ブログネタ
ひとりごと に参加中!
難易度:難しい

このシナリオは日本海軍が朝鮮半島を侵略してくるのを、防衛しつつ日本側の港を全て破壊するというものです。民族の象徴は守りきることに越したことはないのですが、破壊されたとしてもクリアには影響ありません。

初期の段階から「帝王の時代」であり、また資源も豊富な為、色んな研究が出来ますが防護塔の射程を伸ばす研究と、対船攻撃力125%UPは早い段階で研究しておきたいところです。多数の船が攻め込んできますが、それらの研究をしておくことで、次々と船を撃沈してくれます。

岩山はあり、石は切り出せるのだけど自身で築城することが出来ない設定となっております。なので時々輸送船でやってくる上陸部隊は兵士ユニットか塔からの攻撃で対処することになります。


李 舜臣( イ・スンシン)と探し出すというのが当面の目標となります。彼は森と崖に囲まれた場所にいてまともな手段ではなかなかすぐに会うということができません。マップの北側に輸送船が一隻あり、それに乗って対岸の砂浜まで移動することで逢うことができます。ただ、その周りには監視塔や日本軍が多数いるためまずそれらを相手にする必要があります。最初に送り込んだ部隊は全滅し、初期配置の輸送船も破壊されてしまいました。何度か兵力を投入することで敵の兵士を全滅させ、さらに破城鎚で城を破壊して、日本の勢力の一つを降伏させました。その後は港を建設し、輸送船を作り兵士ユニットを一人だけ乗せて李 舜臣に会わせました。

李 舜臣に会うと亀甲船が作れるようになります。さらに中国軍も仲間になります。この時点で最大ユニット数をオーバーしてしまったので、何人かの兵士と村人を削除しました。

亀甲船はHPも防御力も高いのですが、高コストであり、また攻撃の射程も短いという欠点もあります。なので遠くからのガリオン船やキャノンガリオン船の攻撃で一方的にダメージを受けるということが何度もありました。今回はあまり亀甲船は作らず、ガリオン船やキャノンガリオン船を作りました。

折角中国軍が力を貸してくれるというので、彼らを輸送船に載せて上陸の尖兵として活躍・・・してもらうつもりでしたが、日本の武士はなかなか強く連弩兵では如何にも相性が悪くあっさり全滅。中国からは連弩兵の他に大砲も仲間になったので半数を出して敵の城を攻撃させました。城は破壊したけど武士に切り捨てられました。残る大砲部隊は輸送船に載せたままだったのですが、いつの間にか沈没しており海の藻屑となっておりました。勿体ない勿体ない。

上陸の橋頭堡(きょうとうほ)を築くため、最初は村人だけを何人か乗せてきて「町の中心」を作ろうとしたのですが、ここでもまた武士に一刀両断されてしまったので、次はギリギリスペースが空いているところに、戦士育成所を作って槍兵を作りました。勿論武士はそれめがけて攻撃をしてくるのですが、ある程度攻撃を凌いだら攻撃が止んだので、再び村人を連れてきて町の中心を作り、そこを拠点としました。包囲攻撃訓練所も作り、破城鎚で港や城を次々と破壊していきました。陸上から攻め込めない場所にある港については、キャノンガリオン船で破壊していきました。護衛に火炎船をつけて。

全ての港を破壊したところで、ゲームクリアとなりました。