ギターエフェクター レビュー

ギターのエフェクター、機材についてのレビューです。
機材マニアではありませんが、ギターの音が好き。
理想のギターサウンドはPAVEMENT(ペイヴメント)とyo la tengo(ヨ・ラ・テンゴ)
ローファイ好きです…あ!安いエフェクターじゃないと買えない…

好きな音のバンド・ミュージシャン/New order/My bloody valentine/Yo la tengo/Pavement/The jesus and mary chain/The Pastels/The Vaselines etc...

真空管アンプを育てる楽しさを低価格のアンプで体感‼(簡単プチ改造)

amp

僕が感じる真空管ギターアンプの魅力については、「fender blues junior chocolate tweed」のレビュー記事でご紹介させていただいたのですが、家庭用の小さな真空管アンプでも、そこそこのお値段がしちゃいます。ノミの心臓を持つ私には、とても気軽にプチ改造!って訳にはいきません。

今回ご紹介する真空管ギターアンプ「VOX AC4C1-12」はなんと、2016年1月現在、1万円そこそこで買えちゃうのです。 これには思わず触手が動きました。。ひょっとすると新製品が出て値下がりしているのかもです。

正直、デフォルトでの良い音には期待せず、プチ改造前提での購入です。もっともスピーカーと真空管を取り換えるだけなので、簡単グレードアップといったところでしょうか。 デフォルトでの音は残念ながら、眠たい音といった感じで、僕が真空管アンプに求める色気のある音ではありませんでした。今回のグレードアップの狙いは、音の解像度を上げ、シャープで奥行のある音にする!です。具体的にはP90搭載のエピフォン・カジノとハムバッカー搭載ギターを好みの音で鳴らす事が目的です。(脳内では狙い・目的とする音が明瞭に響いておるのですが、言葉にするのは難しいです…) あっ!僕は電気回路等、専門的な知識はありませんので、改造する際は、くれぐれも注意して自己責任でお願い致します。

■ このアンプ(VOX AC4C1-12)の良いところ

1.スピーカーサイズが12インチである事◎

ギターアンプの交換用スピーカーに12inchサイズのものが多く、音色を大きく左右するはずのスピーカーの選択肢が、10インチサイズの同社アンプ「AC4C1」よりずっと増えます。 以前、「気になる真空管ギターアンプ」記事内で気になるスピーカーとしてご紹介した「CELESTION / G12H」を試すチャンス到来です!

2.真空管(プリ管12AX7×2)(パワー管EL84×1)とシンプル◎

ギターアンプによっては、パワー管の交換時には、アンプ側の調整(バイアス調整)が必要になる場合があるらしいのですが、僕が調べた限り、この「VOX AC4C1-12」では必要ないようです。臆する事無く真空管による音の違いを楽しめそうです。

・念願のスピーカー「CELESTION / G12H/16Ω」を試す!

celestion_g12hxxx

で、さっそく注文して届いたスピーカー「CELESTION / G12H/16Ω」ですが、デフォルトのスピーカーに比べてかなり重量があります。この重さが期待に繋がります。 デフォルトでついてるスピーカーも同じメーカー「CELESTION」のモデル専用スピーカーなのですが、全然作りが違うように感じました。中国製で軽いです。。 スピーカーの交換は簡単で、プラスドライバーさえあれば、大丈夫です。スピーカーケーブルをそのまま使うのであれば、ハンダ付けも不要です。
※注意点としては、「CELESTION / G12H」スピーカーには8Ω / 16Ω仕様の2種類が存在します。 「VOX AC4C1-12」は16Ωになっていますので、16Ωを選びました。抵抗値の小さい8Ωをつけるとどうなるのかは、無知な僕にはわかりませんが、やめといたほうが良いんじゃないかなぁ。

音色は狙い通り、解像度が上がって、ザラッとしたピッキングニュアンスが表現されるようになりました。 スピーカー選定にあたっては、例によって関連動画を見まくり、レビューを読み漁ります。レビューによっては、音が固くなるといった評価もありましたが、デフォルトで眠たい丸い音なので、良い塩梅になると予想しました。 他の選択肢としては、定番の「 CELESTION ( セレッション ) / G12M GREENBACK/16 」でも面白いんではないでしょうか。

