販促の知恵袋

売れない時代に、“売れる”方法を探り出すのが、私の仕事です。
世の中の動きや事例を紹介しながら、その中に隠されているヒントをお届けします。

2015年09月

食品業界・商売繁盛の秘策。

いま百貨店は、食品売り場と物産展でもっている、
と言っても過言ではありません。

特に物産展の集客力は凄まじく、
毎月のように開催されています。

逆に言えば、それくらいやらなければ、
お客さまを呼び込めない、ということでもあります。

中でも、北海道物産展の威力は、
他の都府県を圧倒しています。

北海道以外の物産展は、お客さまを呼び込む力が弱く、
北海道物産展を飽きさせないための
“繋ぎ”だと言うこともできます。

それほど、世の中の人びとは、
北海道物産展に熱くなるのです。

そこで、食品業界の秘策です。

北海道物産展に、自社商品で出店するのです。

「うちは北海道じゃない」と言う人がほとんどでしょう。

そこは、発想の転換。
北海道に支社・支店を作れば良いのです。

そこで、北海道生産の商品を開発し、
物産展への出店を目指します。

北海道には、大きな“お土産需要”も見込めます。

何より、“北海道”というネームバリューが、
背中を押してくれます。

同じものを作っていても、“北海道”がつくだけで、
売れるようになるのです。



▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ブログランキング



アピールの方向性を変える。

商売とは不思議なもので、ある日突然、
お客さまが押し寄せるようになることがあります。

ほんの小さなキッカケが、
お客さまの心を捉えてしまうのです。

店名を変えた。商品名を変えた。営業時間を変えた。
キャッチフレーズを変えた。

たったそれだけのことで、
繁盛店に生まれ変わってしまうのです。

そんなキッカケのひとつとして、
「アピールの方向性を変える」を私は提案します。

たとえば、マッサージ店。

“リフレッシュ”“疲れをとる”“身体の歪みを治す”。

これらのように、直接的な効果をアピールしても、
ハッキリとした自覚がなければ、
マッサージを利用したいとは思いません。

しかし、中高年以上になると、
病気でもないのにいろんな体調不良が出てきて、
「何とか体質を変えなければ…」という、
漠然とした思いが沸いてきます。

そんな人が非常に多いのです。

そこで、「体質改善マッサージ」をアピールするのです。
身体の不調を正す施術です。

やることは同じでも、
お客さまの目的がハッキリすることで、
利用者が増えるのです。

このように、アピールの方向性を変えるだけで、
見込み客が一気に増えます。

あなたの扱う商品を
もう一度じっくりと見直してください。

まったく違うアピール方法が見つかるかもしれません。



▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ブログランキング



コラム

マーケティングコラムを
書いています。



人気ランキング
▼ブログランキングに
 参加しています。
 1クリックを
 お願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


おすすめ情報




佐藤きよあきの書籍