ブログネタ
ひとりごと に参加中!
このシナリオでは自軍は村人が一人もいません。資源は近隣の村を制圧し、支配下に置くことで定期的に資源が供給されるようになります。難易度:普通 においては便利な遠投投石機が最初使うことができないので、城門は破城鎚で破壊することになりますが敵ユニットも出てくるので割られないように注意する必要があります。

町のあちこちに見張り台が建ってはいますので、破壊してもいいのですが支配下に置いた時は散発的に襲撃してくる敵を攻撃してくれるので、放置しておくのがよいでしょう。城門を破り、騎兵などで素早く町の中心付近にいくとあまりダメージを受けずに支配できると思います。



資源は村人が生きていることが条件なので、散発的とは言え襲撃者から町を守る必要があります。足の速い騎兵を数体配置しておくことでその役目を果たせます。

一番近いカッパドキアは、城門が二つあるのでそこだけ注意が必要です。

次に近いビシディアの町は投石器と弓騎兵が出てくるので、城門の外に釣りだしてやる必要があります。まとめてダメージを食らわないように要注意です。実際のプレイでは釣りだすつもりが敵が城門を開けたどさくさに紛れてこちらのユニットが内部に移動し、投石器を破壊しまくりました。 

ビシディアの町を攻略すると、「町の人に金を掘らせるために、4つの見張り台を破壊しよう」というメッセージが出ますので、破壊しに行きます。地形的に破城鎚ではどうしても破壊できない見張り台があるので、それは投石器で破壊します。結構なダメージを受けますが、自身が破壊される前に見張り台の方が壊れてくれます。すべての見張り台を破壊することで、ビシディアからも金が供給されることになります。

一番遠い街ガラティアは二つの城と多数の兵士、それにヘビースコーピオンで守られています。兵士を倒すにはこちらも十分な兵力が必要となります。城門前の兵士を倒したら破城鎚で城門を破壊します。城門を破壊したらヘビースコーピオンや内部の兵士は無視して町の中心まで走り抜けると、支配下に置くことができます。この時点で「帝王の時代」に進化するので、城からは遠投投石機が作れますし、他にも各種ユニットがアップグレードできるようになります。

金はたくさんあるに越したことはないので、初期位置の市場で馬車を作成し、適当な街と交易させます。安全性と得られる金の量のバランスからいって、ビシディアあたりをお勧めします。

十分な兵力を蓄えてカッパドキア近くの城と包囲攻撃訓練所を破壊します。カタクラフトが多数いることがあるので、攻城兵器を兵士ユニットで護衛する必要があります。その城と訓練所を破壊するととりあえず町が破壊されるということはなくなるので一安心というところでしょう。

ビザンティンの要塞は城が1つと城門が二つ、地形と兵力も手伝って攻略しづらくなっています。城は遠投投石機で破壊しましたが、多数の敵が来たので遠投投石機部隊は全滅しました・・・・ああ勿体ない。

交易していれば金は豊富にあるので、それに物を言わせて騎士ユニットを大量に育成し、敵部隊と交戦しました。何度か全滅したけど送り続けることで敵の兵力も削れてくるので、城門を破壊し内部の各種育成所や町の中心、村人を倒していきます。村人は一人でもいると次々と建物を建てていくので、倒し漏れがないように隅々まで探索する必要があります。村人が全滅したと思われるタイミングで敵が降伏し、ゲーム終了となりました。