市場に出まわらない魚が結構います。

傷みが早い、数が少ない、型が揃わないなどの理由で、
地元だけで食べられているような魚です。

中には、規格外だというだけで、
食べられるのに捨てられてしまう魚もいます。

こうした“雑魚”を、漁師から直接買いつけたり、
卸しで安くまとめ買いして、
居酒屋や寿司屋に直接届けているビジネスがあります。

お店にとっては、珍しい魚が手に入るので、
お客さまに喜んでもらえます。

漁師や卸しにとっては、
処分に困っていた魚がお金になるので、
非常に助かります。

流通に乗る魚というのは、メジャーな種類であったり、
数や型が揃うものである必要があります。

そこからはみ出した魚に眼をつけたのは、
お見事だと言えます。


商品づくりの過程では、
さまざまな“はみ出し物”が生まれます。

アウトレットやサービス品として売る方法もありますが、
必要としているお店を探し出せば、
安売りする必要もなくなります。



▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ブログランキング