人にやさしく

このブログは、@メンタルヘルスの有志の集まりで、スタートしました。かつては仲間内で囲碁や将棋、各種ブラウザゲームなどもしていました。現在は私個人のブログとなっておりますが、以前の仲間の作ってくれた画像を看板として使用させていただいています。 就労移行支援事業所を経て就労に結び付いたこともありましたが、今年の春ごろに体調不良のために退職しました。少しの間充電して今は再び就労移行支援事業所に通所しています。

ブログネタ
日記 に参加中!
今から2年ほど前にはマイナンバーカードの普及のために第一弾の政策として、

「対応しているキャッシュレス決済で、最大5000ポイント還元」

と言うものがありました。



当時の私は既にマイナンバーカードを所有しておりました。話はそれますが2020年夏頃にauショップから

「スマートフォン買い替えキャンペーン」※3G停波の為。

があったのでauショップで「iPhone 5c」→「iPhone SE2」へクラスチェンジしました。その時に「au Pay」の手続きを勧められたのですが、パスワードを3回間違えてロックされてしまったのでそのまま放置していたのでした。

その頃はまだマイナンバーカード自体を所有していない人の方が多かった記憶です。今年(2022)に入ってマイナンバーカードを普及を一気に推し進める政策&ポイント付与イベントが相まって、最近だと国民の6割が既にマイナンバーカードを取得済みだとか。ただカードは取得できても「マイナポイント」に関してはまだまだ手続きが出来てない人も居るとは思います。もちろん手続きは強制ではありませんので無理にする必要はありませんが、今後マイナンバーカードがある前提で世の中が動いていくことを考えると、このビッグウェーブに乗った方が何かとお得だとは思います。



マイナンバー・マイナポイント事業の影響で、役場は連日大忙しと聞きました。行政だけでは追いつかず私の地域では「マイナポイント登録会」なる催しが、大きな会場を借りて開催されていました。そこにはおそらく各キャッシュレス決済業者の方がいらっしゃるんだろうなあ・・。無料で手続きしてもその何割かが息の長いユーザーとなってくれたら、事業者としても大きなメリットはありそうです。

母も最近までキャッシュレス決済とは無縁の人でしたが、最近「平和堂」の「HOPカード」を使うようになりました。ずっと現金派だったのに10000円チャージすると50ポイントつくから使うようになったと聞きましたので、やはり人を動かすのは「何かお得なこと」もしくは「損をしたくない」と言う感情なのでしょう。実際慣れるとお釣りのやりとりも無くなって楽だと母は言っておりました。



50ポイントで動く母ではありましたが、マイナポイントに関しては最初は消極的で

「よく分からないからポイントなしでいいわあ」

と言っておりました。確かにマイナポイントのページは丁寧に分かりやすく作られてはいるけど、スマートフォンやWebサービスに慣れていない人にしたら、雲の上の話に見えてしまう気がしないでもないです。私自身は操作自体に慣れているはずだけど、マイナポイントに関してはあちこちから情報を仕入れて穴が空くほど見てましたし・・・。初見でパパっと出来た日とは多分IQが高い人なのでしょう。

私の母は60代半ばでスマートフォン自体を持っていないです。もちろんインターネット・Webサービスとは無縁の人です。心のどこかでポイントは欲しいと思っていても、自分には無理だと諦めていた部分はあると思います。ただこの件に関しては私から説明をした上で、手続きを代行しました。

説得と言うほどでもないけど、この言葉が刺さったようでした。

「毎日10円・20円の価格差をにらめっこしている人が、登録するだけで最大20000ポイントを逃すのは惜しくないかい?」

キャッシュレスの還元分についても、

「一時的に大きな額がカードにチャージされることになるけど、いずれは使うことになるし無駄にはならないよ」

と言う言葉でご納得されたようです。母からは「役場の人よりわかりやすかった」とお褒めの言葉を頂きました。

マイナポイント事業で手続きするのに必要な物
・スマートフォンもしくはパソコン(パソコンの場合、専用のカードリーダーが必要)
・(自分自身の)マイナンバーカード
・キャッシュレス決済IDとセキュリティーコード(登録時のパスワードとか電話番号も)
・登録する銀行口座の通帳かキャッシュカード(銀行名・支店名・口座番号が分かればOK)

