販促の知恵袋

売れない時代に、“売れる”方法を探り出すのが、私の仕事です。
世の中の動きや事例を紹介しながら、その中に隠されているヒントをお届けします。

看板

“看板動物”の高い集客力。

販促策としてはまったくの邪道ながら、
その集客力の高さを考えると、
導入を検討する価値のあるもの。

それは、“看板動物”です。

多くのお店で、看板犬や看板猫がいますが、
集客を意図したものではなく、
飼っている犬猫が淋しがるからという理由で、
連れて来ている場合がほとんどです。

しかし、世の中の人は動物好きです。
見掛けると、触れてみたくなるものです。

お店に興味はなくとも、つい近寄ってしまいます。

そこで、犬猫の愛想が良いと、もうメロメロとなり、
何度も足を運ぶようになります。

すると、店主・店員さんと話をするようになり、
徐々にお客さまへと変貌していくのです。


栃木県宇都宮に、サルが接客する居酒屋があります。

おしぼり、飲みもの、料理などを
お客さまに運ぶことで話題となり、
そのサルを見るために、連日大盛況となっています。

SNSで情報が拡散され、特に外国人客が増えています。

日本における観光スポットにまで、なっているのです。

広告業界では、人の注意を惹くものとして、
「女性の裸」「赤ちゃん」「動物」の3つが
セオリーとなっています。

これらを起用すれば、必ず注目されると言われており、
実際にその効果は絶大です。

女性の裸や赤ちゃんを
お店で披露するわけにはいきませんので、
動物に“看板”になってもらうのです。

看板娘の代わりなので、お客さまに失礼のないように、
躾はしっかりとしてください。

可愛い“看板動物”は、
間違いなくお客さまを集めてくれます。



▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ブログランキング



キャッチフレーズの重要性を知れ!

大阪にある立ち食いそば屋さん。

その前を通る人は、必ずお店に興味を持ち、
立ち止まってしまいます。

店頭の立て看板が眼に入ってくるからです。

そこに書かれているフレーズは、
「下品なくらいにダシが濃い!」
「飽きがくるほどアゲガデカイ!」。

これは興味をそそられます。
どんなダシ、どんなアゲなのか、気になります。

特に大阪人は、こういう“ひねった”と言うか、
“ひねくれた”言いまわしを好むので、
「よっしゃ、いっちょ食うてみたろか!」となるのです。

たった10文字ちょっとのフレーズで、
たくさんのお客さまを誘い込むことに成功しています。

キャッチフレーズがどれほど重要かがわかります。
そして、看板の大切さも。

アピールは、積極的にすべきなのです。



▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

ブログランキング

看板犬&猫でお出迎え5

ドッグカフェや猫カフェが流行っていますが、
ペットを飼えない都会の動物好きが、
たくさん集まっているようです。

犬や猫には、それだけの集客力があるということです。

お店の店頭に、犬や猫を繋いでおくだけでも、
集客効果はあります。

犬猫好きのお客さまなら、お店に用が無くても、
犬や猫を見るために立ち寄ってくれます。

お店に入らなくても、それが会話のキッカケになって、
親しくなれるかもしれません。

少し前、猫の駅長が話題になりましたが、
あの駅の周辺には何も無く、
観光客が来るようなところではありません。

しかし、いまだに連日たくさんの人が、
猫の駅長を見るためだけにやって来ます。

動物の「力」は絶大です。


※この集客法は、
 本当に犬猫の好きな方だけ、実践してください。




▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

看板のフレーズにこだわれ5

「この町一番のラーメン。めちゃウマ! 春本屋」

こんな看板では、お客さまは来ません。
キャッチフレーズが入っているだけ、
まだマシな方ですが。

ほとんどのお店が、扱っている商品と店名、
電話番号ぐらいしか書いていません。
これは、非常にもったいないことです。

せっかく大きなメディアなのですから、
心に響く言葉やビジュアルで、
語り掛けましょう。

『秘伝の技で20時間煮込んだ、
 “とろっとろチャーシュー”が自慢です。
           体験してください』

一点集中。強力にアピールしましょう。

“つかみ”は大切5

大分空港の到着ロビーにある、荷物受取レーンには、
楽しい仕掛けがあります。

荷物にまぎれて、
エビやウニの巨大な握り寿司の模型が流れてきます。

回転寿司に見立てたジョークなのですが、
魚介類の美味しい地域だということを
アピールするために始めたそうです。
かなり笑えます。

観光客への“つかみ”としては、
非常にインパクトがあり、印象に残ります。

こうしたビジュアル的な“つかみ”の例としては、
「かに道楽」のカニや
大阪・道頓堀「くいだおれ」の人形がありますが、
これらはお店にとって、
無くてはならない『看板』となっています。
コラム

マーケティングコラムを
書いています。



人気ランキング
▼ブログランキングに
 参加しています。
 1クリックを
 お願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


おすすめ情報




佐藤きよあきの書籍