにとって不可欠な人となった。

・ドイツ国内のいたる所では、終戦の混乱が酷くなりポ-ランド国境のヴリーツェン(Wriezenも、ポ-ランドから帰還した一部ドイツ難民(全体で約400万人)の劣悪な生活環境(収用所など)は、伝染病を誘発した。肥沼はソ連軍の要請で、「伝染病医療センタ―」の初代所長となり、伝染病(チフス/コレラ)の疾病対策に尽力する。だが、自身も罹患(りかん)し、1946年3月8日、37歳で不帰の人となった。今から70年前の出来事である。最近、八王子市民からDr.肥沼信次の誠実で、真摯な医療活動を通じて、ドイツ人への人間愛を称賛する声が高まっている。

〖来歴・事績〗

・肥沼信次(こえぬまのぶつぐ/1908年10月9日<明治41年>―1946年3月8日<昭和21>)。1908年(明治41年)、東京八王子市中町に、開業医肥沼梅三郎の次男として生まれる。1921年(大正10年)旧制東京府立第二中学学校(現都立立川高等学校)に入学する。1928年(昭和3年)日本医科大学入学、1934年(昭和9年)同大学を卒業後、東京帝国大学医学部放射線医学教室にて研究活動に従事する。

・1937年(昭和12年)春、国費留学生として横浜からドイツへ向かう。同年ベルリン大学医学部放射線研究室に入り、実験と研究に没頭する。1942年(昭和17年)、ベルリン大学医学部で東洋人として、初の正教授資格を取得する。

・1945年当初(昭和20年)、第二次世界大戦後のドイツで、主に発疹チフスの撲滅に努めたが、既述のように自らも発症し死去。死の直前、看護師に「桜が見たい」と言い残す。後に実弟の肥沼栄治氏からヴリ-ツェンに日本から桜の木が贈られた。Dr.肥沼信次は1994年(平成6年)、ヴリ-ツェン市名誉市民。2000年7月(平成12年)、市庁前の公園に日本医科大学の同窓生と肥沼医師の出身地である八王子市の募金活動の善意によって、大理石でつくられた顕彰碑が建立された。

00












(『〜みんなの知らない八王子の偉人〜肥沼信次』
発行:八王子ボランティアネットワーク Dr.肥沼の偉業を後世に伝える会)

〖戦争の悲惨と人間愛〗

(転 機)

・1945年3月頃、ベルリンは連日、連合軍の空襲を受け、ソ連軍の侵攻が近いとみられていた。在ベルリン日本大使館は、在独邦人約300人をドイツ南部(チェコスロバキア経由で日本へ帰国させる)へと集団避難させることを決定する。しかし、避難当日、肥沼信次は大使館に現れなかった。誰にも告げずに反対方向のソ連の占領地に近いポ-ランドの国境の街、エバースバルへ向かった。

・帰国命令にもかかわらず、肥沼がなぜドイツにとどまったのは、シュナイダ―夫人の存在なしでは考えられない。彼の人生の中で女性と生活を共にしたのは、金髪の美しいシュナイダ―夫人だけである。夫人は肥沼に献身的に尽くした。彼は夫人については一切話していない。彼とシュナイダ―夫人のことは、家政婦だったエンゲルさんだけが知っていた。

(孤軍奮闘の日々)

・当時、肥沼医師は35歳、シュナイダ―夫人32歳。夫人は軍人だった夫を亡くし、5歳になる一人娘のクルステルを育てており、肥沼は夫人の境遇に同情を寄せる。夫人は妹の住むエバ-スバルに疎開すると聞いて、医師として、何かできると同行する。実際、当地から約25キロ南にヴリ-ツェンという町では、シラミの媒介による発疹チフスが流行していた。同疾病は、今でも国際監視伝染病の一つで、第一次世界大戦の欧州で数百万の人が亡くなっている。

・ヴリ-ツェンに駐留するロシア軍は市内にあった戦車隊訓練学校の跡地を利用して、「伝染病医療センタ―」をつくり、伝染病に罹った人を隔離した。初代所長には医師肥沼が就任する。しかし、医師、看護婦、薬不足などから肥沼は孤軍奮闘する(医師一人/看護婦7人/調理師3人)。同センタ―には、ベットも少なく、薬不足のため、肥沼医師は終戦直後の交通手段が劣悪の時に、ベルリン、バルト海沿岸の遠くまで治療器具や薬の調達をした。時には街中や近郊の村にも往診した。吐瀉物、排便による悪臭の中、連日連夜、チフス、コレラなどの疾病対策に尽力した。これにより、多くのドイツ人が、肥沼の治療によって命を救われた。