※一つのキャッシュレスIDに複数人でポイントを付与することは出来ない。例えば私のPayPayに両親が貰えるポイントを突っ込むことは出来ないのです。

1.キャッシュレス決済は登録しただけではポイントは付かず、20000円以上のチャージもしくは20000円以上の決済(買い物)をすることで最大5000ポイントが還元される。
2.健康保険証としての利用は画面上の操作のみで、健康保険証は手元に無くてOK。
3.銀行口座は大手以外だと選択一覧に無いので、検索する必要あり。
4.スマートフォンに「マイナポータル」「マイナポイント」アプリをインストールしておく。Wi-Fi 環境下での手続き推奨。




※処理はリアルタイムではないので反映に数日かかります。なので登録したのに後でアプリ画面見た時に未登録になっている・・・と言うこともあります。

マイナポイントの恩恵を受けようと「マイナポイント」アプリであれこれしようとしても、「マイナポータル」で登録していない場合は「新規登録」から始めてくださいってメッセージが出ます。その時は4桁の暗証番号を入力した上でマイナンバーカードを読み取らせることになります。画面上の操作はフリガナと郵便番号を入力することぐらいだった気がします。万が一マイナンバーカード情報が間違っていたとしたら別途手続きが必要になる可能性もあるでしょう。

手順自体は間違えてないとは思うのですが、昨日の丁度今ぐらいに手続きしたので明後日ぐらいにチェックして、再確認ってところです。

母は「平和堂」で使うのが確定だけど、父はどうするんだろう・・・。そもそもマイナンバーカードの申請自体最近したばっかりですし、父の行先といったらパチンコ店かコンビニぐらいです。コンビニで使える「manaca」あたりが無難でしょうかね。(;´Д`)




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
日記 に参加中!
昨日一昨日(土日)は久々に自動車(軽トラ/MT5速)を運転しました。今年に入って不眠症が悪化してハンドルを握るのが危ないと言うことで、運転から遠ざかっていました。その状態が半年続きましたが、土曜日日曜日と不思議とよく眠れたので久々に母を助手席に乗せて運転しました。母は多少不安そうにしていたけど、その感情はすぐにどこかに飛んで行ったようです。と言うのも私自身半年ぶりに運転したとは思えないほど滑らかな運転が出来たからです。MT車だし一回ぐらいはエンストするかなと思っていたのですが、クラッチ操作がもう身体に沁み込んでいたようでエンストも急発進も無かったのでした。

さていつもながら前置きが長くなりましたが、母との買い物は大抵「カネスエ」に行くことになります。母一人の時で体調が今一つの時はもっと近場にある「平和堂」だったりするのだけど、価格差が段違いなので行ける時は「カネスエ」です。「物価上昇で家計にダメージ」と言ったニュースを何度も見ていたので、「食料品とかは結構値上げされているんだろうなあ」と思い描きながら店舗に入りました。




確かに値上げをされているものもありました。インスタントラーメンとか結構高くなりましたね。特にカップタイプのもの。袋麺も上がってはいるけど上昇幅はそこまででもない気がしました。意外なのは生鮮食料品があまり価格が変わってないように感じたのです。大量に仕入れて売り切ることでコスト削減を徹底しているのか、仕入れ業者が泣かされているのかはいち買い物客には分からない部分ですけども・・・。

以前と様子が変わったなと感じたのは肉コーナーでした。単価はそのままだけどひとパックあたりの分量が倍とかになってました。あれも人の手でしていたはずなので、小分けのパックをいくつも作ると100gあたりの単価がどうしても上がってしまうのでしょう。単価を抑えて提供するとなるとあのような山盛りパッケージに行きつくのかもしれません。幸い我が家は人数多めなので使い切れないと言うことはないです。一人暮らしの人だとちょっと多いかな?と思える量ですが、自宅で小分けにして冷凍にする手間を惜しまなければ以前と同様お買い得価格になるかと思います。

私は愛知県に住んでいて幸い居住地はスーパーの激戦区なので、自然と競争が生まれます。その為便乗値上げは比較的起こりにくいですが、沖縄の離島の知人は食料品が本当に上がったなあとため息ついていました。沖縄の離島だと物流コストも去ることながら、ライバルが全然いないのでどうしても価格が上がりやすくなるみたいです。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
日記 に参加中!
mineoのコミュニティサイト「マイネ王」の企画です!
動画内に各項目が表示されます。3つ以上当てはまると「スマホ依存症」だそうです。私はあまりスマートフォンを触る方ではありませんが、3つ以上当てはまってしまいました。皆さんはいくつ当てはまるでしょうか?




