キティちゃんでお馴染み、サンリオの株主総会で、
小学生の女の子が質問に立ちました。

彼女は、サンリオの株を持っている株主なので、
総会に出席でき、当然、質問する権利も持っています。

いまは、子どもでも証券口座を開設できるので、
好きな会社に投資をしている子どもが結構います。

驚くべきことですが、大人の感覚を持ち、
大人と同じことをしています。

親がさせているのではなく、本人の意志なのです。

とすると、
これまで大人をターゲットとしていたビジネスを
シフトチェンジすることができるかもしれません。

固定観念を捨てて、あなたの商品・サービスを
子ども向けにPRする方法を考えてみてください。


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ブログランキング