販促の知恵袋

売れない時代に、“売れる”方法を探り出すのが、私の仕事です。
世の中の動きや事例を紹介しながら、その中に隠されているヒントをお届けします。

2008年10月

おひとりさま市場は、今後も拡大5

JTBが、1人でも気軽に参加できる
パック旅行に力を入れています。

1人参加の割増料金を抑えたり、
食事を部屋で食べられるなどのサービスを
充実させたプランを導入。

1人でも気兼ねなく参加できるツアーを
今後も増やす予定です。

いま、「おひとりさま」が注目されていますが、
現実に、高齢者の1人暮らしや、
結婚しない人が増えて、
“ひとり”で行動する人が増加しています。

これまで、
観光型のホテルや旅館、レストランなどでは、
「おひとりさま」を相手にしていなかったのですが、
“ひとりマーケット”の大きさに気づき始めています。

食品分野でも、“ひとり用”が増えていることを
見逃してはいけません。



▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

学生のアイデアを借りる5

ローソンとファミリーマートは、
大学生のアイデアをもとに、
新しいお弁当を開発しました。

ローソンは、日体大レスリング部が考えた
「豚キムチマヨ丼」と
関大バスケットボールサークルが考えた
「ハッシュドビーフライス」を商品化。

ファミリーマートは、
食品や調理を学んでいる学生が考えた
「五穀米の豆キーマカレー」や
「豆腐とキノコのグラタン」を商品化。

学生に考えてもらうメリットは、
若い層の斬新なアイデアが期待できることと、
商品開発のコストが軽減できることです。

さらに発売後は、学生たちが興味を持って、
買ってくれるので、売り上げも確保できます。

このように、企業と学生が手を組んで、
商品開発をすることはよくありますが、
プロには無い視点でアイデアを出してくれるので、
積極的に活用すればいいのではないかと思います。

