ブログネタ
ひとりごと に参加中!
難易度:簡単







初期配置としてはサムエルと王女グディトのみがいるだけです。橋の手前に歩哨が二人いるのでサムエルで撃破しましょう。その際うっかりやられてしまわないように慎重に一体ずつ釣りだして戦うのが賢明かと思われます。その後王女を支持する町へ行きます。

町に到着すると村人がすでに資源を集め始めています。兵士の何人かいるので最初のうちは安全ですが、度重なる襲撃で兵力が段々と削がれていくので、注意が必要です。兵力が整うまでは頻繁に町の中心へ避難することとなります。

資源:木材についてはヒント通り町の南で伐採するのが安全です。一方北側は敵に頻繁に襲撃を受けるので村人を守りきることが出来るだけの兵力が無いうちはスルーしておくのが無難です。兵力がある程度整ってきたところでさらに町の防備を固めるために、一つだけ見張り台を建築しました。その後時間としてはずいぶん経っていますが、弓兵を5人駐留させ優秀な固定砲台とさせました。見張り台だけでは心許ないのですが、兵士と共に配置しておくことで次々に向かってくる敵を倒してくれるようになります。

十分な資源が集まり兵力を蓄えたら、 ギダジャンの野営地への攻撃をしました。野営地が潰れるごとに町への襲撃が弱まります。攻城兵器は使えない時代なので兵士のみで施設を破壊していくことになります。

最初は森の野営地を突破すべく攻撃を繰り返していましたが、ふとしたことからギダジャンの野営地の一つを攻略することで目的地にいけることが解ったので、途中からはそちらの兵士を振り分けました。最初は槍兵、散兵の組み合わせで攻撃をしていたのですが、後半は斥候で襲撃しました。

城門で守られたギダジャンの野営地をグディト王女を護衛した兵士ともども突破して、途中に何体かいるワニを倒しながら目的地にたどり着いたところでゲーム終了となりました。

このシナリオの感想なのですが、資源を採取している村人を兵士で護衛していないところへは容赦なく攻撃を仕掛けてきてたくさんの村人を犠牲にしてしまいました。