販促の知恵袋

売れない時代に、“売れる”方法を探り出すのが、私の仕事です。
世の中の動きや事例を紹介しながら、その中に隠されているヒントをお届けします。

2009年01月

パッケージを変えるだけで、大ヒット5

ある和菓子の販売サイトで、
戦国武将の家紋をあしらったパッケージの
羊羹が売れています。

中身はごく普通の羊羹。
ほうじ茶、抹茶、さつまいもの3種類。

商品の外装を刷新する際に、
豊臣秀吉や伊達政宗など、
戦国武将の家紋100種類を印刷したもの。

商品の特徴は、これのみ。

しかし、NHK大河ドラマの人気もあり、大ヒット。

「パッケージを変えるだけでも、
 商品は売れるようになる」

という、マーケティングの見本のような戦術です。

ハッキリ言って、小手先の手法。
されど、奥深き戦術です。



▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

定番コースを打破する5

築地のマグロ専門店が、
「マグロの解体ショー」の出張サービスを開始しました。

その出張先は、結婚披露宴や同窓会など、
これまでとは違った場所を狙っています。

マグロの解体は、百貨店やスーパーの集客には効果的で、
すぐに売り切れる人気ぶりです。

これをまったく異色の場所に持っていくことで、
新たなイベントとして、成功させようとしています。

解体には、実況中継を入れたり、
ケーキの入刀ならぬ、「包丁入刀式」や
「中落ち争奪戦」なども用意して、
場を盛り上げる工夫をしています。

披露宴や同窓会は、
これまでどこも同じようなカタチで行なわれていたので、
新しい試みとして、注目されるのではないでしょうか。

特に披露宴は、
美味しくもない、ありきたりの料理が多いので、
招待される側としては、
嬉しく、楽しいものになるでしょう。

日本人はマグロが大好きなので、
人気が出るかもしれません。


このように、人は集まるけれど、
定番化してしまって面白くないイベントに、
まったく違う分野の商品・サービスを持ち込めば、
新しい文化が生まれるかもしれません。


『常識からの脱却』

ここにチャンス!



▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

苦しい時の神頼み5

不況の中の正月。
さすがに、車にしめ縄をつけている人は減っています。

しかし、家用のしめ縄や鏡餅は、逆に増えたそうです。

信仰心の薄い日本人なら、節約のために正月飾りを
やめようとするのではないかと思うのですが、
実際は逆でした。

不況だからこそ、“神頼み”が増えたようです。

神社への参拝も大幅に増えています。

意外ですが、思った以上に
信仰心があるのかもしれません。
まぁ、都合の良い信仰心だと思いますが。

この心理を読めば、
“売れるモノ”が見えてくるのではないでしょうか。

「福」「縁起」「当たり」「富」「祈願」……
こうしたキーワードとビジネスを絡めれば、
消費者は手を伸ばすはずです。



▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

お客さまを知り尽くす5

あるファッション店は、LLサイズのお店。

“おデブちゃん”の習性、気持ちを知り尽くし、
大人気となっています。

品揃えの豊富さはもちろんのこと、
試着室は2畳と広めに作られ、
中には扇風機が設置されています。
そう、おデブちゃんは暑がりなのです。

また、冷たいお水も用意され、
いつでも飲めるようになっています。

こんなサービスがあると、
ゆっくり選んで、試着を楽しむこともできます。

普通のブティックに、そんな発想はありません。

おデブちゃんに喜んでもらい、
気持ち良くお買い物していただくための、
店主の心配りなのです。

本気でお客さまのことを考えています。



▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

小さなアイデアが、大きく売れる5

東名高速道路のいくつかのサービスエリアで、
アメリカンドッグが売れています。

棒を刺したフランクフルトに厚い衣をつけて揚げている、
定番のスナックフードです。

味やカタチ、大きさに特徴があるわけではありません。
ごくごく普通のアメリカンドッグです。

しかし、1つだけ他と違うところがあります。

顔の焼き印がついて、キャラクター化されているのです。


『アメリカンドッ君』


売り場には、大きな看板、キャラクターのイラストが
掲げられており、その人気の高さが伺えます。

以前は、1日に10〜20本程度の販売量だったのですが、
このキャラクターがテレビで紹介された途端、
オンシーズンで1日1000本が売れるまでになっています。

揚げたドッグに、単純な顔を焼き印するだけなのです。
まったくありきたりな商品に、顔をつけただけ。

たったそれだけの小さなアイデアが、
大きな儲けに繋がったのです。

いまでは、キャラクターグッズやDVD、絵本まで
販売されています。


「どうすれば、売れるようになるのか?」

その答えは、小さなことに気づくか気づかないか。

気づくようになるためには、
固定観念、既成概念に囚われない、
やわらか頭でいることです。



▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
コラム

マーケティングコラムを
書いています。



人気ランキング
▼ブログランキングに
 参加しています。
 1クリックを
 お願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


おすすめ情報




佐藤きよあきの書籍