(終 焉)

・治療にあたって半年後、肥沼はチフスを発症する。肥沼は自室に閉じこもり、看護婦たちに患者の治療を指示し、自らチフスに罹ったことを言わなかった。肥沼はチフスの治療薬や注射を自分自身で使用することを拒否し、「薬は他の人に使ってくれ!」と看護婦たちを励ます。1946年3月8日肥沼博士は、シュナイダ―夫人、家政婦エンゲル、病院の看護婦に看取られ、自宅で亡くなる。遺体は粗末な棺に納められ、冷たい小雨の降る中、市民に囲まれ自宅からフリ-ト広場の墓地にシュナイダ―夫人が建てたお墓に埋葬された。
53











(『〜みんなの知らない八王子の偉人〜肥沼信次』発行:八王子ボランティアネットワーク Dr.肥沼の偉業を後世に伝える会)
・墓石には、ギリシャ神話の医師アスクレピオスの杖が刻まれ、「私利私欲を捨て、伝染病撲滅のため行動し、命を落とした」と記されている。数日後、残されたシュナイダ―夫人は娘のクリステルの手を引き、人知れずヴリ-ツェンの街を去ったという。当時、肥沼の下で看護婦として働き、今でも同氏に書いてもらった看護婦の証明書を大事に保管しているヨハンナ・フィ-ルドラ-さん(2005年当時75歳)は「いつも病人にやさしく接し、懸命に治療に取り組んでいた」と同氏の思い出を語っている。

(使命感と望郷)

・肥沼は亡くなる前日、1946年3月7日、症状は悪化の道を辿る。丁度その日は、家政婦のエンゲルさんの16歳の誕生日であった。肥沼は額の汗を拭き取ってくれるエンゲルさんに、「誕生日おめでとう、誕生日祝いをやれずにごめんね」と弱々しい声で語ったそうです。そして、ひとこと、「桜が見たい」とつぶやいた。肥沼が話したことと言えば、「日本の自然はとても素晴らしい。富士山は美しい山で、特に桜は大変に綺麗だ。桜の花を見せてあげたい」。日本から1万キロも離れた異国の地で死を前にして望郷の念が脳裏をよぎったのかもしれない・・・・・。

・肥沼はヴリ-ツェンの人達に個人的なことは何にも話さなかった。シュナイダ―夫人と同居していることも。多くの同地の人達は肥沼を独身と思っていたのに加え、献身的な治療から彼はキリスト教徒と思い込んでいた。彼はキリスト教徒ではなかった。肥沼の行為は宗教や思想とは関係のない、純粋な人間としての行為であり、“医師として、患者を見捨てる”ことができなった。肥沼は不眠不休で働き患者が回復するたびに一つの命が救われたことを心から喜んでいたという。

〖東西冷戦の中で〗

(ベルリンの壁崩壊)

・戦争が終結し、ブランデンブルグ州(州都ボン)のヴリ-ツェン市では、肥沼が身を粉にしてチフスの撲滅にあった「伝染病医療センタ―」は、ヴリ-ツェン市役所となった。ソ連の衛星国となった東ドイツでは、秘密警察の情報管制下にあり、市としては肥沼信次博士を公に称賛することはできなかった。肥沼に助けられた多くのヴリ-ツェン市民は肥沼の功績を忘れずに清楚な墓を建て、四季を通じて花を絶やすことはなかった。肥沼が亡くなって43年後の1989年にベルリンの壁は崩壊し、これまで封印されていた肥沼への感謝の気持ちを晴れて公言できるようになった。

(ル-ツ探し)

・ヴリ-ツェン市では、地元の郷土史家のシュモ-ク博士が、肥沼についての住民の証言を集め、歴史に埋もれてようとしていた肥沼の功績を公にする。これを機にドイツでは、肥沼の出自調査が始まる。しかし、肥沼が自らの事を一切話さなかったため、まったく分からなかった。ドイツ・アカデミ―の長老で、フンボルト研究所所長のピアマン博士は肥沼について強い関心を抱いた。当時、ドイツに駐在していた立教大学の村田全教授(数学思想史)に肥沼の調査を依頼し、同教授は関係機関に問い合わせをするが、やはり不明であった。やむをえなく「朝日新聞」の尋ね人欄に、肥沼の名前を掲載したところ、ようやく1989年12月14日(平成元年)、実弟の肥沼栄治氏の所在が東京であることが分った。このことを村田教授からピアマン博士、シュモ-ク博士、ヴリ-ツェン市長へ伝えられた。ヴリ-ツェン市民は自らの感染という危機を恐れず、市民の生命を守ってくれた肥沼の過去を初めて知った。

