ブログネタ
アニメ(CGアニメ含む) に参加中!
テラフォーマーズ・リベンジの1シーンです。人は何のために努力するか・・・それは人それぞれだとは思いますが、感慨深く納得させられる鬼塚の台詞です。



なあ、なんであんたは走っているんだい?宴会しているよ?みんな。

鬼塚:ああ・・俺、一時間ぐらい前から走っていたからなあ・・・忘れられたか。

あんたいっつもそうだよね。きつい訓練でも手抜かないし、なんでそんなにやれんの?

鬼塚:ん・・・なんで・・・

習慣になっちゃっている?それともあれ?努力する過程が大事なんだっていうやつ?

鬼塚:うーん・・・どうだろうなあ。過程そのものを求めているわけじゃない。こんなに走ったとか、トレーニングしたとか過程を重視し過ぎると、それに満足しちゃって本来の目的を見失うことがある。それは危険だ。

じゃあ・・・なんで?

鬼塚:俺は世界チャンピオンになった時・・・

え!?世界チャンピオン?うわあああ!ごめん、ちょっとなめてた。

鬼塚:はは、一応ね。あと少しの闘いだった。本当に少しの差の判定勝ちだった。その時初めて地道にやってきたトレーニングの意味が出来たんだ。

意味が・・出来た?

鬼塚:俺が訓練をするのは、その後少しを掴みとるためなんだ。走ることが直接火星での任務で役立つかどうかは分からないけど、いつかまたきっと来る、「あと少し」を取こぼさないためだと思う。まあ、次の宴会には参加したいけどね。