販促の知恵袋

売れない時代に、“売れる”方法を探り出すのが、私の仕事です。
世の中の動きや事例を紹介しながら、その中に隠されているヒントをお届けします。

2008年11月

小規模店限定ブランドの開発5

大阪のある米問屋が、
販路を米穀店に限定した米を扱っています。

経営環境が厳しくなっている米穀店を支援するためです。

量販店とは異なる品揃えによって、差別化を図り、
米穀店に生き残ってもらおうという戦略です。

不況のいま、量販店と同じ商品を扱っていては、
絶対に勝てません。

量販店には無い商品、
しかも特徴のある商品を扱っていれば、
安さ優先ではないお客さまが、必ず買いに来てくれます。

このケースでは、
問屋が積極的に商品開発をしてくれていますが、
他業種では難しいところです。

小規模店が力を合わせ、
メーカーや問屋に働き掛けたり、
自分たちで独自ブランドの開発を
考えてもいいのではないでしょうか。


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

固定観念を捨て、新たな可能性を探る5

ポン酢しょうゆの市場が拡大しています。

従来は、秋から冬の鍋料理に使うもの、
という固定観念がありました。

しかし最近は、焼き肉や餃子、サラダに使ったり、
塩分の多いしょうゆの代わりに
使われるようになってきました。

メーカーによる、
用途拡大のための“使い方提案”なども
効果を発揮しているようです。

また、種類も増え、味のバリエーションが
楽しめるようになったことも、
売れている要因としてあります。


他にも「固定観念のある商品」は、
たくさんあるはずです。

すべての常識を捨てて、見直してみることが重要です。

そこに、大きな可能性が眠っているかもしれません。


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

他社の広告を請け負う5

「すかいらーく」が、
店舗のテーブルや入口ドアなどを、
広告媒体として活用する
「インストアメディア事業」を始めます。

テーブルに広告ステッカーを貼ったり、
POPを置いたり。
ドアや店内にポスターを貼ったり。

私もマクドナルドのトレイについてくる
チラシ(情報紙)を見ていて、
同じようなアイデアを考えていました。

飲食店のランチョンマットに、
他店の広告を掲載するというものです。

この広告料によって、収益を高めるのです。

お客さまが“待っている間”というのは、
結構手持ち無沙汰なものです。

広告だろうが、つまらない雑誌だろうが、
つい見てしまうものです。

つまり、注目率が高いのです。

これは、広告メディアとしては、
有効に活用できるのではないでしょうか。


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

生産者から直に仕入れる5

居酒屋大手のモンテローザが、
有機野菜の生産を始めます。

自社生産することにより、
生産から供給までを一貫して手掛け、
食の安全・安心をアピールする狙いがあります。

他にも、業務用食材を販売する
業務スーパー(神戸物産)も、
北海道もしくは東北で野菜生産を計画しています。

イオングループは、
漁業者からの直接買いつけを拡大する予定です。

このように、生産地から直接仕入れたり、
自ら生産することで、仲介業者、卸問屋を介さず、
利益率の拡大を図ろうとしています。

これにより、販売価格も抑えることができ、
お客さまにも喜んでもらえるのです。

この流れは今後も広がるはずなので、
小規模事業者と言えども、
生産者からの直仕入れが必要になってきます。


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ひと工夫が、注目を集める5

栗の形をした大判焼き「大判びっ栗焼き」が、
注目を集めています。

甘栗の入った大判焼きで、黒あん、白あん、
カスタード、チョコレート、ジャーマンポテト、
極みのカレーの6種類。

味の特徴もさることながら、
この大判焼きには、ユニークなサービスがついています。

大判焼き全体が顔になっていて、
ハチマキをしているデザイン。

そのハチマキ部分に、
6種類の焼き印を入れてもらえるのです。

「自分に勝」「勝負に勝」「人生に勝」
「勉強に勝」「病気に勝」「全てに勝」

自分へのメッセージとしてもいいし、
お土産にしても、喜ばれるのではないでしょうか。

たかが大判焼きなのですが、ほんのひと工夫で、
他とは違う大判焼きになってしまうのです。


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

血液型で選ぶ、品揃え5

血液型で選べる入浴剤が発売されました。

A型はコラーゲン、O型はシルク成分、
などを配合し、パッケージ(血液型)ごとに、
各血液型の特徴が表記されています。

最近売れている書籍にも、
「O型自分の説明書」などというものもあり、
血液型への関心は、
いつの時代にも高いのかもしれません。

ならば、扱っている商品・サービスを
血液型に分類して販売することも可能なのでは。

