人にやさしく

このブログは、@メンタルヘルスの有志の集まりで、スタートしました。かつては仲間内で囲碁や将棋、各種ブラウザゲームなどもしていました。現在は私個人のブログとなっておりますが、以前の仲間の作ってくれた画像を看板として使用させていただいています。 体調を崩して引き籠っていた時期もありましたが、就労移行支援事業所に1年4か月通所し、無事に就労に結びつきました。就労し始めてから一年経ち、担当する業務も増えてきました。まだまだ戸惑うことも多いですが何とかやっております。一年経った今でも毎日なんだかんだとブログネタに困らない職場です。

2016年09月

ブログネタ
日々のこと に参加中!
今日は通院日だったので、時間通り通院しました。精神科というものは待ち時間が長くなりがちなのですが、私が通院しているところは予約制なのでほとんど待ち時間なしで診察を受けられるのが大きいです。

ここ一カ月の体調を告げたところ、新しいお薬が追加されました。気分の振幅を抑えるというものだそうです。就業移行支援事業所に問題なく通所出来ていたところ、突然連日欠席することになったので、その薬理作用がうまく働けば欠席することも減らせそうかなと思います。「頑張り過ぎる」のをまずは薬でなんとかしようというものでしょうか。

参考までに追加されたのは「エビリファイ」でした。 

処方箋をもらい隣の薬局で事件(?)はおきました。
追加された薬の説明を薬剤師から受けて・・・・そこで一瞬時がとまっていました。私は差し出された薬を受け取ってから「さて、本日はおいくら万円でしたか?」と尋ねたわけです。レジに居た方はそれでようやく気が付いて領収書を発行したわけです。お代は1030円だったのですが、何を思ったか私は2030円だして「キリのいいおつりが出る」と本気で勘違いしていたわけです。薬剤師さんは「私たちは決まった額しかお金受け取れないんですよ~(笑)」というものだから、「外国だったらチップとして渡せたかもしれないのに」とすかさず言い返す、ちょっとほのぼのした空間でした。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
日々のこと に参加中!
巷では様々なダイエット方法が発明(?)されては消えて行きます。糖質制限ダイエットもその一つですが、世に出回ってから久しいですが、ではどれぐらい肥満の方が減ったのでしょうか・・・。私はこのダイエット方法はかれこれ10年以上前に聞きました。

今年行われたダイエットに関する調査(※)によると、糖質オフ(制限)ダイエットを行った女性315人のうち、リバウンドをしてしまった人が約半数にものぼることが判明。また、体重の増減がなかった人を含めると、7割以上の人が効果なしという衝撃的な結果が出ています。

糖質オフは半数がリバウンド!じゃあ太らない“砂糖”の選び方とは? より

私自身、意識してダイエットした時と気が付いていたら体重が落ちていた時と、人生において体重が大きく減少した時期があります。どちらにも共通していたことは日常に運動を取り入れていた、あるいは生活活動強度が十分に高かったことでしょうか。参考までに沖縄に居たときはLV3~4ってところでした。就業前の散歩と仕事がら映像を扱うため重い機材を常に担いでいた為だと思います。補足になりますが、伊江島は平坦な道はほとんどなく、散歩に使うエネルギーは例えるなら「ハイキング」に近いものがあります。私の人生の中で下半身を良く使った時期は自然と体重が落ちましたので、ひょっとしたらこのあたりにダイエットの秘訣みたいなものがあるのかもしれません。

では現在はどうかといいますと、標準体重を大きく超えております。
薬の影響もありますが、「動かなくなった」ことが最大の要因かもしれません。私に動くきっかけを与えたのは「ポケモンGO」ですが、それがリリースされてから2か月経った今、ようやくではありますが体重は減少傾向にあるようです。食べる量としましては以前よりむしろ増えているのですから、不思議なものです。

