ブログネタ
ひとりごと に参加中!
先日妹が会社から帰ろうとしたとき、エンジンがかからなかったらしいです。原因はどうやらバッテリーの不調のようでした。バッテリーのトラブルと言えば、冬場に多いらしいです。それはなぜか・・。

どうして、冬はバッテリートラブルが増えやすい?

まず、バッテリーのしくみを簡単に説明すると、下のイラストのようにクルマを走らせることでバッテリーに充電し、バッテリーに充電したパワーでエンジンをかけてまたクルマを走らせます。このとき、バッテリーは化学反応によって電気を充電・放電しますが、この化学反応は気温の影響を受けやすく、夏や冬はバッテリーにとっても負荷が大きい季節といえるのです。

冬の場合は特に、エンジン始動に多くの電力が必要になります。なぜなら、気温が低いとエンジンオイルも硬くなり、エンジン始動時の抵抗が増えてエンジンが回りにくくなります。その回りにくくなったエンジンをかけるために、より多くの電力が必要になることに。

また、日が短い冬はライトの点灯時間が長くなりますし、寒くて暖房を長時間使いがち。ただでさえ、気温が下がると化学反応が鈍ってバッテリーのパワーが低下してしまう冬場に、たくさんの電力を使えば、バッテリーの負荷が大きくなるのもわかりますよね。

バッテリーの寿命は2、3年ぐらいだそうです。なので車検ごとに交換が無難なのかなとは思います。もちろん使用環境によって寿命は大きく変わるらしいのですが・・・。とはいえ寿命直前まで使いたいというのが人情です。明らかにエンジンのかかり方が悪くなった、そんな時は交換するしかないと思います。突然のトラブルに対処するためにもブースターケーブルは必要かなと、今回の妹の件で感じました。



値段はピンキリだけど、これなんか1000円切っているしお守り代わりに持っておくのがよいかもしれませんね。

と言ったところで、今回の話は終わりです。皆さんよいカーライフを。