・プリアンプ管TUNG-SOLの12AX7Aにグレードアップ!

tungsol_12ax7a

続いて真空管の交換を試します。今回はプリアンプ管として、TUNG-SOLの12AX7Aを2本購入。 元々の中国製と交換します。
スピーカー交換に続き、音質が少しずつ向上するのを感じて感動です。少しずつモヤが晴れていくようです。

・パワー管をGroove Tube「GT-EL84S」に。

gt_gtel84ssinglea

最後に、パワー管をGroove Tube「GT-EL84S」に交換してみました。 これJJ Electronicのパワー管と同じものらしい記事も読みましたが、JJのものにも興味があったのでちょうど良いやって感じでした。Groove Tubeでは真空管の個体差「歪みやすさ」を10段階で標記しているようなのですが、サウンドハウスでは番号までは指定出来ないみたいです。安いからなぁ。
僕はクリーントーン重視なので、できたら歪みにくいヤツが良かったのですが、運良く、歪みにくい番号のが届いてラッキー◎

■ スピーカー、真空管を交換した感想

これが、自分でもびっくりするくらい狙い通りのサウンドになりました◎(かなり偶然の要素がデカいと思われます)
眠たかった音色が、クリアで品があり、尚且つ、元々の温かみが残っていて、P90カジノが気持ちよく響きます。適度なローファイ感がGoodです。
Fender Blues Jrと比べると、音のレンジは狭く中音域によっていますが、逆にそれが良い味になって、個人的には大満足です。
今回のグレードアップ、思い入れもあっての評価もあるのかもしれませんが、大成功になりました◎

※注意点としまして、このギターアンプにはEQ(トレブル・ベース)がついていますが、デフォルトでは調整が難しく、思い通りにコントロールできません。知識と技術があれば、EQの改造ができるかもしれませんが、私には無理でした。なのでEQに頼らず、お気に入りの音を完成させる必要があります。 EQの効き方も調整できちゃう人なら、更に好みの音が作りやすいのではないでしょうか。

真空管アンプを育ててみたくてウズウズしている方限定にはなりますが、とてもオススメの安いアンプです◎
あ、GainとMasterVolumeがあるので、小さい音量で鳴らせます。


アマゾンで真空管ギターアンプ「VOX AC4C1-12」をチェックする>>
スピーカー「CELESTION / G12H/16Ω」をサウンドハウスでチェック>>
プリアンプ管「TUNG-SOL 12AX7A」をサウンドハウスでチェック>>
パワー管Groove Tube「GT-EL84S」をサウンドハウスでチェック>>
にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へにほんブログ村

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでポチっと押してもらえると嬉しいです。何分、極めて私的なレビューですので心苦しいのですが、どうぞ宜しくお願い致します。

シングルコイルピックアップとアンプの音色を損なうこと無く、オーバードライブさせてくれる極上ペダル

AnalogManPrinceofTone

今回、ご紹介させて頂きますAnalog.manのオーバードライブエフェクター「Prince Of Tone」ですが、2015年11月現在、入手が困難かもしれません。
Analog.manのWEBサイトから、直接購入も可能なのですが、在庫無しになっていますね。

しかし、あまりにも素晴らしいペダルですので、是非ご紹介したいと思います。
この「Prince Of Tone」は、評価の高い「King Of Tone」、こちらは2ペダル(オーバードライブ2個搭載)の後に、発表されたペダルだと記憶しています。
King of toneの方は使ったことが無いですが、おそらく歪みの質は似ていると思います。

切り替えスイッチでOD,Boost,Distortionモードを切り替えられますが、ODでずっと使い続けていますので、ここからはODモードのレビューになります。driveは9時から12時くらい、クリーンクランチとして常時踏みっぱなしです。

歪みの種類としては、BOSSのBD2やCrowther AudioのHotcakeに近い歪み方で、アタックが強く歪み、自然に減衰する感じです。
Crowther AudioのHotcakeは、そのアタックの音圧に特徴があるのですが、この「Prince Of Tone」のオバードライブはもっと自然で繊細な感じがします。
ギターとアンプで好みのクリーンサウンドを作れれば、その音を活かしたまま、絶妙な歪みを加えられます。

