販促の知恵袋

売れない時代に、“売れる”方法を探り出すのが、私の仕事です。
世の中の動きや事例を紹介しながら、その中に隠されているヒントをお届けします。

食堂

“丁寧な仕事”が、「販促」になる!

静岡にある「枡形(ますがた)」という食堂は、
豚汁が美味しいことで有名です。

豚汁目当てに、全国からお客さまがやって来ます。

失礼ながら、どこにでもある食堂です。
豚汁が美味しいというだけで、
なぜそこまで人気があるのでしょうか。

そこには、“美味しい豚汁”の域を超えた、
こだわりがあるからです。

作り方を聞くと、もはや豚汁ではありません。

常識を覆す作り方に、驚くしかありません。

豚骨や鶏ガラ、煮干しなどの魚介系で
出汁を取るところから始まります。

一般的な豚汁で、豚骨や鶏ガラを使うことなど
ありませんから、味も想像できません。

作り方は秘密ですが、
出汁を取るだけで、3日間掛けています。

食堂のやることではありません。

それほど手間の掛かった豚汁に
魅了される人が続出するのも納得です。

広告を打たなくても、当然口コミで広がります。

いまはネットで拡散されるので、
全国から人びとが集まってきます。

たかが豚汁に、手間ひまを掛けて、丁寧に丁寧に、
こだわりを持って、作り上げていくのです。

そのこだわりが、人びとを惹きつけるのです。

小手先のPRなど、まったく不要だと言えるでしょう。



▼ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ

商品写真は、美しく5

全国チェーンの食堂のチラシを見ていて、
行く気が無くなりました。

料理の写真が、美味しそうに見えないのです。

チラシを見るまでは、
一度行ってみようと思っていたのですが、
宣伝のためのチラシで行く気が無くなるとは……。

プロの写真とは思えません。
本部の宣伝担当の素人が、撮ったのかもしれません。

美味しそうに見えない料理写真は、致命傷です。

料理に限らず、
商品写真は“良さそう”に見えなければ、逆効果です。

下手な写真なら、載せない方はマシです。

勝負をかけるような商品なら、
できれば、プロに頼む方がいいでしょう。
プロにも下手な人はいますが。

最近は、素人でも、
オークションに出す商品の写真には、
気を遣っています。

売り上げが大きく変わることを知っているからです。

商売のプロであるあなたが、
手を抜くわけにはいきませんよね。

大繁盛!百均食堂5

ショーケースやテーブルから、
好きなおかずを自分で取ってきて、
ごはんと味噌汁などを注文する方式のごはん屋さん。
みなさんは、入ったことがありますか?

私は、独身時代にお世話になりました。
おかずを選ぶのって、楽しいですよね。
しかし、お金が無かった時代だから、
選ぶのにかなり迷っていました。

何年かぶりに、そんなごはん屋さんに入りました。
しかも、家族3人で。

息子に、一度は体験させてやりたいと思っていたところ、
大阪・新世界のジャンジャン横丁近くに、
「百均食堂」の暖簾を見つけました。
おそらく、以前からあった食堂の名前を変えたのでしょう。

おかずのほとんどが100円。
しかも、種類が実に豊富です。

息子は、美味しそうなものがあり過ぎて、
迷いまくっていました。
私も嫁はんも迷いまくりです。

これほどたくさんの種類があるごはん屋さんは初めてです。
ごはんも「中」が100円です。豚汁も100円。

食べ過ぎました。
しかし、大した金額にはなりません。

「百均食堂」
やってくれます。“大阪商人の技あり”です。

最近は、この手のごはん屋さんが、
チェーン店化しています。
なかなかお洒落に演出されていて、
女性が入りやすくなっていますね。

ディープなところが好きな私は、
“ちょっと違うなぁ”という感じはしますが。
コラム

マーケティングコラムを
書いています。



人気ランキング
▼ブログランキングに
 参加しています。
 1クリックを
 お願いします。

にほんブログ村 ベンチャーブログ 起業・独立へ


おすすめ情報




佐藤きよあきの書籍