ブログネタ
ひとりごと に参加中!
本当かどうかは知りませんが、「アンパンマン」における資金の流れを図式化したものが手元にあります。




この図を見る限り思わぬところでつながりがあるのが分かると思います。勿論本当かどうかはわかりせん。アンパンマンの公式設定でも見ない限りは・・・です。ただ現実世界においても似たようなことは今現在でも起こっております。例えば紛争の絶えない地域があります。大国としてはそれを止めましょうと表向きは言うのですが、裏で例えば武器や資金を流しているというのは実際にあります。紛争は犠牲者がつきものなので、それが続くというのはそこで住む一般市民はとても辛く苦しい生活になると思いますが、大国間の思惑としては「紛争が適度に続いている」のが望ましいのでしょう。どこの国とはいいませんが、武器が売れるほうが景気がよくなりますし。 




我々一般市民は平和であることを常に切に願うわけですが、時の為政者達はどうやらそうは考えていない場合が多いようです。例えば外敵がいる場合だと国内の不満をそらし、国民を団結させることができたりします。C国あたりはまさにそうです。上記で挙げた武器が必要のない世の中になるのが望ましいですが、果たしてそれはいつになるのか、そもそも可能なのか私には分かりかねます。