ブログネタ
ひとりごと に参加中!
このシナリオの初期配置は村人とイーグルウォーリアが数人いる程度です。開始からしばらくすると豹の集団が襲ってきます。兵士には攻撃をしかけてこないけど、村人には攻撃してくるので一旦避難させた後に、兵士ユニットで始末する必要があります。

敵勢力は計3つあります。それぞれの勢力から攻撃を受けるわけですが、序盤は弓ユニットが多いです。時間経過とともに近接ユニットも繰り出してくるようになります。そういうわけで初期の町の防衛は散兵がメインになるかと思います。近接ユニットが出てくる頃には町の中心だけでは守りきれないので、築城をします。幸い石自体は豊富にあるマップなので、十分な数の城を建てるとよいでしょう。私は3つ築城しました。



このシナリオの注意点としては、神殿を一つでも破壊されるとゲームオーバーになってしまうことです。なので準備が充分でない場合はうかつに所有(近寄らない)ことが重要です。神殿の事はある程度後回しにして、敵勢力を各個撃破していくことで神殿の所有がより安全となります。神殿の守りとしては石壁に門を取り付けて内側に塔を建てておきました。こうしておけば敵が襲ってきても直接神殿を攻撃することは困難になりますし、仮に壁を破壊しようとしてきても時間が稼げるのでその間に援軍を呼ぶことが出来ます。

町の制圧では最初槍兵を使っていましたが、金も豊富にあったので途中から剣士ユニットに切り替えて進軍しました。建物に対する攻撃力は槍兵より高いので、施設を破壊しがてら敵ユニットと交戦という場面では大変役に立ちました。

町の奥の方にある神殿は所有するのと同時に多数の兵が出てくるので、それを跳ね除けるだけの兵力で臨みたいです。慣れてないとこれでゲームオーバーになったりします。 

おそらく最後に聖杯を納めるであろう神殿は川の向こうにあるので、港を建設し、輸送船を作る必要があります。川を渡った向こう側には豹がたくさんいるので兵士ユニットを同行させる必要があります。

すべての聖杯を神殿に納めたところでゲームクリアとなりました。