ダイエットの難しさはおそらく、「目標体重を維持管理」するところでしょうか。体重が数字の上とはいえ落ちている時はモチベーションを保ちやすいのですが、その下がった体重を目的意識を持って維持管理するというのは、至難の業です。とある国では太っていると不採用になる国もあるらしいので、そういった状況下では頑張って痩せようと思うかもしれません。でもその国は日本よりはるかに肥満である人が多く肥満度も比較にならないです。

無理な減量方法をとるよりは、栄養のバランスのよい食事と適度な運動が長い目で見てよい体型を維持しやすい気はします。栄養の過不足も肥満の原因につながりますし。「小腹が空く」といった症状はその典型です。食べてはいけない時間帯だけど、つい食べちゃう、人間の悲しい性(さが)です。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
日々のこと に参加中!
二重国籍問題が巷では話題になっておりますが、それを刑法に当てはめて行くと重大な犯罪の可能性があるようです。

インターネット上ではこのような動画が出回っております。自分の言動が自身に降りかかることを「ブーメランが刺さる」といった表現をしますが、まさにそんな言動を集めて天日干しにでもしたような映像でした。

 

私は法律の専門家ではありませんので、今後彼女がどのような裁きを受けるかは予想することはできません。ただ一つ言えることは「知らなかったでは済まされない」のが法律であると言ったところでしょうか。

hatoyamabumeranAA
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
日々のこと に参加中!
このシリーズは全10話まであると思いますが、最近具合が芳しくなかったこともあり、ぼーっと眺めておりました。

バイキング、サムライ、バーバリアン、イギリスの騎士、スパルタ軍、マヤの戦士、十字軍、ズールー族、血の島(ハワイ)そして最後に特殊部隊の武術や戦術を垣間見ることが出来ます。

それぞれ世代も地域も違いますので、どれが一番かということは一概には言えませんが、共通していることは、一見力任せに殴打するような鈍器や斧は実は高度なテクニックがあったというところでしょうか。個人的には特殊部隊の「一瞬で相手を無力化させる術」は体得できたらとは思います。至ってシンプルな投げ技なのですが、パワーとスピードが備わっていないと、反撃を食らう可能性は大きそうです。

侵攻の際には必ずと言っていいほど船が使用されます。海を隔てているわけですから、当然と言えば当然なのですが、この番組を見る限り「島国だから安全」とはとても思えなかったのです。というのも十分な海軍力があれば物資や人員を揚陸させるのは船の方が大量輸送に向いているからです。実際番組内でも島はことごとく攻略される場面もありましたし。

マヤ文明が起こったところでは黒曜石を使った武器が使用されていたようですが、あまりの切れ味に驚愕しました。文字通りカミソリ並みの切れ味で、レポーターもうっかり足にかすったと思ったら「これは縫合が必要かなあ」と言っていたぐらいにはダメージを受けていました。

闘いは忌むべきものではありますが、過去の戦術はなんらかの形で今に継承されていたりするのは興味深いものです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ブログネタ
日々のこと に参加中!
なんとなくやる気がでない。
金曜日に風邪をひいて「就業移行支援事業所」についてはお休みしました。尤もそれ以前から「なんとなくやる気がでない」感じではありました。薬用養〇酒のCMの言葉をなぞらえば「未病」に当てはまりそうではあります。




そんなわけで今週、今に至るまでなんとなく調子が悪く家から出ることなく過ごしておりました。こういう生活がますます体調を崩す原因なのはわかっておりますが、行動に移すのもエネルギーが入りますし、なかなか困ったものです。幸い不眠は軽減されていますので、その点については大丈夫です。明日あたりでコンディションを整えて来週に備えたいけど、体調だけはその日になってみないと分からないというのが泣き所です。

連休中も体調が回復することなく、本日も就業移行支援事業所についてはお休みしてしまいました。家で何をしていたかというと寝ていることがほとんどでした。ただ、今日に限っては身支度をすることはできましたので、明日は多分大丈夫かなとは思います。 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