歪みの質感はザラッとしているのですが、粒が細かく、上品さもあり、強くピッキングすればワイルドに歪み、弱く弾けば、優しい音、クリーンにほんの少し艶を加えてくれます。コードも濁ることなく美しく響きます。

とにかくクランチでの音質が絶妙に気持ち良いので、私のペダルボードでは欠かせないエフェクターになっています。

シングルコイルピックアップをお使いで、ピッキングニュアンスを活かしたいギタリストさんには、特にお勧めしたいペダルです。

見つけたら「即買い」してほしいペダル!ってほど気に入っています◎


ANALOG.MANのWEBサイト「Prince Of Tone」の購入ページ>>←※在庫がありますように


楽天でAnalog.Manの「Prince Of Tone」オーバードライブを探す>>


BOSS BD-2 ブルースドライバー レビューはこちら>>

Crowther Audio Hot Cake 3knob レビューはこちら>>


追記:

私事ですが、このレビューブログを始めた当初は、ブログの紹介文にもあります通り、比較的安価で良いエフェクターがたくさんある事を記事にしようとしていたのですが、気づいてみると、今回ご紹介させて頂いたAnalog.Man 「Prince Of Tone」などは、確か2万円以上で入手しております。お恥ずかしいのですが、どんどんエフェクターの魅力にハマってます。 ほんと魔法の小箱ですね。特に歪み系エフェクターには思い入れが強く、困ったもんです。最近はエフェクターが小型化していてIbanezのチューブスクリーマーMiniなんていうエフェクターも登場していますね。エフェクターボードを圧迫しないエフェクターの小型化は非常に有難いのですが、ことオーバードライブ、Fuzzペダルのような歪みエフェクターには、せめてMXRの大きさくらいはあってほしいと感じるのは私だけでしょうか(笑)
それくらいエフェクターというオモチャの外観、質感にまでワクワクするのです。。


にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へにほんブログ村

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでポチっと押してもらえると嬉しいです。何分、極めて私的なレビューですので心苦しいのですが、どうぞ宜しくお願い致します。

巷ではブースターとしての評価が高いようですが、これがなかなかPreampと銘打つだけあって良いオーバードライブエフェクターです◎

dod-250

最初の印象はボロい音が出るオーバードライブだなぁと思っていたのですが、あまりピンときませんでした。けっこうポンコツな歪みだと感じたのには訳があって、このエフェクターペダル、ギターとアンプの音に忠実で、ギターとアンプで良い音を作れれば、良い味付けをしてくれますが、ギター自体の音が良くないと、エフェクター踏んでも良い音が出ないw
まぁ、当然の事と言われれば、そうなのですが、このエフェクターはそれが顕著な気がします。
他の方のレビューを見ていると、「単体では使い物にならない」といった意見も多いようなのですが、僕は好きですね、このボロい音◎クリーンで良い音が作れれば単体でも良いです◎
決してゴージャスな歪みでは無く、わりとキメの荒い歪みなのですが、ハイがほんの少し削れるので、ローファイな温かみのある歪みが得られます。かといって中音域を持ち上げるような味付けは無いので、コード弾きしたときも音が濁り過ぎるといった事が無い。ハイの削れ方が絶妙なので、トーンコントロールが無くても全然良いんです。
ただし、上記の感想はゲイン1時くらいまでに抑えて使った場合で、1時以降になると、急激に歪みだして、ハイがギラギラ目立ってきます。僕はゲインは1時までのセッティングが気に入りました。

イメージとしては初期のローリングストーンズキンクスの音がします◎

上手に使えば、かなり格好いいんじゃないかな(笑)

ステージ上にこのDOD Overdrive Preamp/250一発で勝負しているパンクなギタリストさんがいたら、惚れてしまうかもしれません◎

僕が試したLEDのついていないタイプは生産が完了してしまっているようですが、LED付のニューヴァージョンが登場しているようですね。


DOD ( ディーオーディー ) / Overdrive Preamp 250をサウンドハウスでチェック>>

DOD ( ディーオーディー ) / Overdrive Preamp 250の最安値を楽天でチェック>>


にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へにほんブログ村

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでポチっと押してもらえると嬉しいです。何分、極めて私的なレビューですので心苦しいのですが、どうぞ宜しくお願い致します。

