販促の知恵袋

売れない時代に、“売れる”方法を探り出すのが、私の仕事です。
世の中の動きや事例を紹介しながら、その中に隠されているヒントをお届けします。

商店街

テイストの同じ店で集合する。

この場合の“テイスト”とは、テーマ(方向性)のこと。

同じ方角を向いているお店・商売人が
たくさん集まっている場所があります。

日本三大中華街、東京・新大久保や
大阪・鶴橋のコリアタウンなどが、
その代表だと考えてください。

「中国」や「韓国」をテーマにした料理店や食材店、
雑貨店が集まっている街です。

なぜ、彼らが同じ場所に集まっているのか。

それは、集合体でいる方が注目されやすく、
集客力が高くなるからです。

日本の商店街も基本的には同じような集合体なのですが、
そこにテーマが無いため、
目的を持って来るお客さまがいなくなるのです。

東京の巣鴨地蔵通り商店街が賑わっているのは、
“おばあちゃん”というテーマがあるからです。

このように、明確なテーマを持った集合体には、
人が集まって来るのです。


そこで、集客に苦労しているお店への提案としては、
『テイストの同じ店で集合する』ということです。

同じテーマを持っているお店が近くに集まり、
相互にお客さまを紹介したり、
共同キャンペーンを実施したりして、
相乗効果を高めるのです。

たとえば、ハワイをテーマにしたカフェがあるならば、
その近くに、フラダンス教室、ハワイアンキルトのお店、
シェイブ・アイス(かき氷)のお店などを誘致できれば、
その地域が“ハワイの街”となり、
注目率・集客力が大きくアップします。


みんなの力を結集すれば、面白く楽しい街が創れます。



▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ブログランキング


テーマを持った商店街は注目される。

京都・向日市に、
“激辛”をテーマにした商店組織があります。

その名もズバリ、「京都激辛商店街」。

飲食店をはじめ、食品を扱うお店などが集まり、
それぞれが“激辛”商品を開発・販売しています。

激辛な炒飯、餃子、ラーメン、パン、調味料、酒。

クレープや大福餅、たこ焼き、杏仁豆腐まで、激辛。

ここまで徹底するとお見事と言うしかありません。


このように、
明確なイメージづくりを行っている商店街は、
マスコミにも注目されやすく、
テレビや雑誌で取り上げられることが多くなります。

マスコミの力は、言わずもがな。
人びとがこぞって訪れるようになります。

もちろん、テーマに見合った魅力を持っていなければ、
一度来た人びとのリピートには繋がりません。

テーマの選び方は慎重にしなければいけませんが、
ユニークで楽しいテーマを見つけることができれば、
集客に困ることは無くなります。


“おばあちゃんの原宿”、巣鴨地蔵通商店街。

テーマづくりで、もっとも成功した事例だと言えます。


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ブログランキング

町ぐるみで芸能人をサポートする。5

セクシー女優・杉本彩は、
居住する地元にダンス教室を開き、
地元でイベントがあるたびにダンスを披露し、
多くの人を集め、地域に貢献しています。

チータこと水前寺清子は、
チータのスケジュールによって、
地元のお祭りの日程が決まるほど、
地域に溶け込んでいます。

地域の人びともまた、
その芸能人をみんなで応援しています。

こうしたことは、テレビでも取り上げられやすく、
話題になり、観光地的なスポットになります。

もし地元が、有名人の出身地、
映画やドラマのロケ地などではない場合には、
芸能人に居住することを打診してみるのも、
面白い取り組みになります。

「地域が全面的にバックアップします」
という条件提示があれば、
住んでもらえるのではないでしょうか。

芸能人は、地域活性化の強力な起爆剤になります。


▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ブログランキング

いつでも、叩き起こしてください5

ある商店街には、バカげた取り決めがあります。
開店は午前9時、閉店は午後8時。
どこかの店舗だけがスタンドプレイしないように、
規則として決めました。

業種によって、客層も来店時間も違うものです。
それを一律に考えるのは、
バカげているとしか言えません。
それに、商売は自由競争であるべきです。

その商店街のある店主も
“これはおかしい”と不満を持っていました。
でも、1店舗だけが文句を言っても、
規則は変わりません。

そこで店主は、自分のお店のシャッターに、
ある言葉を書きました。

『いつでも、叩き起こしてください』

シャッターは降ろしているけれど、
ご用があれば、いつでも対応します。
という意思を表しています。

見た人は、うれしくなります。
いざとなったら、あのお店に行けば開けてくれる、
そう思います。
お客さまは、このお店を支持します。

商売人になった以上、
24時間・年中無休の気持ちでいるべきです。
サラリーマン根性で、何時〜何時まで、
という考え方は捨てましょう。

また、規則に縛られることもありません。
お客さまがいる限り、いつでもOPENさせましょう。

買物代行する商店街5

ある商店街では、活性化策として、
「買物代行(ご用聞き)』を始めました。

電話1本で、商店街の商品なら、何でも届けてくれます。
手数料は、どれだけ頼んでも290円。

配達途中では、高齢者の様子を伺ったり、
話相手をしたりと、時間はかかります。

商店街の人間が、交代で配達しています。
配達の人件費は出ていませんが、少しずつ注文は増えています。

また、老人ホームに出向き、「出張商店街」を開店しています。
買物に行きにくいお年寄りには、好評です。
“ショッピング”が楽しめるからです。

“お客さまが来なければ、売りに行く”

これもひとつの方法です。
コラム

マーケティングコラムを
書いています。



人気ランキング
▼ブログランキングに
 参加しています。
 1クリックを
 お願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


おすすめ情報




佐藤きよあきの書籍