ブログネタ
ひとりごと に参加中!
このシナリオでは、後の同盟国となるトラコバン(黄)とテスココ(紫)に親書を送るところから始まります。3国で同盟を組み、宿敵トラスカラ(赤)を倒そうというものです。親書を送った時に渋々協力をするといった台詞が聞こえますが、一応味方となって一緒に戦ってくれます。

二国に親書を届けたあとは、輸送船で村人が運ばれてくるので、拠点づくりに適した場所を探してそこに町の中心を建築します。その後は内政を徐々に充実させていき、「城主の時代」へと進化させます。城主の時代になったら築城しますが、そのための石は同盟軍の領地でも放置されているものがあるので、それらも掘り返しておきます。トラスカラは直接攻めてくるということはほとんどありませんが、後に起こるイベントのために町の防備は固めておいた方が無難でしょう。


このマップには聖なる箱がいくつかあります。それをトラスカラの聖職者が回収しにくるので、自分が回収するまでは散兵を配置しておくのがよいです。

内政も充実し、兵力も高まってきたらトラスカラへ侵攻します。まずは領土の手前にある各種育成所を襲撃します。全滅しながらも何度か兵士を送り込むことによって、育成所は破壊することができました。その後は敵の城と町の中心を破壊すべく、破城鎚を用意して城と町の中心を破壊していきます。トラスカラには4つの町の中心があるのでそれを全て破壊するとゲームクリア・・・とはならず、同盟軍が裏切ります。

最初に攻略したのは距離的に近かったテスココでした。弓兵が大量に攻めてくるけど、城がすべて倒してくれるので特に問題なし。相手の攻撃が止んだ時にこちらから破城鎚を繰り出し、敵の城と町の中心を破壊します。残った村人は散兵使って倒していきます。村人が全滅した時点でテスココは敗退しました。

次に攻略したのは、トラコバンでした。トラコバンは歩兵主体だったので、最初は槍兵に散兵という組み合わせで遠征させていたのですが、途中から金も余っていたことだし「ジャガーウォーリア」を送り込みました。それらで各育成所、町の中心、村人を襲撃しました。すべての村の人を倒したところでゲームクリアとなりました。