おすすめのオーバードライブの特徴をレビューしてみます。

これまでご紹介させていただいたオーバードライブペダルの中から、低価格でオススメのオーバードライブエフェクターをまとめてみます。画像をクリックしていただきますと、それぞれのエフェクターのレビューページへジャンプできますので、興味のあるエフェクターに関しては、そちらもチェックして頂けると幸いです。



boss_bd2b_2

BOSS ( ボス ) / BD-2


ザクザクした歪み。ピッキングニュアンスでクリーンからクランチまで表現力の高いエフェクター

僕が一番長く使っているオーバードライブエフェクターです。特にシングルコイルピックアップとの相性は抜群で軽いクランチで使用するのが個人的には気に入っています。優しくアルペジオを弾くと、クリーンに響きますし、力強くピッキングするとアタックがジャグっと歪む印象です。ピッキングニュアンスがモロに音に反映されますので、ピッキングに自信がない人にとっては、少し難しいエフェクターかもしれません。

BOSS BD-2 ブルースドライバー レビューへ
BOSS ( ボス ) / BD-2をサウンドハウスでチェック>>
url

BOSS ( ボス ) / OD-3


ナチュラルに太く歪むエフェクター。適度なコンプレッション感があり、サスティーンが抜群

同社のBD-2とは、全然違う個性で、どちらかと言うと、こちらの方が、ザ・オーバードライブって音が出ます。中音域にピークがあり、ナチュラルに音が太くなります。適度なコンプ感とサスティーンがあるので、とても気持ち良く弾きやすいオーバードライブ。特に初めてのオーバードライブには、とても良いんじゃないでしょうか。個人的には、ハムバッカーのギターとの組み合わせが好みですが、シングルコイルピックアップでも艶のある柔らかな歪みが得られるエフェクターだと思います。

BOSS ( ボス ) / OD-3 レビューへ
BOSS ( ボス ) / OD-3をサウンドハウスでチェック>>
maxon_od888d_2

MAXON ( マクソン ) / OD808


ナチュラルに歪むエフェクター。適度にボロい音が出てお気に入り◎

最近お気に入りで使っているナチュラルオーバードライブ。BOSS ( ボス ) / OD-3と同じく、音全体がナチュラルに歪むタイプのオーバードライブなのですが、OD-3よりも音に癖があり、中音域に音が集中する感じ。OD-3のほうがレンジが広く、キメが細かいです。が、何故か好きなんですMaxonが(笑)だって音がボロいんだもん。ローファイ好きにはオススメのオーバードライブペダルです◎

MAXON ( マクソン ) / OD808  レビューへ
MAXON ( マクソン ) / OD808をサウンドハウスでチェック>>
49453535

VISUAL SOUND ( ビジュアルサウンド ) / Drivetrain Overdrive


OD-3とOD808の良いトコ取り◎低価格モデルながら、非常に優秀なオーバードライブ

これは良いです。maxon OD808に似たボロい歪みなのですが、意外にレンジの広いところはBoss OD-3に近いです。OD808と弾き比べるとこちらのドライブトレインのほうが、レンジが広くゆったりとしています。ただ基本はOD808に近いボロい音でして、アンプで歪みを作ってブーストすると音の粒の粗さが強調されるので、使えない音になってしまうかもしれません(笑)

VISUAL SOUND ( ビジュアルサウンド ) / Drivetrain Overdrive レビューへ
VISUAL SOUND ( ビジュアルサウンド ) / Drivetrain Overdriveをサウンドハウスでチェック>>

今回ご紹介させていただいたオーバードライブエフェクターは1万円しない低価格モデルですが、十分使えるお勧めエフェクターばかりです。このレビューが少しでも、エフェクター選びの参考になれば幸せだなぁ…と思います◎



にほんブログ村 音楽ブログ 楽器・音楽機材へにほんブログ村

ブログランキングに参加しています。励みになりますのでポチっと押してもらえると嬉しいです。何分、極めて私的なレビューですので心苦しいのですが、どうぞ宜しくお願い致します。

このページのトップヘ