大阪・岸和田市/和泉市を中心とする泉州地方で、
この人物を知っていますかと聞くと、
知らない人がいないくらいの有名人がいます。

「IKECHAN」。

泉州以外の大阪人もまったく知らない、
というほどの超ローカルな有名人です。

だんじり祭りの歌「ケヤキの神」を
1997年に発売して以来、
地域に無くてはならない存在となっています。

イベントなどに登場すると、会場は熱気に包まれ、
誰もが激しくノリまくるほど。

地元のあるCDショップでは、13年間、
常にランキングトップを誇ると言います。

この歌のリズム、歌詞、唄い方が、
だんじり祭りにかける泉州人の熱い心に響いたのです。

これほどまでに、地域密着で創られた歌は、
なかなかありません。

また、地元の熱狂に比して、
他の地域に広まらなかったのもユニークです。

地域色が濃過ぎたのかもしれません。

しかし、ビジネスに置き換えると、
地元に根づいた、確かな商売ができているとも言えます。

全国展開しなくとも、
地元でしっかりと儲けを確保できているのです。

商売の本質。
老舗の基本ではないでしょうか。


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ブログランキング