学生も良い勉強になります。



▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

試供品配布の新しい手法5

試供品と言えば、
店頭や街角でのバラまきが定番でしたが、
意外な場所での提供により、
新たな可能性が見え始めています。

カルビーはJTBと組み、
バスツアーに参加する40〜50代の女性に、
新商品の試供品を配布しようと計画しています。

想い出に残りやすいイベントにからめて配布すれば、
販促効果が高いと判断したわけです。


ファーストキッチンでは、ドリンクを購入した人に、
海外人気ドラマ「HEROS」のDVDをプレゼントする
キャンペーンを始めます。

「HEROSシーズン1」
1話〜3話までのダイジェスト版と
シーズン2の予告編を収録した、いわば宣伝用です。

しかし、DVDがもらえるというのは、
インパクトもあり、話題性も高くなります。

ファンにとっても、欲しいDVDです。


試供品も、配布する方法次第で、
PR効果は何倍にもなります。



▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

中高年市場は、拡大を続ける5

資生堂は、60代以上の女性を対象とした、
化粧品の新ブランド「エリクシール プリオール」
を発売するようです。

老け顔に見える原因が、
肌の色やたるみにあることに着目し、
保湿成分などを配合して、
透明感のある明るい肌へ導く効果を追求しています。

歳を取っても、女性は若く美しくありたいものです。

心ない男性の感覚で「もう歳だからいいだろう」
などと思うのは、もってのほか。

老人ホームに入所している女性に、化粧をしてあげると、
暗くなりがちだった人が明るくなったり、
病気が良くなったりする例もあります。

それだけ、女性にとって化粧は大切なことなのです。

同じように、ファッションについても関心が高く、
つねに人の眼を気にして、
お洒落をしていたいのです。

歳を取って、多少の金銭的余裕が出てきたので、
これまで我慢してきたことや、
やってみたかったことを聞いてあげれば、
さまざまな欲求が溢れ出ることでしょう。

そのキッカケを作ってあげることが、
ビジネスに繋がるのです。



▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

「商品+ゲーム性」で、売り上げアップ5

アメリカのセブンイレブンでは、
いま大統領選で盛り上がっています。

コーヒーカップを利用した予想投票で、
コーヒーを買いに来たお客さまを対象に、
赤い「マケインカップ」か、青い「オバマカップ」を
選ばせるというもの。

中立の人には、セブンイレブンのカップを用意。

お客さまが選んだカップは、
代金を払う時にスキャンされ、
その集計結果が、毎朝10時までに各店の掲示板と
ウェブサイトで発表されます。

アメリカ人は特に大統領選には燃えますが、
こうした“ゲーム”を取り入れることで、
注目度が高まり、売り上げもアップするのです。

「抽選で当たる!」「来場者数予想」などに、
人は非常に興味を示し、熱くなってしまうものです。

“ゲーム”を取り入れた販促活動は、
何度やっても集客する力は衰えません。



▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

新しい客層としての「身障者」

バンダイナムコゲームスという企業が、
車椅子に座ったままでも遊ぶことができる、
ゲームセンター用ドライブレースゲームの
開発に取り組んでいます。

足が不自由な人向けに、アクセルやブレーキを踏まずに、
手で操作できる機種を開発しています。

車椅子だと、制約されるものがたくさんあります。

ゲーム機に限らず、パチンコ、温泉施設、
遊園地、プール……などは、行きたくても、
諦めるしかないのです。

これらの施設の中で、身障者向け設備が標準化されれば、
身障者の楽しみが増えると同時に、
積極的な消費の拡大にもつながるのです。

社会に役立つことは、
ビジネスを手掛ける者の役割のひとつでもあります。



▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

同業種のコラボで、市場を拡大5

愛知県にある佃煮製造業8社が、
各社の製品を組み合わせたセットを開発。
産地である「東三河」の
知名度アップを図ろうとしています。

『三河つくだ煮セット 美味づくし』

名前は平凡ですが、青箱と赤箱があり、
それぞれ4種、各社1種ずつ入っています。

ごまイワシやホタテしぐれ煮、ハゼの甘露煮など。

メーカーがそれぞれ頑張って
全国にアピールしたところで、
一企業のただの宣伝としか見られません。

しかし、8社が同じものをそれぞれPRすれば、
そのインパクトは8倍ではなく、
8乗にも成り得るものです。

「東三河のつくだ煮」が広まれば、
地域全体の活性化にもつながります。

ひとつの小さな企業では無理なことでも、
仲間が集まれば、大きなことができるものです。



▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

健康志向の手軽化が、外食産業を救う5

「栄養補給菓子」という分野が流行っています。

カロリーメイト、ソイジョイ、毎日果実など、
小腹が空いたり、時間の無い時に、
手軽に食べられる簡易食のことです。

現代人の忙しさに加え、
健康志向も追い風になっています。

健康ではいたいけど、
料理に気を遣うのは面倒だし、時間も無い。

そんな人が、サプリメントやこういったお菓子を
購入しているようです。

私は、それだけではないように思います。

“料理をする”ということが
面倒だと思う人が多くなったのではないか、
ものぐさが増えたのではないか、と感じています。

食べることは好きでも、作るのはイヤ。
まして、健康を考えながら作るなんて……。
そんな人が増えているのだと思います。

中食が流行っているのも、
これが要因ではないでしょうか。

外食産業が、ガソリンの高騰などもあって、
落ち込んでいますが、
その解決策が、ここにあるのではないかと思います。

『健康志向の手軽化』

栄養、カロリー、価格において、
手軽に利用できる環境を整えれば、
中食だけではなく、外食も増えていくはずです。

選択肢は、多い方がいいのです。

一部のファミレスでは、
カロリー表示や有機野菜の活用に取り組んでいますが、
それを知らせているだけで、
具体的なライフスタイルの提案がありません。

つまり、
「外食することで健康が維持できる」
というスタイルの提案です。

重要なのは、
「手軽に健康的な生活」
を、どうイメージさせるのか。



▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

無料券でお得感をアピールする5

北海道・小樽の漁師民宿は、1泊2食13,800円。
漁師がやっているので、魚介類の食事は申し分無し。

しかし、最近の流れからすると、
ちょっと高く感じる料金です。

ところが、この民宿のサービスを知ると、
かなりお得な料金だと認識を改めます。

次の日の昼食用にと、
小樽のお寿司屋さんの「特上握り鮨・無料券(2,410円)」
がもらえます。

さらに、町営の温泉施設・入湯券(600円)」も
ついてきます。

つまり、3,010円がタダになるというわけです。

計算すると、民宿の料金が1万円ちょっととなります。
これなら、高いとは思いません。

むしろ、安いと感じるかもしれません。

3,010円の“おまけ”には、
かなりのインパクトがあります。



▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

海外の文化を紹介する5

飲食店専門のある有名なコンサルタントは、
次から次へと新しい業態やメニューを開発し、
成功させています。

しかし、その方法は驚くほど単純です。

海外を歩き、珍しいお店、ユニークなメニューがあると、
そのお店と契約し、
そのままのカタチを日本で作ってしまうのです。

ただ、それだけ。

なのに、高額なコンサルティング料を請求します。

確かに、ヒットするお店やメニューを探し出すのも
技術が必要なのですが……。

探し出したものをそのままのカタチで提供するのなら、
あなたにもできるはずです。

珍しいもの、変わったものには、注目が集まります。
オリジナリティとは関係のないことです。

海外を歩いてみてください。

アイデア・ひらめきが、たくさん落ちています。
これで、高額なコンサルティング料は、
不要になります。



▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
コラム

マーケティングコラムを
書いています。



人気ランキング
▼ブログランキングに
 参加しています。
 1クリックを
 お願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


おすすめ情報




佐藤きよあきの書籍