2018年10月24日


〖プロロ-グ〗

・1945年以降(昭和20年)、日本は1949年に湯川秀樹氏がノ-ベル物理学賞を受賞してから2018年の京都大学本庶佑特別教授(生理学・医学賞)が受賞するまでに自然科学系で23人が受賞している。米国、英国、ドイツ、フランスに続いて世界5番目に多い数である。特に21世紀に入り、18人が受賞しており、その数は米国に次ぐ世界第2位。

・本年のノ-ブル賞は10月1~3日、自然科学系3賞が発表され、生理学・医学賞に京都大学の本庶佑(ほんじょたすく)特別教授らが選ばれた。物理学賞はレ-ザ-技術を発展させる欧米の3氏に、化学賞は薬やバイオ燃料などの新たな作成法に道を開いた米英の3氏に贈られる。本庶氏の受賞の理由は、がん免疫治療法への道を切り開いたことが評価された。

Tasuku_Honjo_201311












本庶佑氏
(出所:ウィキペディア)

〖基礎研究〗

・毎年のように日本人がノ-ベル賞を受賞しているのは、日本人が基礎研究を長期にわたって安定してサポ-トし、危機感を抱き、若い科学者の育成を重視してきたことと切っても切れない関係があることが分かる。日本文部科学省が発表している統計によると、1940年以降、世界のノ-ベル賞受賞者が受賞の根拠となる研究成果を得た平均年齢が37.1歳、実際に受賞した時の平均年齢が59歳で、研究成果を得てから受賞まで平均22年かかっている。

・本庶氏は、ノ-ベル賞受賞会見で、「今回の基礎的な研究から臨床につながるような発展できたことにとって、基礎医学分野の発展が一層加速し、基礎研究に関わる多くの研究者を勇気づけるということになれば、私としてはまさに望外の喜びだ。基礎研究は非常に重要だが、成果が社会に還元されるまでにかなりの時間がかかる。社会にはもっと寛容な気持ちで基礎研究を見てもらいたい」との見解を示している(注1)。

〖中国の人材〗

(科学の星)

・英国の有名学術誌「ネイチャ-」(2016年6月22日)は、コラムの中で、同誌の記者と編集者が選んだ優秀な中国人科学者10人を紹介した。彼らは神経科学、宇宙科学、構造生物学などの分野で重要な影響力を持ち、同時に世界科学分野における中国の地位向上という面でも重要な力を発揮していると科学日報が伝えている。

・同リストには4人の女性科学者が含まれる。小麦と米にCRISPR-as9ゲノム編集技術を使用した中国科学院遺伝性物研究所研究員の高彩霞氏、タンパク質が原子層でどのような働きをするかを観察した清華大学構造生物学者の顔寧氏、基礎神経生物学と大脳健康転化に寄与した香港科技大学理学院長の葉玉如氏、古代DNAを使い現代人の起源の謎を解いた中国科学院古脊推動物・古人類研究所博士の付巧梅氏などである(注2)。

(人的資源)

・「中国科学院人的資源発展研究報告書」(2014)-科学技術人的資源と政策の変遷」が、中国科学技術出版社から正式に出版された。同報告書によると、中国は依然として世界一の科学技術人的資源国の地位を占めている。中国の2014年末時点の科学技術人的資源総量は約8114万人。うち「資格」の定義に合致するのは約7621万人である。

・中国の2014年科学技術人的資源の年齢構成を見ると、「29歳以下」が中心となっている。学科別に見ると、2012-14年に理学・工学・農業・医学を専攻した大卒者は、同期に増加した科学技術人的資源の93%を占め、院卒者は59%を占めた。うち工学部卒が最多である。学歴別に見ると、博士課程修了者の2014年の比率は0.8%、修士課程修了者は4.7%、大卒者は37%、専門学校は57.5%である(注3)。

〖科学技術〗

(研究開発)

・米国立科学財団が2016年1月に発表した「科学工学指標」によると、中国の科学技術の世界的な地位は日増しに高まっている。研究開発費、科学技術系論文の産出、ハイテク産業の付加価値額などで世界2位を占め、理工系人材の育成、風力発電能力で世界一となっている。中国は今や正真正銘の世界第2位の研究開発大国になっている。以下はそれを裏付けるものである。

△研究開発費の対GDP比、10年で2倍に上昇

・同指標によると、世界の研究開発費は全体的に上昇傾向を示す。北米・欧州・東アジア・東南アジアに集中している。米国は依然として世界-の研究開発大国であり、中国は2位につけている。中国の研究開発費は、EUの合計に近づいている。

・東アジア・東南アジア諸国の研究開発費はこの10年間で急増し、うち中国が最も顕著だった。中国は2003-2013年に、世界の研究開発費の増額分の約3分の1を占めた。欧米が占める比率が低下し、うち米国は35%から27%、欧州は27%から22%に低下した。東アジア・東南アジア諸国は25%から37%に上昇した。研究開発費の対GDP比を見ると中国と韓国は10年間で約2倍に上昇している。

△理工学系人材の育成は世界一

・科学・工学人材は、1国の革新力と経済競争力にとって極めて重要である。同指標によると、中国が2012年に授与した大学の学位の半数弱が、科学・工学系となった。米国の同比率は33%、世界の科学・工学系の大学学位授与件数は640万件で、うち中国が23.4%、インドが23%、EUが12%を占める。米国は9%(注4)。

・2018年6月3日全米科学財団が、世界の科学技術の動向をまとめた報告書によると、2016年の論文数世界ランキングで、中国1位、2位米国、3位インド、4位ドイツ、5位英国、6位日本、7位フランス、8位イタリア、9位韓国、10位ロシア、11位カナダ、12位ブラジルの順である。

〖エピロ-グ〗

・日本人のノ-ベル賞受賞は中国にとって、羨望の的である。他方、中国国籍を有しているノ-ベル賞受賞者はこれまでに自然科学系では、2015年に屠呦呦氏が寄生虫感染症のマラリアの治療に関する発見で生理学・医学賞を受賞、2010年に劉暁波がノ-ベル平和賞、2012年に莫言氏がノ-ベル文学賞を受賞している。

・2016年6月21日、英国の有名な学術誌「ネイチャ-」は、同誌の記者と編集者が選出した優秀な中国人科学者10人を紹介している。彼らは神経科学、構造生物学などの分野で影響力を持ち、同時に世界科学分野における中国の地位向上という面でも重要な力を発揮している。同リストには4人の女性科学者が含まれる(注5)。

・小麦と米にCRISPR-Cas9ゲノム編集技術をしようした中国科学院遺伝性研究所研究員高彩霞氏、タンパク質が原子層でどのような働きかけを観察した清華大学構造生物学の顔寧氏、基礎神経生物学と大脳健康転化に寄与した香港科技大学理学院長の葉玉如氏、古代DNAを使い現代人の起源の謎を解いた中国科学院古脊椎動物・古人類研究所博士の付巧梅などである。以上の諸点を考えると、将来、自然科学系で中国人が受賞する可能性は十分ありえる。

(グローバリゼーション研究所)所長 五十嵐正樹

(注)

(1)「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年10月12日。

(2)「人民網日本語版」2016年6月22日。

(3)「人民網日本語版」2016年4月22日。

(4)「人民網日本版」2016年2月24日。

(5)「人民網日本版」2016年6月22日。

(資 料)

(1)「朝日新聞」。

(2)ウイキペディア。   

(3)全米科学財団資料。