ブログネタ
ひとりごと に参加中!
私の勤めている会社には、大きく分けて以下の区分があります。

■正社員
■パートリーダー
■パート
■派遣会社から派遣された従業員

の4つになります。

今回とりあげるのはパートリーダーについてです。私の勤めている支部は人数も多いので、パートリーダーさんもたくさんいます。パートリーダーかどうかを見分けるには服装で見分けがつくようになっているので、それを目印に例えば分からないことがあったときに聞いたりすると、丁寧に教えてくれます。大半はそういう親切、丁寧な方なのですが中には人として問題がある人もいます。もちろん仕事の「慣れ」から来ているものもあるのかもしれませんが・・・。




危険物などベルトコンベアから流せないものは、エレベーターなどを使い一階まで持ってくることがあるそうです。その時に出荷準備の方に荷物を渡すのですが、大半の方は「お願いします」と声を掛けてくれるのでこちらも仕事をしやすいです。ただ、とあるパートリーダーさんは黙って置いていくので、この商品は一体どうしたらいいのか?と分からない時も時々あります。もちろん指定の場所に積めばいいのでしょうけど、大切なことを省くというのはいかがなものでしょう?それにリーダーがそれでは他のパートさんに示しがつかないと思います。

パートリーダーの選考基準は一体どうなっているのか。ある程度の勤続年数があり、仕事への理解度があればなれるのかなと私は思いました。もちろん勤務時間も長めにとれる人というのも条件の一つだと思います。でも件の人の事を見る限り「人格」そのものはあまり選考基準としては影響なさそうです。そういう私もステップアップの一環として視野に入れているポジションの一つです。今はまだ研修期間中ではありますが、いずれは高みに登りつめたいものです。 

参考までに声掛けをしないと何が起こるか

■そこに商品があることに気が付かず、接触し商品を破損してしまう恐れ
■あるいは持ってきた人と、出荷準備の人と接触し労災の恐れ
■未知の商品となる可能性があるので処理できなくなる可能性

ぱっと思いつくだけでも3点あげられます。色々と危ないので声掛け、たとえば「おねがいします」ぐらいは言おうじゃないか、そんな記事でした。