販促の知恵袋

売れない時代に、“売れる”方法を探り出すのが、私の仕事です。
世の中の動きや事例を紹介しながら、その中に隠されているヒントをお届けします。

2009年04月

意外な場所が売れる。

羽田空港の出発ロビーに、
「羽田スタースイーツ」という、複合店舗があります。

話題性のあるスイーツブランド4店を
半年ごとに入れ替え、
空港の価値を高めようという試みです。

ここで、マーケティング的に見て、
面白い結果が出ています。

お客さまは飛行機の利用者なので、
持ち運びしやすい商品が売れ筋になる、
という読みがありました。

しかし、その常識をくつがえし、
保冷剤の必要な生ケーキやチョコレート、
カップゼリーなどが、よく売れているのです。

訪問先や家族へのお土産として、
買い求めるお客さまが多いようです。

遠くへ行く、遠くから来ているお客さまが多いので、
手に入りにくいものを買うのかもしれません。

中には、機内で食べるために、
1個買いをする男性もいるとか。

スイーツの流行もあり、
運ぶ手間を惜しまない人が増えているのでしょう。


このように、販売者の思惑には無い、
意外な場所で売れたりするので、
固定観念を捨て、あらゆる可能性を探ってみましょう。


新幹線の自由席付近のホーム、冬の海岸、
老人ホーム……。

これらの場所には、さまざまな潜在需要があります。

じっくり考えてみてください。


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

お客さまの欲求を知る。

あるお寿司屋さんでは、
お客さまの食べるペースを見ながら、
にぎりのシャリを少しずつ小さくしていきます。

通常250粒程度のものを、10粒ずつ少なくしていき、
お腹の負担を軽くします。

シャリが大きいと、すぐに満腹になり、
食べたいネタを食べないまま、
お勘定となってしまいます。

あのネタを食べたい、もう少し食べたい、
というお客さまの気持ちを察し、
シャリを少なくしていくのです。

素晴らしいプロ意識です。

そして、売るための優れたアイデアです。


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ
コラム

マーケティングコラムを
書いています。



人気ランキング
▼ブログランキングに
 参加しています。
 1クリックを
 お願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


おすすめ情報




佐藤きよあきの書籍