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
日記 に参加中!
天候や気温の変化の影響なのか、はたまた定期的に来る体調の波なのか最近急に歩き始めた影響なのか、最近の体調は今一つです。具体的にはすっきり起きられない、便秘がち、倦怠感等です。今日も正直朝の散歩をしようか迷いましたが、いざ外に出て歩いてみると結構歩けました。やはり一日一回は外に出て身体を動かすと言うのが、今の私には必要なのでしょう。

ただ最近は便秘なのも気になっています。少し前から「エビオス錠」を飲むようになったのですが、劇的に腸の調子が良くなりました。ずっと快便続きだったのですが何故かここ数日は不調なのです。腸は心身の些細な影響も受け取りやすい部分だと言われていますし、逆に腸の調子が心身に影響を及ぼしていることもあります。

便秘対策としてはこのようなものを日々摂取しています。

エビオス錠 2000錠X2個セット指定医薬部外品 ¥3,877



難消化性デキストリン(フランス産)1.7kg遺伝子組み換え材料不使用(微顆粒品)水溶性食物繊維 [02] NICHIGA(ニチガ)



もちろんこれらはあくまで補助的な役割で、普段の食事が重要なのは言うまでもないでしょう。どちらも腸の調子を調える働きがありますが、難消化性デキストリンの方は食前に摂取しておくと食べ過ぎを防ぐ効果もあるので、ダイエットしている人にもおすすめです。

もう少しで冬が到来で自分にとっては苦手な季節です。何とか「冬季うつ」を抑え込みたいところだけど、ある年から発症するようになってから毎年冬場に体調を崩すと言うことが続いています。外に出て運動をするのが大切なのですが、冬場だとどうしても足が遠のいてしまってつい一日中家の中で過ごしていたりします。寒くなってから外に出て散歩は身体には酷なので、今のうちから少しずつ寒さに身体を慣らしていけば、ひょっとしたらうまく乗り切れるのかもしれません。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
日記 に参加中!
マイナンバーカード自体はその制度が制定されてからすぐに発行したので、随分昔になります。まだその頃だとカードを持っている人の方が少なかったです。それに発行するメリットも大して無かったですし。顔写真入りではあるので本人確認が出来はするものの、それは運転免許があればこと足りた訳です。






マイナンバーに関してはカードを作ると国に全てを把握される・監視されるから嫌だと言う意見もあります。後は紛失した際のリスクでしょうか。まず国に全てを把握されると言うのは、マイナンバーが無かった頃から既に把握はされていたわけですし、カードを作らなくてもすでにマイナンバーの制度に組み込まれているので、作らない場合はデメリットの方が大きくなるのでは?と当初から感じていました。

紛失する事で個人情報が云々は一見するともっともらしいですが、自身で管理する場合においてそれが一纏めになっているのと分散しているのとどちらが紛失リスクが大きいでしょうか?私個人としては一纏めになっている方がセキュリティとしては上だとは思います。それに万が一悪用された場合追跡しやすいですし。

さて最近は体調が良くなってきたので今まで出来なかったことが少しずつ出来るようになりました。今回のマイナポイントもその一つで、今まではどこか他人事のように聞き流していましたし、改正前のキャッシュレス還元もスルーしていました。しかし今年になって「健康保険証」「銀行口座」が関わってくるようになりました。

マイナンバーカードに一元化することによって、様々な無駄を省き効率化を図りたいのでしょう。政府の本当の思惑は一個人では計り切れない部分もありますが、顔写真入りのマイナンバーカードは健康保険証の不正利用は防いでくれるとは思います。具体的には他人に貸し出したりすることによる「福祉のただ乗り」を防いだりと言ったものです。銀行口座は脱税やマネーロンダリングに対する取り締まり強化と言ったところでしょうか。

