東京の新橋ガード下にあるダイニングバー
「DRY-DOCK」というお店では、
アサヒのスーパードライが提供されています。

大手メーカーのビールなので、
どこで飲んでも同じ味のはずなのですが、
多くの人がこのお店のスーパードライを
目当てにやって来るのです。

他のお店のスーパードライとここのスーパードライは、
味が違っているのです。

オーナーの佐藤裕介氏に、その秘密があります。

「佐藤注ぎ」と呼ばれる、
独特なビールの注ぎ方があるのです。

スーパードライとは思えない、
まろやかでクリーミーな泡と味わいを
生み出しているのです。

注ぎ方が他と違っているだけで、
ビールの味がまったく変わってしまうのです。

大手メーカーが永年掛けて作り上げた
完成されたビールを、
さらに美味しくする「佐藤注ぎ」に、
多くのファンがついたのです。

これほど優れた付加価値の作り方は、他に類を見ません。

どこで飲んでも同じはずのメーカー品を、
注ぎ方ひとつで、高付加価値商品へと
変えてしまったのですから。

実にお見事。

平凡な商品だからと、
平凡に並べているだけでは売れません。

ひと手間・ひと工夫するだけで、
売れる商品に生まれ変わります。



▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ブログランキング