人にやさしく

このブログは、@メンタルヘルスの有志の集まりで、スタートしました。かつては仲間内で囲碁や将棋、各種ブラウザゲームなどもしていました。現在は私個人のブログとなっておりますが、以前の仲間の作ってくれた画像を看板として使用させていただいています。 体調を崩して引き籠っていた時期もありましたが、就労移行支援事業所に1年4か月通所し、無事に就労に結びつきました。就労し始めてから一年経ち、担当する業務も増えてきました。まだまだ戸惑うことも多いですが何とかやっております。一年経った今でも毎日なんだかんだとブログネタに困らない職場です。

2016年01月

原因不明ですが、最近朝が起きられない、もしくは2度寝して昼近くになってしまっております。そういう日もあれば睡眠不足に悩まされる日もあります。一応今日朝は起きることができたのですが、その後再び床に入り寝てしまいました。夢か現か判別できない状態が続いておりましたので眠り自体はかなり浅いものだとは思うのですが、不気味ではありました。さてこんな状況で明日の歯医者の予約・・・、11時45分からとなっております、こちらに間に合うかどうか。最後に通院したのは別の歯医者ではありますが、ちょうど1年ほど前になりますので結構歯石とかとることになりそうです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昨日放送していた「ドラ〇もん」はいろいろと考えさせられる内容でした。
家の掃除をしている時にでるごみを亜空間にひたすら捨てまくるのだけど、次元の穴が縄文時代にひらいてそこに現代のごみが放り出されるというものです。

掃除中のどらえ〇んは捨ててはいけないものをうっかり捨ててしまったので取り返そうとして、ごみと一緒にその時代に行き、様々なトラブルに巻き込まれました。後から追ってきた、のび太に「4次元ポケット忘れてくるなんて、役立たず」と罵られていたおりましたが、すかさず「キミに言われたくない」と言い返すどらえもん。

今回の話だけは問題を解決するにあたって、秘密の道具を使うことなく現代の廃品だけでなんとかしたという稀なケースでした。

縄文時代の方からしたら、現代のごみは宝の山に見えるのでしょうね。
書けなくなったボールペンは、矢じりに使われておりましたし。それ以外も「これは天の恵みだ」といって様々な使われ方をしていました。

どらえもんは私が小さい頃から放送されておりますが、大人になってから見ても夢中になれる、あるいは小さい頃では気が付かなかった部分に気付くことができる奥が深いアニメの一つだと感じました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日は実に寝ている時間の方が多かったです。
昨日、とある事情で都心部に出かけた事が要因の一つかもしれませんが、それ以外も筋肉痛の部分などありましたのでそういった疲れが出たのでしょう。

昨日、今日とあまり寝られなかったのですが今日はその逆だったようです。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

地元では水道管の破裂などはありませんでしたが、九州地方では水道管破裂の被害が結構でているようです。

厳しい寒さ 福岡や島根などで凍結により水道管破裂、断水相次ぐ 

以下一部引用 
フジテレビ系(FNN) 1月26日(火)6時20分配信
週末から続いた非常に厳しい寒さの影響で、福岡県や島根県などで、凍結により水道管が破裂し、断水が相次いでいる。

水道管には、余程の事が無い限り水は充填されておりそれらが氷点下で膨張し、圧力に耐えられなくなった水道管が破裂する。その対応をしている現場の方々には頭が下がる思いです。ライフライン故に、昼夜問わずの作業でしょうし・・・。

水が氷になる時に膨張するから破裂するんだ。
おそらく誰もが経験的にその事象を目の当たりにし、記憶されていることだとは思います。でも一般的な物質で液体より固体時で体積が増えることはレアなケースだった気がします。ちなみに大体どれぐらいの体積が増えるかというと約9%ぐらいだそうです。もっと詳しくしりたい方は こちら 

最後になりますが、氷に関する動画がありましたのでご紹介させていただきます。

 

・・・たぶん誰もマネしないとおもう。原理的には凍結路面を解消するのと一緒ではあります。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

久々に筋トレしました。
10日ほど寝て過ごしていた後ということもあり、あちこち痛くなりました。
それは想定内なのですが、睡眠の質に良かれと思ってしたことが寝つきは悪くなるし朝は早く目が覚めるしで想像していたのと真逆に作用してしまいました。自分の身体の事だけどいまだにわからないことだらけです、はい。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