日本人の大多数を占める善良な方々には便利になりこそすれ、大きなデメリットは無いと思われます。逆に困るのは例えば本来納めるべき税から逃れていたり(最近だと転売とかパパ活とかなど)、通名を悪用して一人が何人にもなりすまして様々な給付金を騙し取ったりしている人達でしょう。

国の政策として急ピッチにマイナンバーカードを利用する方向へ舵を切ってから、マイナンバーカードの申請数はかなり増えたようです。マイナポイントの大盤振る舞いがそれを後押ししているのでしょう。実際かなりの額が付与されるようです。具体的には以下の通りです。

1.残高チャージorお支払いで 5,000ポイント
2.健康保険証としての利用申込みで 7,500ポイント
3.公金受取口座の登録完了で 7,500ポイント

全て合わせると2万ポイントになります。このマイナポイントを取り合うかのように各種キャッシュレス支払い業者が新規入会キャンペーンを繰り広げています。キャッシュレス決済を提供して一体どのようにして利益を上げているかは私は知る由もありませんが、様々なキャッシュレス決済があるのはきっと大きなうま味があるからなのでしょう。

私はAmazonで買い物をすることがほとんどなので、Amazonの支払いで使えるものを選ぼうとしました。調べて行くうちにどうやら「PayPay」がそれに該当するようです。「PayPay」では2万円以上の決済もしくはチャージが該当するわけですが、急に大きな買い物をする予定がなくとりあえずポイントだけ確保したいと言うのであれば「チャージ」が良いみたいです。

Amazonで利用できるマイナポイント対象支払い方法は、間接的なものを含めるなら他の方法もあります。他の〇〇Payに変えて「Amazonギフト券」を購入すると言うものです。直接的なのはPayPayかあるいは「バンドルカード」と言うものでしょうか。バンドルカードと言う言葉自体、マイナポイントについてあれこれ調べなければずっと知らなかったかもしれません。詳しくは こちら を見て頂ければと思います。かなり端折ると「審査不要の仮想クレジットカード」とでも言うのでしょうか。もちろん使い過ぎには注意しないといけませんし、延滞金も発生します。踏み倒そうとしたら怖いお兄さんがくるかもしれません。ここで怖いというのは強面と言う意味だけでなく、身ぐるみはがしにくる人達も含まれます。



さてマイナンバーカードをスマートフォンで読み込んだらエラーメッセージが出ました。「電子証明書の期限が云々・・・」とりあえず役場へ行ってみました。そこで説明を受けたのが電子証明書の有効期限が今年の誕生日で切れているとのことでした。そう言えば誕生日にそんな通知が来てたっけ・・・。でもその頃は滅茶苦茶体調が悪くて役場行くどころでは無かった気がします。役場では所定の用紙に名前・住所・生年月日などを記入し、さらに別紙にはパスワード(本人控え)を書きました。書き終えたら別室へ行き、マイナンバーカードのパスワード設定となりました。

設定は無事に終え担当の方からは「3日後にはマイナポイントの手続きが出来ます」とのことでした。私は3日と言うのは営業日のことですかと尋ねたらそうではないと言われました。データが大元に送られて反映されるのにちょっとお時間が必要なのでしょう。

私がマイナンバーカードを作成したのは記憶の彼方なので相当前になります。パスワードを何かの折に再設定しようとしたのが2020年の夏でした。その頃はまだ通常の窓口で専属の人も居なかった記憶ですが、今日は特設会場が設けられていましたし常駐している人もかなりの数でした。

私は全ての手続きを終えてから担当の方にその旨を伝えました。やはり政府の方針が変わってから業務量が急に増えたとのことでした。上の立場の人間があれこれと決めた結果、現場が振り回されると言うのは民間・公的機関どちらも変わらないと感じました。

マイナポイントは自分の分と母の分はこなしたいところです。母は「平和堂」で買い物をすることがあるので、それにチャージしてしまえば有効利用出来そうです。父はと言うと・・・そもそもまだマイナンバーカードを作ってすらいないです。本人にその気がないですし「ギャンブル依存症」でもあるので、あまりキャッシュレス的なのは持たせたくないんですよね・・・。本人つまり父が本気で困ったらそっと助けることにしましょう。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