・1993年(平成5年)、ヴリ-ツェン市役所の入り口に肥沼信次の記念プレ―トが飾られる。そこには、「肥沼信次はこの建物で自ら悪疫に感染し、倒れるまで多くのチフス患者の生命を救った」と刻まれた。1994年(平成6年)、ヴリ-ツェン市議会は、満場一致で、肥沼信次の功績を称え、名誉市民とすることを決定した。同年、肥沼栄治氏が同市を訪れ、市長をはじめ多くの人達の歓迎を受けます。栄治氏は兄の墓を訪れ、花を手向け、“57年ぶりに兄と対面”する。・栄治氏は帰国し、ヴリ-ツェンの市長から預かった寄付金で、同市に100本の桜の苗木を贈る。肥沼信次医師の墓にも植えられた。「桜の花を見たい」と兄の夢は、ようやく48年ぶりに叶えた。また、桜の木が成長した時に一つの通りを「肥沼通り」と名付けると議会で議決された。

(日独高校生の交流)

・八王子高等学校(市内台町)は2007年、地元ゆかりの肥沼信次の業績を学ぼうと、同校の生徒が聖ヨハネル-テル高校(ヴリ-ツェン)を訪問。2009年同校の生徒が八王子高校を訪れ、両校は姉妹校となった。東北大震災について、2011年3月中旬、聖ヨハネル―テル高校の校長から、被災地への深い悲しみを綴った手紙が届いた。その後、現地では生徒が小遣いを節約し、保護者や学校関係者からの寄付を募るなどして義援金が集められ、八王子高校に送られた。同校には被災地の岩手県釜石、陸前高田、大船渡の三市の中学校出身の生徒がいたことから、義援金は三市の中学校に送付された。同校の佐藤博文校長は「ドイツの人々が60年前の恩を忘れないことに驚くとともに、有難い気持ち」と話す。

〖エピロ-グ〗

・「誰かのために生きてこそ人生には価値がある」Dr.肥沼信次が崇拝していたアンシュタインの言葉です。まさにこの言葉はDr.肥沼の人生そのものでした。

ブランデンブルグ州の地方紙の記者、ロルフ・リンクリンは言う「後に続く世代もまた、肥沼信次医師のことを忘れずにいて欲しい。博士のような人間は物質至上主義のこの世の中にはあまりいないのだから・・・」と。

・死の直前、「桜が見たいと・・・」とつぶやき、再び日本に帰ることなく、両親に会うこともなく、遥か遠いヴリ-ツェン地で病に侵され亡くなったDr.肥沼信次。現在、同市には弟の栄治さんが寄贈した桜が咲くようになり、毎年3月8日の命日には同市民による慰霊祭が開催されている。

Dr・肥沼信次が亡くなって今年で70年。八王子の市民団体「D.肥沼の偉業を後世に伝える会」が2月22日、肥沼信次の墓前に供える千羽鶴を市に託した。市は命日の38日に間に合うよう石森孝志市長の手紙を添えて送る。

         -我らが八王子の野口英世、Dr.肥沼信次は不滅である-。

人物史(東京都・八王子市)

グロ-バリゼ―ション研究所)所長 五十嵐正樹

(参考資料)

・舘澤貢次〚大戦秘史 リ-ツェンの桜〛1995年8月15日(ぱる出版)。

・川西重忠〚肥沼信次を知っていますか?ドイツ人が神と慕い続け〛。

・「世界週報」2005年6月14日、時事通信社。

・「東京新聞」2016年2月10日、同2月24日。

・なかむらちゑ「ヴり―ツェンの風のなかで」、株式会社開発社、平成27年8月5日。

・肥沼 信次 「八王子の野口英世」2016年2月14日。「八王子ボランティアネットワ-クD.肥沼の偉業を後世に伝える会」主催の講演会の配布資料。

・ウイキペディアなど。