ギリシャのサントリーニ島に、
“真っ白な服”だけを売るお店があります。

シャツ、ワンピース、スカートなどが、すべて白色。

すなわち、お店のコンセプトが「白」なのです。

「お洒落な大人の…」や「トラッドな私の…」という、
ファッションらしいコンセプトではなく、
ただ「白」です。

なぜ「白」なのかというと、サントリーニ島の風景が、
空と海の「青」と建物の「白」、この2色しかなく、
特に建物の「白」が象徴的な色だからです。

その「白」をそのままコンセプトにしたのです。

お店の中にはたくさんの服があり、
さらにお店をはみ出して、通りの白い壁にも
服が掛けられています。

白い壁に白い服では、目立たないように思えますが、
服の質感が風に揺れて、その存在は充分にわかります。

一度その存在を知ると、
すべて「白」であることのお洒落感に驚くほどです。

街の色をコンセプトにした、素晴らしいお店です。



▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ブログランキング