血液型による性格に合わせたデザインや色づかい。

直接「A型」「B型」と書かれたデザインの商品など。

血液型への関心が無くなることは、
この先も無いはずです。


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

手づくり派向け商品を売る5

不況が続き、自宅で食事を作る人が増えています。

安くできる上、健康を気遣うこともでき、
安全面でも心配が無い、というのが理由のようです。

しかし、一から本格的に料理を作るのではなく、
焼いたり、炒めたり、簡単なものが主流です。

しかも、調味が面倒だと「総菜の素」などが、
よく売れています。

家計を考えると、手づくりになるけれど、
手間は掛けたくないのです。

また、インスタントを使いながらも、
手づくり感が楽しめるところが、
人気なのかもしれません。

すべてを手づくりするのは面倒でも、
手づくりする楽しさを味わえるのです。

不況の中での、ちょっとした遊び感覚なのでしょう。

これは、他の業種でも
“使える手法”なのではないでしょうか。

最終的な製品にはせず、
完成一歩手前の
手づくりキットとして販売するのです。

組み立てるだけの状態になっている、パソコン。
縫い合わせるだけの子ども服。
自転車、犬小屋など。

家具の組み立て式はスタンダードになっていますし、
ログハウスもキットがあります。

それほど難しいことをしなくても、
手づくりを楽しめる、というのが、
現代人に合っているのではないでしょうか。


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

モノを大切にする「ワケあり商品」の販売5

収穫や流通の段階で、
ちょっと傷がついただけで廃棄される野菜や魚。

販売用のトレーに入らないというだけで、
仕入れを断られる魚。

「見た目が小さい」というだけで
廃棄されている、高級きのこ。

脚が取れているからと、
地元だけで叩き売りされているカニ。

これらの商品には何の問題も無く、
美味しいのに、流通経路に乗らないのです。

実にもったいないことです。

しかし、厳しい社会情勢の中、
こうした「ワケあり商品」を見直し、
安く販売しようという動きが出てきました。

素晴らしい試みです。

モノを大切にできる上、生産者の苦悩も軽減できます。

食材・食品に限らず、「ワケあり商品」を
もっと販売すればいいのです。

一客割れた食器セット。
小さな傷がある、鞄や家具。
パッケージの汚れた日用品。

欲しいと思う人は、たくさんいるはずです。


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

高齢者への優しさを忘れるべからず

イオングループのジャスコ盛岡店には、
認知症を正しく理解するための講座を受講した
「認知症サポーター」が、たくさんいます。

今後も増加する高齢者が、
安心して買い物ができる
店づくりへの取り組みのひとつです。

他にも、「サービス介助士」の資格取得を推進したり、
店舗のバリアフリー化も進めています。

これらの取り組みによって、
高齢者を中心としたお客さまに対する接客意識も
変化してきたようです。

積極的に声を掛けたり、
荷物を運んだりする店員が増えています。

売り方の変化も出ています。

高齢者のことを考え、開店時間を早くしたり、
商品の配送サービスも実施するようになりました。

これにより、“安心して買い物ができる”と、
高齢者の来店が増えています。


ビジネス全般に言えることですが、
これからは高齢者への優しさを
忘れるわけにはいきません。


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

「こもり」需要に、どう応えるのか5

消費者が出歩かなくなり、
家に“もこって”遊ぶことが多くなりました。

AVレンタルやテレビゲーム、モバゲー、都市型CATV、
漫画など、家で楽しめる娯楽分野の業種が、
業績を伸ばしています。

若いカップルもデートは外出せず、
どちらかの家で過ごすことが増えています。

これでは、消費の拡大は望めません。

人が来ない、モノが売れない、
と嘆いているだけでは、先がありません。

積極的に仕掛ける必要があります。

家に人がいるのはわかっているのですから、
売りに行けばいいのです。

出前、ケータリングです。

温泉を宅配したっていいのです。

家の前にカフェを出前するのもアリです。

カルチャー教室、エステの出張も可能性はあります。

すでに存在しているものもありますが、
“いま”だからこそ、
受け入れられるのではないでしょうか。


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
コラム

マーケティングコラムを
書いています。



人気ランキング
▼ブログランキングに
 参加しています。
 1クリックを
 お願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


おすすめ情報




佐藤きよあきの書籍